台湾パスポートから「CHINA」削除の動き 「中国人と誤解されないため」

中国・武漢発の新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大していることを受け、台湾で「パスポートの表紙にある『CHINA(中国)』の文字を削除すべきだ」との声が高まっています。

「海外で中国人と誤解されないため」というのが最大の理由。

世論調査では7割以上がパスポートの表記修正を支持しているとのことです。

中華民国と表記

台湾の現在のパスポートの表紙には、憲法で定められている公称の「中華民国」と表記されています。

台湾の現在のパスポートの表紙には、憲法で定められている公称の「中華民国」と表記されています。

そのすぐ下に「REPUBLIC OF CHINA」と英訳されているのです。

「CHINA」という単語があることから、台湾人は欧米などで勘違いされることが多いといいます。

特に最近、新型コロナの発生地から来た人として差別されることもあるというのです。

台湾独立志向の野党、時代力量傘下のシンクタンクが3月下旬に行った世論調査によれば、約74%の台湾の人々が、パスポートから「CHINA」を削除することに賛成しています。

有効サンプル1000人強という小規模な世論調査ですが、これが大きな波紋を広げているのです。

台湾の与党、民主進歩党の立法委員(国会議員に相当)らは地元メディアの取材に対し、相次いで表記の修正を支持しました。

桃園市長の鄭文燦氏、台南市長の黄偉哲氏など複数の自治体の首長も修正に前向きな姿勢を示しています。

この問題に対し、蘇貞昌・行政院長(首相)は「パスポートの表記変更には、与野党のコンセンサスがあった方が良い」と述べました。

中国からの反発必至

しかし、台湾のパスポートから「CHINA」の表記が消えれば、中国政府が「台湾独立に向けた具体的な動き」として反発するのは必至です。

最大野党、中国国民党は、中国との関係悪化を懸念し、「今は感染症対策を最優先にしなければならない」と消極的な姿勢を示しているのです。

ある民進党関係者は「国名を変更するなら憲法を改正しなければならないが、その英訳をパスポートから削除するだけなら簡単にできるはずだ。中国の顔色を気にせず、台湾にとって有益なことを全力で推進していきたい」と話していました。

台湾総統…緊急事態宣言の日本にエール

安倍晋三首相が7日、新型コロナウイルスの感染拡大阻止へ緊急事態宣言を発令したのを受け、台湾の蔡英文総統は同日、「手を携えてこの闘いに勝ちましょう」と日本語でツイッターに投稿。


日本にエールを送りました。

蔡氏は「地震も台風も台日の協力で乗り越えてきました。だからこそ勝ってまた会いましょう!」と呼び掛けたのです。

これに先立ち、台湾外交部(外務省)は同日、国際人道支援の一環として、日本に医療用マスクの寄贈を検討していることを明らかにしました。

台湾の感染者数は、同日時点で死者5人を含む累計376人と、爆発的な感染封じ込めに成功しています。

ネットの反応

「台湾にとって絶好のチャンスが来ましたね!この騒ぎでコロナに対する対応の素晴らしさは評価されているから世界を味方につけられそうだし!期待します!」

「良い事ですね。親日国台湾の方々の想い、心から応援します。わざわざ事を荒立てず、そっと実行してしまえばいいでしょう。だって、何かにつけ嫌がらせ、恫喝してくる横着な連中相手ですからね。我々日本人にとっても、台湾という立派な名前の方がしっくりくるし、とても親しみがわきます。」

「自分たちが中国人とは別個の台湾人だというアイデンティティが、もはや外省人を含めて根付きつつあるのでしょう。外省人という括りだって、既に70年以上もの過去のこと。台湾で生まれ育った人がほとんどになった以上、当然の流れだと思う。」

今回の新型コロナウイルスの件で台湾は攻めどきと考えているのではないでしょうか。

中国がうるさく言ってくるのは間違いないですが、ここは毅然とした態度で一蹴してほしいですね。

おすすめの記事