コロナ禍…サラリーマンを辞めて起業するとしたら…

サラリーマンを辞めたいと思ったら、どんな起業をするのがいいか

サラリーマンの中にはいくら頑張って働いても収入は増えないし、明るい未来はまったく見えてこないと感じている人が多くいるようです。

努力が報われない社会ほど人を失望と不安におとしいれるものはありません。

日本人がこんなにも不幸に感じるのは、単に学校でお金の教育をしないからです。

コロナ後の社会や資本主義社会を生きる私たちにとって、もはやお金の正しい知識なしでは生きていくことはできません。

『サラリーマンを辞めて月100万円で楽しく過ごす 働かないという生き方』の著者が、格差社会を生き抜くための「お金と人生のつくり方」のポイントを解説します。

起業ほど成功確率の低い 投資はない!

私は学生時代に、父の経営する工務店が倒産した結果、どうなったかを見てきたので、起業に対して人一倍抵抗があります。

また、社会人になって勤務していた再開発事業のコンサルタント会社が、私の長男が生まれて間もなく倒産しました。

社長は悪い人ではなく、経営者としては度胸の据わった器の大きい方で、社員からとても信頼されていました。

当時は社員旅行がまだ全盛期の時代で、社員全員を香港旅行に連れていってくれましたし、わざわざ社員を自宅に招待してくれるような温かい心の持ち主でした。

この人にならついていこうという役員や社員は多かったと思います。

現在、安定した大企業に勤務されている人であっても、年功序列や終身雇用が崩れて給料が上がらないどころか、

定年まで雇ってもらえないのではないかという不安を抱えているのではないでしょうか。

日本を代表するトヨタ自動車の豊田章男社長が「なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と発言し、

日本中が大騒ぎになりましたが、さらに追い打ちをかけるように、

経団連の中西宏明会長が「正直いって、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。

どうやって社会のシステムをつくり変えていくか、そういうことだというふうに(大学側と)お互いに理解が進んでいるので」と発言してネット上で波紋を呼びました。

起業しても1年後に6割が脱落

終身雇用が崩壊すれば、いよいよ落ちていく先は、雇用が不安定で給料の安い非正規労働者か、もしくは常に中途採用を募集しているブラック企業で働くしかありません。

日本には労働基準法がありますが、従業員に長時間労働やサービス残業などを強制している企業がいまだに多いのが現実です。

このまま何もしないで流されていくと、行きつく先は派遣かブラック企業だということは容易に想像できるはずです。

そこで、これまでの経験やスキルを生かしたり、資格を取ったりして、フリーランスになろうとしたり起業しようと考える人も増えています。

ただし、起業した人の中で1年経過した時点で生き残っているのは4割程度しかいないという厳しい現実があります。

6割の企業やフリーランスが1年で倒産あるいは廃業し、借金だけが残るか、一生懸命に働いて貯めた資本金を失ってしまっています。

ちなみに、起業から5年後も生き残っている企業の生存確率は一気に減って15%程度です。

10年ともなると、残っているのは6%というデータもあります。

起業して成功する確率はこれほど低いわけですから、最初から起業なんて考えないほうがいいかもしれません。

どうしても起業したい場合は、サラリーマンをしながら副業で始めて、収入が安定してきたらサラリーマンを辞めて本格的に打ち込むというかたちのほうが安全だと思います。

どうしても起業したいなら 手数料商売が堅実

サラリーマンが脱サラしてどうしても起業したいと思うなら、資格を取って手数料で儲ける商売をすることをおすすめします。

保険会社時代の職場の同僚は、税理士試験に合格したあと退職し、税理士として営業しています。

ほかにも保険代理店と行政書士として長年活躍されている方もいます。

私の知り合いの司法書士さんは、元は製薬会社に勤務されていたそうですが、司法書士の資格取得とともに脱サラし、司法書士事務所での研修後に独立・開業されています。

これらの士業と呼ばれる職業は、最初に一定の顧客をつかむまでは大変ですが、その後は比較的安定した収入が得られる商売です。

資格の中にも、使える資格とまったく使えない資格、ほとんど稼げない資格がありますので、そのあたりをよく見分ける必要があります。

私の感覚では、『人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!』に書いたとおり、不動産屋が一番楽に、しかも手っ取り早く稼げる商売ではないかと思います。

アパートやマンションなどの高額物件を年に1件仲介するだけでも、扱う価格が大きければサラリーマンの年収を超える収入になることだってあります。

実際に私も開業して以来、ほんの片手間にやっているだけですが、年間1000万円以上の仲介手数料を得ています。

また、ときどきネットのポータルサイトに出ている安い物件を買ってリフォームし、転売も行っていますので、やり方次第でキャピタルゲインも得ることができます。

法務局に行くと、レクサスやベンツ、クラウンなどの高級車ばかり止まっているのが目につきますが、ほぼ不動産屋さんの車だと思って間違いありません。

夜の繁華街を飲み歩いていると、必ずといっていいほど不動産業者さんと遭遇しますので、みなさん儲かっているのは間違いないと思います。

ファイナンシャルプランナーは難しい

資格の中で最も食えないのはファイナンシャルプランナー(FP)です。

日本人は目に見えないものにお金を払う習慣がないため、単に相談しただけでお金がかかるようなコンサルティングに対して価値を見いだしていません。

人生において、いつ、いくらお金がかかるかはすごく重要なことで、あらかじめ対策を立てたり準備をしておく必要がありますが、FPに相談することはめったにないでしょう。

ファイナンシャルプランの作成や、家計や住宅ローン、保険の見直しだけで食べていけるFPはほんの一握りだと思います。

FPは稼げない資格にもかかわらず、毎年必ず講習会を受けなければなりませんし、資格を維持するためには協会費を納めないといけません。資格を所有しているだけで維持費だけはしっかりとかかります。

ただし、保険代理店資格や税理士資格、宅地建物取引士などと併せ持つことで利用価値が上がることはあると思いますが…。

ネットの声

「人間的に優れている人が必ずしも上に立っているとは限らない。むしろ往々にしてその逆というのが世の常。そこで変に腐るのではなく我が道を貫ける人が理想である。」

「終身雇用が崩壊すれば、いよいよ落ちていく先は、雇用が不安定で給料の安い非正規労働者か、もしくは常に中途採用を募集しているブラック企業で働くしかありません。新卒で安く雇ったまま給料上げない企業もあるし…。転職が当たり前になれば優秀な人はもっと条件の良い会社に移れるし、会社も辞められないように雇用条件を上げるだろう。
しかし、ぶら下がリーマンが大前提なのが悲しいかな今の日本人。」

「仕事の関係で不動産屋さんを相手にすることがありますが、非常識だったり上から目線のかたが多くイメージが良くないですね。」

働いている会社も誰かが起業したもの…そう考えると成功するのは難しいといっていいでしょうね。

おすすめの記事