クレジットカードに大革命が起きています。

それは「NFC内蔵化」。

NFC内蔵のカードといえば、まず真っ先に思い浮かぶのが交通系ICカード。

これはFeliCaという規格を採用しているのですが、いま現在普及しつつあるクレカはType A/Bに対応しています。

これによりクレカの利便性自体は向上したと言えるのですが…。

コンビニで見かけるようになった「タッチ決済」

現在、セブンイレブンと三井住友カードがこのようなキャンペーンを行っています。

SMBC系列のVisaクレカでの「タッチ決済」で税込500円以上の買い物をすると、500円が還元されるという内容です。

期間は9月30日まで。

タッチ決済とは、クレカに内蔵のNFCタグを利用した方法。

交通系ICカードのようにレジの読み取り端子にカードを当てます。

これで決済完了。

従来の方法ではどうしてもクレカ本体が摩耗してしまうのですが、非接触型決済ならそのような心配は必要ありません。

このタッチ決済の導入店舗は増えています。

大手コンビニやスーパーマーケット、喫茶チェーン店、ファストフード店などでNFCクレカ及びデビットカードが使えるようになりました。

店員も知らない決済手段

しかし、新しい決済手段はそれ故に不便も発生しています。

店舗スタッフがクレカのタッチ決済を知らないという例。

これは実際にが体験したことなのですが、大手喫茶チェーン店でタッチ決済を利用したら、店員が目を見開いて驚愕していたのです。

「それは何ですか? Suicaとは違いますよね?」と質問されてしまったほど。

この店員は、こちらがやって見せるまでタッチ決済というものを知らなかったようです。

昨今のクレジットカードには電波のマークが描かれています。

これこそがNFC内蔵の証。

最近クレカを更新した人は、いま一度チェックしてみましょう。

「FeliCaの国」日本でのタッチ決済普及は?

しかし、このNFCクレカが今後普及することはあるのでしょうか。

日本には交通系ICカード即ちFeliCaというものがあります。

これは日本独自のNFC規格で、通信速度は世界的な主流規格であるType A/Bの2倍。

平たく言えば、日本の通勤電車に合わせて設計されているのです。

朝の東京23区内の駅で、乗客を自動改札機でさばき切れるだけの通信速度……と形容すればいいでしょうか。

これはType A/Bには荷が重い仕事です。

「日本では何でもガラパゴス化してしまう」と言われますが、それにはやむを得ない背景があることを忘れてはいけません。

以上を鑑みれば、少額決済においてNFCクレカが交通系ICカードに取って代わるということはないと考えます。

しかし、それは額に応じた役割分担でもあるのです。

ある程度高額の買い物であれば、NFCクレカは大いに活躍するでしょう。

ネットの声

「ローソンは昔から対応なので慣れた方が多い印象。セブンの対応は最近だけれど、ローソン同様「クレジットカードで」と言うと、自動的にレジ客側のNFCのリーダ部分もオンになるので、特に問題は感じてないです。
マクドはドライブスルーだと「クレジットカードのタッチで」と言うと、ちゃんと窓からリーダがにゅっと出てきますね(笑)。
Android PayのNFCの場合、アプリの起動は必要ないものの、iDなどとは違い、ロック(スリープ)は解除しないといけないのが、FeliCaとは少し違うところなので、ユーザー側も注意が必要でした。
待ち受け画面にしておけば、決済時、ApplePay的に画面にカードの図柄が自動的に出てきますが、日本は一部の銀行VISAデビットだけの対応なので、クレカのNFCにも早く対応してほしいですね。」

「セブンイレブンの店員です。
私は知っていますがたまに無言でかざす方いるので言って頂けるとレジの会計スムーズに進みます。
また、ID、nanaco、交通系、楽天EDY、QUICPayは専用ボタン押さないとなので勘違いしてかざされるとビービーとアラームが鳴ります。
特にIDとクレジットカードが一体化したカードはIDで支払いたいのにクレジットに…ってこともあり得ますのでお互いのためにも支払いは?での一言をぜひ」

「普及前夜って感じですよね。
少額(1万円未満)はPIN入力・サイン不要なので日常使いには良いと思うのですが、デビッドでカード紛失すると何が起こるか怖い部分も。
実は一度やってしまい、銀行から連絡が入るまで気付いていなかったという。銀行が即、使用停止にしてくれたみたい。日本は道徳的で平和な国だと改めて思いました。」

コンビニ大手は全て対応となっています。かなり便利になりましたね。

それよりもテレビCMなどでそれほど周知徹底されていない印象です。

おすすめの記事