新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府は改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて、緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に広げました。

各自治体では外出自粛要請を出し、感染を収束させようと努力しています。

政府は感染の収束に向け、人と人の接触機会を「最低7割、極力8割」削減することを目標に掲げました。

クラスターが発生しやすい「密閉空間」「密集場所」「密接場面」(いわゆる「3つの密」)の典型である通勤ラッシュを緩和するため、企業へテレワークなどを求めています。

しかし、どうしても鉄道を利用しなければならないケースは起こりうる。その際に気をつける点はどういったところでしょうか。

満員電車でクラスターが発生したケースは報道されていない

4月14日付の報道で、緊急事態宣言が出されてから初めての週明けになる4月13日朝の通勤ラッシュ時間帯の利用者は、ピーク時間帯における乗客数はあまり変化がありませんでした。

しかし、全体ではおおむね3~4割減であったということです。

大企業を中心にテレワークに移行している企業もあるようですが、なかなか会社への出勤が避けられない人も少なくないのです。

JR東日本のWEBによると、

在来線の普通列車では「ドアの開け閉めや走行に伴い外気が導入されるほか、空調装置により外気温や車内の温度、乗車率等に応じて適宜換気を行っています」

特急列車や普通列車グリーン車では「外気取り込み用のファンや排気ファンにより、常時換気を行っています」

新幹線車両では「高速走行を行うため車内の気密性を高めていますが、換気装置により常時換気を行っています」

としています。

最近はエスカレーターの手すりや車両の吊革など人が触れるものは抗菌素材を、握り棒(スタンションポール)などの金属は表面を汚れにくく加工しているものが多く、特に新型車両では抗菌素材を採用することが常識的になっているようです。

Osaka Metro(大阪メトロ)は約1,500両におよぶ全車両を対象に、消臭・抗菌・防カビ・抗ウイルス効果の高い高規格化セルフィール施工(ニチリンケミカル(株))を施しているとのことです。

また、鉄道車両は定期的に車内の消毒・除菌作業を行っています。

今回の新型コロナ禍で、複数の鉄道事業者が消毒・除菌作業のサイクルを短くして、鉄道でのクラスター発生を抑える努力がなされていることを知っておくとよいでしょう。

駅での接触を防ぐコツ

列車に乗る人は、短時間であっても駅に滞在します。

ここも「3密」になりやすい場所ですね。

例えば自動券売機・自動改札機前の並び、ホーム上での整列乗車等々、前後の人との間隔はおのずと狭くなります。

そこでソーシャルディスタンスをとることとともに、SuicaなどのIC乗車券を使ってソーシャルディスタンスがとりにくい自動券売機には近づかないようにする工夫が求められます。

また、不特定多数の人が触った機械に不用意に接触しないことも、IC乗車券を使用する利点でもあるのです。

IC乗車券へのチャージは、自動券売機に並ぶ人が少ない駅や時間帯に済ませればよいでしょう。

みどりの窓口など、駅員との対面窓口はなるべく避けたいですが、特急列車の指定席券を購入する際はやむを得ません。

近頃はパソコンやスマートフォンで予約できるサイト・アプリもあるので、これも積極的に利用したいところ。

トイレは、特に女性は長時間並ばなくてもよいよう、早めの対応または小駅で済ませるようにします。

駅のトイレは洗面所が必ず併設されているので、手洗いを行うよいチャンスでもありますね。

ハンカチで吊革を握る

エスカレーターを利用する際は、前後の間隔を開けることに気を付けることです。

エレベーターも混雑時の利用はなるべく避けたほうがいいでしょう。

手袋を常備していると、手すりにつかまる時に便利。

手すり・吊革・握り棒をつかむ際にハンカチを間に挟むのも効果的です。

その際は、あらかじめ持続効果のある除菌スプレーなどをかけておくと、除菌効果が増します。

車内ではどこに座ればよいでしょうか。

なるべく空気が流れよい、出入口に近い所を選びたいところです。

肌同士の接触を少なくするため、袖の長い上着、裾の長いボトム、帽子の着用が有効です。

新幹線など座席指定の特急列車では、緊急事態宣言が出されて乗車率が極めて低くなっていて、鉄道会社も消毒を念入りに行っているので、基本的に通勤電車と同じ対策をとることをおすすめします。

ただし、喫煙ルームへ長時間籠もることは、リスクを上げる行為につながるので注意しましょう。

基本は「家にいよう」

4月15日に厚生労働省のクラスター対策班に参加する西浦博北海道大学教授らが記者会見した際、「満員電車に乗ることはよくない」との旨の発言をしました。

「国家の重大局面」にあるこの状況では、企業はテレワークや部署ごとに曜日を分けて出勤することを求められています。

どうしても鉄道を利用して出勤しなければならないときは時差通勤をすることでリスクが軽減できます。

手にウイルスが付いても目や鼻、口などの粘膜に接触しなければ感染のリスクは低い。

専門家の中には、乗車中には目・鼻・口に触らない、マスクの表面に触れない、乗車後は手洗いを徹底すれば、効果は期待できるとしています。

また、無症状・軽症者が多いことも新型コロナウイルスの特徴であるから、自らが感染源とならないよう、マスクの着用、ハンカチを使って鼻・口を押さえて、咳やクシャミによる飛沫感染を防ぐことが重要です。

とはいえ、最も効果的なのは外出を避けることです。

不要不急の外出を控えて、感染の収束に協力したいところですね。

ネットの反応

「東京の電車だと頻繁に走っているから、どの電車なのか追跡できないことは多いことは想像できる。」

「コロナなんか、風邪と同じようなものと思えとは言わないが、負けてたまるか!という負けん気は何処へ行っちゃったんだろう。」

「ただ、こうしていつまでもテレワークなるIT界隈のインテリジェンスな真似事を推奨し、自宅に居る事がさも重要と言い続けていると免疫力が弱い人間ばかりになる事は間違いないね。」

家にいることが感染拡大の防止につながるのは間違いありません。

じゃあ仕事に行かなくてはいけない人はどうしたらいい?そういう人たちのために、家にいてなんとかなる人は外出しない…それぞれができることをするということですね。

おすすめの記事