コロナの女王も地に墜ちた!?岡田教授のとんでも発言に困惑…甲子園はやってもいい

新型コロナウイルスについて報じる報道番組で、すっかりおなじみとなった白鴎大学の岡田晴恵教授に、批判の声が続出しているというのです。

5月19日に出演した「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)にて、専門家とは思えない根拠薄弱なコメントを繰り出したというのですが…。

高温多湿と紫外線が大っ嫌い

番組では緊急事態宣言を解除する目安として、直近一週間の新規感染者が10万人あたり0.5人程度以下との数値を紹介。

東京だと一週間あたり70人以下という目安になり、そこに到達するには5月19日からの3日間で合計32人以下に収める必要があると説明していました。

ここでメインMCの羽鳥慎一から話を振られた岡田教授。

「どのみちこれから夏ですから、このコロナウイルス、高温多湿と紫外線が大っ嫌いですから、下火にはなってくると思うんですね」とコメント。

しかし、クラスターの発生には要注意だと語り、「これから秋冬に向けて対策ということに意識を集中していくべきかなと思っております」との持論を明かしました。

このコメントが大問題だというのです。

「一般論として、インフルエンザを含むコロナウイルスが高温多湿に弱いというのはよく知られた話。ただ、新型コロナウイルスもそうなのかどうかはまだ検証が済んでいないのが実情です。東南アジアは現在、暑気と呼ばれる一年で最も暑くなる時期ですが、シンガポールやインドネシアは日本よりも感染者数が多く、とくにシンガポールは人口が570万人と日本の5%にも満たないにもかかわらず感染者数は1.7倍ほどに及んでいます。それゆえ岡田教授が安易に『高温多湿と紫外線が大っ嫌い』と公言するのは、とても専門家とは思えないほどに根拠の薄い発言ではないでしょうか」(医療系ライター)

コロナの女王も…

5月2日付の朝日新聞デジタルでは、シンガポールの医師が「ある環境においては機能する期間が短くなるというだけ」と説明する記事を掲載。

ウイルスの寿命が短くなっても、生きている間は「十分に人を死に追いやるだけの力がある」と警告しています。

また紫外線に関しても「ウイルスがほこりの下についているような状態なら、効果はありません」と明言しているのです。

「この説明を聞けば、岡田教授の言う『大っ嫌い』というのが実情に合わない表現で、いかに素人じみているかがわかるというもの。専門家ならむしろ、小池都知事が18日に語ったように『もう一息がんばりましょう』と自粛の継続を語るべきではないでしょうか」(前出・医療系ライター)

“コロナの女王”ともてはやされたのは、遠い過去の話のようにも思えます。

果たして岡田教授は高温多湿になったら、自身のコロナ対策をゆるめるつもりなのでしょうか。

甲子園大会やっていい発言も

5月22日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」。

安倍晋三首相が新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続される東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県と北海道について25日にも解除が可能になる見通しを明かしたことを伝えました。

スタジオでは、これに関連し、休業要請の段階的な緩和に向けた東京都のロードマップを紹介。

ステップ1では、観客を除く屋内運動施設でのイベント開催でプロ野球などの無観客試合も可能としたのです。

これにコメンテーターでタレントの長嶋一茂は、高校野球の夏の甲子園が中止となったことに

「プロ野球は無観客試合でできるんだったら、甲子園は屋外だし試合自体はやって欲しい」などとし、

岡田教授へ「甲子園ってどうですか?」と尋ねたのです。

これに岡田教授は「私、やっていいと思います。ぜひやればいい」と即答したのです。

その上で「野外ですし無観客ですし…もし、心配だといったら宿舎の問題だと思うんです。お部屋も個室にするとか、工夫しながら試合は無観客ならやっていいと思うんです」などとコメントしました。

さらに「私はあの試合をあんな広い野外でやってて、うつるとはあんまり思えないですし、夏ですから感染伝播力は低いですし、野外ですからUVがいっぱいあたりますから紫外線でウイルスは死にますので、無観客でやることの合理性は、ウイルス学的にあると思ってます」と解説。

その上で「ぜひ高野連の先生方、見ていたらやってください。やっていただいて、テレビで映していただきたい」と呼びかけていました。

ネットの反応

「岡田さんこの様な発言をするなら、高野連が中止を決定する前に発言するべきですね。この発言は高校球児には非常に可哀そうな発言んですね。やっと中止に納得しようとした矢先に専門家のこの様な発言本当に無責任ですね。もっと球児の心を考慮した発言を願います」

「もちろん屋外のグランドで感染するなんて、普通は考えられないと思う。ただ問題はグランド以外だ。たとえば、ロッカールームやベンチ内、送迎のバスや食堂など、選手が手に触れるものは無数にある。それらを全て考慮した上で判断してほしい。」

「もちろん屋外のグランドで感染するなんて、普通は考えられないと思う。ただ問題はグランド以外だ。たとえば、ロッカールームやベンチ内、送迎のバスや食堂など、選手が手に触れるものは無数にある。それらを全て考慮した上で判断してほしい。」

この人が1月2月頃に言っていたことはことごとく外れています。

それなのに、テレビにはまだ呼ばれているのがわからないですね。

最近は特にいいかげんな発言が目につくようになりました。

おすすめの記事