コロナショック…暑い夏になったらどうしよう…そんな人のために夏用マスクが出たよ!

2020年5月現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、外出しているほとんどの人がマスクを着用しています。

しかし、5月に入ってから気温が上昇し、地域によっては30度を超えるところも出てきました。

外出自粛要請が解除されてもしばらくはマスク着用は必須の状況…。

マスクは意外と熱がこもる

気温が高い中、マスクをしていると熱がこもってしまい不快感があります。

また、場合によっては熱中症の心配も出てきます。

そのようななかでついに夏用マスクが登場しました。

石川県にある織物メーカー『丸井織物』は夏用のマスクを販売しています。

『ひんやり夏用マスク』は、防菌フィルターが30日分付いていて、税込み1980円。

生地のメーカーということもあって接触冷感や通気性、速乾性にすぐれた機能となっています。

当然ですが、マスクは何度も洗えますよ。

お風呂で商品開発

産経新聞によると、同社の社長は「熱中症対策に役立ててほしい」とコメントしています。

今月中に夏向けの新商品を通販サイトなどで先行販売する予定。

同社の常務、後藤克幸さんは

「風呂場でマスクを着けて、商品開発をした。多くの人が初めての経験になると思うが、運動などをする人にも熱中症対策として使ってほしい」

と話しています。

利益はほとんどない…

利益はほとんどないというものの、それでも今の5倍の生産を目指しているという丸井織物。

インターネットのみで予約販売をするも、完売が続き人気のようです。

ネットでも

「ありがたい」
「こういうのが欲しかったです」

など待ち望む声が上がっていました。

気温が高くマスクが不快になって、外してしまうとさらなる感染拡大につながる可能性もあります。

夏用マスクを着用するなど、気を緩めずに感染拡大防止を図りたいですね。

マスクに秘密が

「夏用に作られたというこちらのマスク。生地に秘密があるんです」

中能登町の繊維メーカー丸井織物。合繊織物では国内シェアナンバー1です。

メーカーの担当者:
「こちら廃校になった小学校の体育館を使ってマスクの生産を行っています」

もともとは生地のメーカー。

しかし、全国的なマスク不足を見てマスク製造にシフトしました。特に人気なのが…。

同担当者:
「触った瞬間に自分の体内から熱が移動して冷たく感じる機能があります」

夏用マスク、その名も「ひんやりマスク」です。

使われているのは夏物の洋服に使う生地。生地が熱を逃がすのでひんやりした心地よさです。

同担当者:
「月産5000枚なんですが、11日だけで5000枚の注文が来ました…」

マスクの値段は1枚が税込みで1980円。インターネットのみ販売です。

利益はほとんどないということですが丸井織物では今の5倍の生産を目指しています。

ネットの反応

「この様な特殊な織物の技術は決して中国に売り渡してはならない。いつ、どのような形で取り上げられるか分からない。それまで、良い顔をして製造してくれても、有事の時は取り上げ同然になる事を、今回の事件で思い知らされたから。技術の日本を守るのが政府の仕事。 今だ届かない安倍のマスクの配布はもうやめにして、このようなところにお金を回して欲しい。」

「臨時登校でアベノマスクを持ち帰った小学校の子供。学校がスタートするのは来月以降。つまり季節は夏。アベノマスクよりも、こっちのマスクが欲しいですね!」

「暑い中マスクをしてたら中が蒸れるしTVでは熱中症、脱水症状になるとか言ってたし、亡くなった方もいたとか。今までは花粉の時期や冬限定だったけど今回は年中いるかもしれないから季節にあったマスクがあるととても助かるな(^-^)」

まだまだコロナ禍は続きます。

マスクは手放せないのに暑い夏が来るのでは、熱中症も心配です。

こういう夏用マスクは嬉しいですね。

 

おすすめの記事