コロナワクチン争奪戦…「特許を放棄せよ」の声の大問題

コロナ禍「ワクチンの特許を放棄せよ」の声が引き起こす大問題

新型コロナウイルスの抑制を目指し、世界各国の製薬会社がワクチン開発を急ぎ、ワクチン接種も進んでいます。

一方で、薬を開発する力のない途上国の人々を守るため、製薬会社に特許の放棄を迫る声も上がっています。

しかし、一見人道的に見えるこの行為が、今後の薬の開発における重大なリスクとなることにお気づきでしょうか。

ワクチンの特許を放棄させるメリットは大きいが…

経済を理解するには、「温かい心」と「冷たい頭脳」が必要です。筆者も温かい心は人並みに持っていて、被災地への寄付等も行うわけですが、冷たい頭脳も鍛えています。

「温かい心」で考えると、新型コロナのワクチンを開発した製薬会社に特許を放棄させることのメリットは大きなものがあります。

特許が放棄されれば、世界中の製薬会社が自由にワクチンを作ることができるようになるからです。

そうなればワクチンが大量に生産され、しかも値段も下がるでしょうから、途上国の人々にもワクチンが行き渡るはずです。

いまは欧米先進国でワクチンの効果が出ていますが、それが途上国にまで一気に広がるとすれば、それは素晴らしいことです。

ワクチンの特許を放棄させるデメリットはもっと大きい

しかし「冷たい頭脳」で考えると、ワクチンの特許を放棄させることにはメリット以上のデメリットがあるので、冷たい頭脳は特許を放棄させることに反対するのです。

そもそもなぜ「特許」というものが存在しているのかを考えてみましょう。

というよりも、特許がないとなにが困るのかを考えてみましょう。

製薬会社が新しいワクチンを開発するには、莫大なコストがかかります。

せっかくコストをかけてワクチンを開発したのに、開発成功と同時にライバル各社が一斉に新しいワクチンを作りはじめてしまったら、開発した会社は悲しいでしょう。

そして思うはずです。

「次からは、自分でワクチンを開発するのはやめよう。誰かが開発するのを待って、それを生産すればいいのだから」と。

もしも世界中の製薬会社が同じことを考えたら、次に感染症に襲われたときには、だれも新しいワクチンを開発しようと思わないかもしれません。

そうなれば、人類は素手で新しい感染症と闘わなくてはなりません。

それは恐ろしいことです。

つまり、新型コロナのことだけを考えれば、温かい心がいうように特許を放棄させるのでもいいのでしょうが、長い目で見ると、それでは困ったことになってしまうので、放棄させるべきではないのです。

それによってワクチンの値段が下がらずに、途上国の人々がワクチンを打てなくても、それは仕方のないことなのだ、と冷たい頭脳は考えるわけです。

温かい心と冷たい頭脳が折り合う「2つの方法」とは?

冷たい頭脳の主張に「絶対反対!」と抵抗されてしまうと、無理に放棄させるわけにもいかないでしょうが、温かい心にも対策はあります。

それは、先進国の政府が途上国を支援することです。

方法は2つあります。

ひとつは、先進国の政府が資金を出し合って、製薬会社から特許を買い取ることです。

そうすれば、開発した企業は特許が高く売れて儲かるので、次の感染症のときにも必死にワクチンの開発に取り組むことでしょう。

先進国政府連合は、特許を買い取ったうえで「すべての製薬会社が自由にワクチンを製造していいから、大量のワクチンを作ってください」「特許権使用料は不要だから、ワクチンの値段は高く設定しないように」といえばいいのですね。

もうひとつは、開発した企業がほかの製薬会社にワクチンの製造を依頼して大量のワクチンを作ってもらい、それを高値で販売して大いに儲けるということです。

この場合も、製薬会社は大量のワクチンを高く売ることができるので大儲けができ、次の感染症のときにも必死でワクチン開発に取り組むでしょう。

製薬会社は高値で売るわけですが、それを途上国の政府が買い取って国民に安く販売すればいいでしょう。

その差額分は先進国が途上国に援助をすればいいのです。

いずれの場合にも必要なのは「だれがコストを負担するのか」ということです。

先進国の政府が負担するということは、先進国の国民の税金で途上国の人々を助けるということになります。

「自分たちの税金を外国のために使うのはイヤだから、製薬会社に特許を放棄させよう」というのは正義に反しているので、必要なコストは先進国の国民が喜んで負担しよう、というのが温かい心の提案というわけですね。

あとは、先進国間での資金負担割合の交渉となるでしょう。

途上国支援に熱心な国とそうでない国、自分と仲のいい途上国に優先的にワクチンを贈りたいと考える国等々が出てきて大変かもしれませんが、そこは交渉がうまくいくことを祈りましょう。

ちなみにこの案は、冷たい頭脳も受け入れてくれるかもしれません。

なぜって「途上国にワクチンが行き渡らず、途上国の感染が拡大し続けたら、先進国も困るだろう」といわれたら、先進国だって資金を出し渋るわけにいきませんから。

ネットの声

「ワクチンの特許権を放棄するという選択はあり得ない。こんなことがまかり通ったら開発費を回収できなくなり、今後ワクチンを開発しようとする企業は出なくなってしまう。もしやるとしたら、開発途上国に特許の「通常実施権」を比較的安価に供与することくらいではないか?当然生産したワクチンを提供できる地域や期間に厳しい条件を付ける。これだったら、ワクチンの開発会社も大きな損害は受けずに済むのでは?」

「率直にアメリカのワクチンを中国が大量生産して途上国に輸出するかわり利権を根こそぎ奪いそうで一番怖いです。特許を破棄せよ言うWHOは基本中国の操り人形だからその疑念は消えません。」

「お金稼がないと、それは趣味レベル。モチベーションや対価があって当然。成功できなかった時のリスク、儲けた(成功した時)に失敗した時の負債を補って余りあるようなくらいの利益が必要。」



おすすめの記事