新型コロナウイルスの感染拡大で、業績悪化による解雇や雇い止めが急速に広がっています。

緊急事態宣言などで休業中の事業者も少なくなく、幅広い業種で新規求人は低迷し、再就職先探しは困難を極めているのです。

感染終息の見通しが立たない中、失業者は「社会から見放されていく」と不安を募らせています。

再就職もままならない…

「理不尽さ、不安、焦り…。いろいろな感情がないまぜになった」。

3月末、正社員として働いていた札幌市内の旅行会社の職を失った女性(27)。

再就職もままならないこの1カ月の心境をとつとつと語りました。

ホテル業から転職して半年。

中国や韓国、台湾からの訪日外国人を主要客とし、ピーク時は1日100人以上のホテルやバスを手配していたのです。

雇い止めに

しかし感染拡大の影響で3月は仕事がほぼゼロになり、営業縮小の波にのまれて失業状態に。

再就職先探しで電話した他の旅行会社には「雇えない」と即答され、求人募集をしていた食品会社からは「業績悪化で急きょ募集停止にする」と返されたのです。

この1カ月で約30社を受けたということですが、全て不採用でした。

「職を探すことすら難しい。観光業で働く夢も、諦めざるを得ないのか」

と表情をゆがめていました。

求人低迷、派遣は一層厳しく

北海道労働局が発表した3月の雇用情勢によると、事業主都合の離職は前年同月比1・5倍の1777人に急増した一方、新規求人数は同12・7%減少。

卸売業・小売業や宿泊業・飲食サービス業で解雇が目立っていて、同局は「感染の影響で4月以降の雇用情勢も不安定さが続いていく」と警戒しています。

札幌市内の化粧品販売店に2年間勤めていた派遣社員の30代女性は派遣元の会社から

「この販売店の仕事は4月中旬でなくなる」と告げられました。

別の派遣先企業での面接も急きょ中止となる中、派遣元から突然のメールで「退職手続きを行います」と雇い止めを通告されたのです。

女性は「販売店も派遣元の会社も、弱い立場の人の味方をしてくれない。これが派遣切りか」と憤ります。

ネットの反応

「雇われ身も辛いだろうが、ここで出ている程度の中小企業だと、経営者側はもっと辛い。労働者は職を失うだけだが、中小企業経営者は借り入れの個人保証で身ぐるみ剥がされて自己破産となる。そういうことが何も分からずに、自分達弱者ばかり酷い目にあったと被害者ぶるのは視野が狭すぎる。無理に雇用続けたら、結局すぐに倒産して、職失うのは同じことだよ。雇用に手をつける段階というのは、現状ではあと1、2か月後もヤバいという状態で、他に選択肢がないどころか、そこまでしても存続できるか、危険なレベル。」

「大企業などが派遣社員を利用するのは、今のような不況対策の為。運悪く企業の決算月にも当たる為に、4月末で大量の派遣切りは避けられない。 しかし派遣切りをした中小企業が生き残れる可能性もだんだん少なくなっている。食と住を確保し新型コロナの収束を待つしかない。」

「最高裁の判決で、社員のリストラする場合は有期雇用者を先にカットしてそれでもリストラしないといけない根拠が必要みたいな文言がある。法が有期雇用者の立場をしっかり定めてるわけだから、生涯派遣だと、何回か派遣切りにあうのは明白だよ。派遣が気楽で良いと言う人も周りに多いけど、不景気になると途端にに辛いアピールする人も多い。」

自粛疲れとお気楽な人もいるなかで、それどころではない不安の中ですごす過ごす人もいます。

誰もが先行きくらい中で辛抱しかないのが歯がゆいところです。

おすすめの記事