コロナ感染の抑制に有効とされるマスク…種類で効果はどれだけ違うのでしょうか。

米国では依然として、新型コロナウイルス感染者が急増しています。

一部の州では公の場でのマスク着用が義務化されました。

しかし、連邦レベルではそうした対策は取られていません。

米国では奇妙なことに、マスク着用の問題が政治化されているのです。

マスクの効果は?

そのマスクは、実際にはどのようなタイプに、どの程度の効果があるのでしょうか。

流体力学のジャーナル「Physics of Fluids」に新たに掲載された論文があります。

実験結果を可視化することで、感染の抑制におけるマスクの重要性と、

最も有効性が高いとみられるマスクを明らかにしています。

論文の著者であるフロリダ・アトランティック大学のシダータ・ヴァーマ助教(海洋機械工学)は、

現時点で最も入手しやすい布製のマスクに関する情報が少ないことを指摘。

「実験結果を示すことで、マスクが推奨される根拠が明確になり、着用への理解が深まればと考えた」と説明しています。

研究チームは医療用マネキンとグリセリンを混ぜた水を使って咳やくしゃみを再現。

煙霧機とレーザーを使い、飛沫粒子が肌とマスクの隙間や、生地そのものから噴出する様子を視覚化しました。

様々な種類で検証

実験の対象としたのはバンダナと、ジェローム・アダムス医務総監(米国の公衆衛生政策を指揮)が作り方を紹介している「ハンカチを折り畳んで作った」マスク、

コットンのキルト生地を2層に重ねて縫った手作りマスク、ドラッグストアで販売されているコーンマスクです。

実験の結果、微粒子の飛散を抑制する効果が最も高かったのは、手作りマスクでした。

素材自体からの漏れがほとんどなく、「飛沫が前方に向かって飛散する動きをほぼ完全に抑えていた」というのです。

ただ、マスクと鼻の隙間から上方への噴出はあり、平均6.4cm先まで飛んでいました。

コーンマスクも効果あり

2番目に効果が高かったのは、コーンマスクです。

結果は手作りマスクとほぼ同様でしたが、上方への飛散は約15.3cm先まで確認されました。

ハンカチを畳んでマスクにしたものは、平均で約38cm前方まで飛沫が飛んでいました。

研究チームによれば、

「(口元をまったく覆っていない場合と比べれば)大幅に飛散距離を抑えられるが、生地を通してかなりの量が前方に噴出していた」

ということです。

このとき上部への噴出もみられました。

最も効果が低かったのは、バンダナ(折りたたまずそのままで顔を覆う)です。

飛沫は平均1m先まで届いてでいたということです。

口元を覆わずに咳やくしゃみをした場合は、ソーシャルディスタンスの確保に必要とされている距離(約1.8m)の2倍に当たる3.6m以上先まで飛ぶことがわかっています。

同じジャーナルで発表された別の研究でも、何も覆うものがない場合、飛沫は最大約4m先まで飛んでいたとされています。

これらの結果は、過去の研究で示されている「飛沫は空気中に何分間も残っている可能性がある」との結果に通じるものがあるということです。

マスクは感染予防に効果あり

新たに発表された論文は、人ではなくマネキンを使った数回の実験に基づく観察研究の結果です。

その点には注意が必要。

ただ、その他の研究の結果と合わせて考えれば、公共の場でのマスクの着用は、

感染抑制のための比較的安価、かつ簡単な方法だといえるでしょう。

ヴァーマ助教も、

「感染者の3人に1人(35%)には明確な症状が出ず、気づかないうちに重症化のリスクが高い人にうつしているとみられることから、マスクの着用は極めて重要性だ」

と述べています。

経済活動のためにも重要

ゴールドマン・サックスが発表した感染拡大の経済的影響に関する報告書でも、

マスクの義務化は将来における再度の都市封鎖(ロックダウン)の回避につながる可能性があり、

多大な経済効果をもたらすとの見方が示されています。

経済活動が再開されれば、感染の第2波が来ることはおそらく避けられません。

秋から冬にかけて、感染者が再び増加する恐れもあるとされています。

こうしたことを考慮すれば、今回の実験結果はさらに重要な意味を持ったものとなるでしょう。

ネットの声

「布と言っても織り方が多岐にわたっていて、どれを使うかは難しい所。日本製の布とUS製でも織り方はやっぱり違ってくる。だから楽しい部分もあるけど。口元を覆わなかった場合の飛沫の飛距離と、ウイルスの量は相当多いわけだから、布マスクでもやっぱりしていた方が感染の拡大防止の役には立ってると思う。」

「最近、夏用と謳ったマスクが多数出てきているが、涼しさも大事だけど、ウイルス対策にどれほどの効果があるのだろう。安いマスクのパッケージを見ると、「花粉、埃カット」と書いてあって、そもそもウイルスに対する効果は書いてないものが結構ある。一般的な不織布のマスクだと、一応ウイルスのことも書かれている。書いてあっても真偽は不明だが、書いてないものは本当にする意味あるのかと疑問に思う。」

「日本人はほんとに素晴らしいと思う。ただマスクを作るだけでなく、鼻と口を顎のところまでしっかりと覆い、呼気吸気が漏れないようなものをつくっている。自然と正しいマスクのつけ方となる。作った人の知識が豊富だからなのだろう。今日も、ありがたく使っている。」

一般使用では使い捨ての不織布マスクが一番効果的です。

中国製の薄手のマスクよりはやっぱり国産ですね。

それと、通気性のよい夏用の冷感マスクはしけないよりはマシな程度かも…。

おすすめの記事