新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が4月7日、7都県に発出されたことを受けて、大手コンビニ3社が店舗における感染拡大防止策を発表しました。

各社ともレジカウンターの「間仕切り」やソーシャルディスタンス(他者との距離を一定程度保つこと)を呼びかけるなど、従業員の安全確保とインフラ機能維持の狭間で日々対応に追われています。

セブン-イレブン・ジャパン

セブン-イレブン・ジャパンは5日時点で、緊急事態宣言への対応方針を発表。

「感染リスクの低減や人命・安全を最優先」とした上で、各店舗の状況に合わせで「可能な限り営業を継続」するとしています。

各店舗では従業員は出勤前に検温し、37.5℃以上ある時は出勤を停止させるとのことです。

また、業務中にはマスク着用、多頻度での手洗い、手指の消毒、うがいの励行、レジやトイレ周りなど人の手が多く触れる場所のこまめな消毒に務めるとしています。

また、8日には以下の感染防止策を発表しました。

  • レジカウンターで客と従業員の間に透明の間仕切りを設置
  • イートインコーナーの座席を間引き、席の間隔を確保。
  • レジ待ちのスペースの床に距離の目安になるサインを設置

ファミリーマート

ファミリーマートは8日の発表で、社会・生活インフラとしての役割を果たすため「お客様、従業員、及び関係する皆様の安全と健康を最優先」とした上で、できる限り通常営業を継続する方針を表明しています。

勤務時の体調確認、手洗い・消毒の実施、マスク着用などの徹底に務めます。

さらに各店舗では以下の感染防止対策を実施するとのことです。

  • 原則「入口ドアを開放」、店内換気を実施(密閉空間の回避)
  • 現金受け渡し時に、直接手渡しでなく「コイントレー」の使用を励行
  • 多頻度で手が触れる場所を小まめに消毒

また、レジ接客時における、お客様の「立ち位置」変更のお願い(売場側の床にビニールテープ等で、お客様の立ち位置をお示し、密集・密接場面を作らない店内環境作り)をしています。

ローソン

ローソンは8日、インフラ機能の維持に務めるとともに「店舗で働かれている従業員のみなさんの安全性確保を第一」にすると表明。

店舗従業員の手洗い・うがいの励行、マスク着用の励行、アルコール除菌剤の活用などに加え、以下の感染防止対策を発表しました。

  • ソーシャルディスタンス啓蒙ポスター(1m以上間隔推奨のポスター)を店内に掲示
  • ソーシャルディスタンス確保の為、レジをお待ちいただく立ち位置を床に表示
  • 入口ドアを定期的に開放するなど店内の換気を徹底
  • お客様用アルコール消毒液の設置
  • 飛沫感染防止の為、レジカウンター部分にビニールシートの設置を推進(7都府県)

さらに、接触機会の削減を目的としたセルフレジを拡大するとしています。

各社とも感染防止策は

「全店で実施しているものではなく一例」
「店舗により実施状況は異なります」

としていますが、透明シートの取り組みは消費者にも認知され始めていて、Twitterでは「コロナシールド」などと呼ばれています。

今後もコンビニ各社は従業員や顧客の感染防止を図りつつ、生活必需品を供給するインフラ機能としての狭間で対応することになりそうです。

ネットの反応

「コンビニの店長ですけど、マスクすらないですけど、政治家の方々はどこで手に入れられてるのでしょうか?仕事上、不特定多数の人と接触する仕事先に早急にマスクを配って下さい!」

「それも大事だが、何よりも働く従業員に会社側は何か危険手当ての様な物をつけるべき。そして国はその企業に支援金をあげるべき。緊急事態宣言の中、逆に休む事が出来ないスーパーもドラッグストアーも同様、感染リスクが高い中
働かざる得ないのだから。」

「このシールドいいね。コロナが落ち着いても続けるべきだと思う。クレーマーもこういうシールドが1枚あると心理的にクレームが言いづらくなると思う。」

マスクが手に入らない状況が続いている中で、こういうのはいいですね。

おすすめの記事