コロナ死者1万人超…交通事故やインフルエンザと比べてどうなの?

「コロナ死者1万人」数字以上の怖さ インフルエンザや交通事故にはない。

新型コロナウイルスに感染したことが原因で亡くなった人が、2021年4月26日に全国で累計1万人を超えました。

特に今年に入って急増しているのです。

この人数は、他の病気などの死者数と比べてどれくらいのインパクトを持つのでしょうか。

交通事故死の約3倍のペース

厚生労働省が2021年2月に公表した人口動態統計(速報)によると、日本で20年に死亡した人は138万4544人。

前年より9373人(0.7%)減っています。

減少は11年ぶりだというのです。

コロナで死んだ人が増えたはずなのに、なぜ、と思う人もいるかもしれません。

日経新聞によると、肺炎(新型コロナなどを除く)の死者が約1万2000人、インフルエンザが約2000人減っていました。

これは、新型コロナの感染対策としてマスク着用や手洗い、手指消毒などが広がり、他の細菌やウイルスが流行しなかった影響だとみられるそう。

では、そもそもインフルエンザで亡くなる人は年間どれくらいなのでそうか。

一時期、コロナの年間死者よりもインフルエンザの方が多いなどと言われたこともありました。

厚労省によると、インフルエンザによる直接の死者はそれほどでもないのですが、間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡者も含めて推計すると、1万人前後になるようです。

ちなみに交通事故の死者も、かつては年間1万人を超えていました。

しかしながら車や道路の安全対策が進んで最近は3000人程度にまで減っているのです。

自殺は3万人台が続いていましたが、近年は2万人ほどに減っています。

二年目なのに感染者が増えた

コロナの死者は、概数でいうと、現状では自殺者の半分程度で、インフルエンザ並み。交通事故の約3倍…こんな数字が浮かび上がります。

しかし、こうした総数の比較だけではコロナについては不十分。

なぜなら、交通事故やインフルエンザや自殺では医療崩壊が起きないからです。

多くの医療関係者が指摘するコロナの恐ろしさは、感染力が強く、症状が急変することです。

人工呼吸器をつける、あるいは集中治療室(ICU)入室する、といった患者が多くなっているのです。

致死率は国や地域で異なるのですが、インフルエンザよりも相当高いといわれています。

一人の患者にかかる医師や看護師なども多く必要で、それゆえ患者が増えると医療崩壊が起きやすくなります。

不気味な変異ウィルスの登場

そして何よりも不気味なのが、新種ウイルスが次から次へと登場すること。

「二重変異ウイルス」による感染爆発が起きたというインドでは、連日30万人の感染者が出て混乱が続いているのです。

日本の死者数も、昨年末段階では3500人ほどだったのですが、今年に入ってから急増しました。

コロナ禍は、鎮静まで3年かかったという20世紀初頭のスペイン風邪と似ているといわれています。

当時と違って、ワクチンという対応手段があるものの、日本ではまだ行きわたっていません。

感染2年目に入って、かえって患者も死者も増えているのが現状なのです。



おすすめの記事