クレジットカードが使えない…5つの原因

クレジットカードが突然使えなくなった場合の5つの原因

使えるはずのクレジットカードが使えない! 

お店のレジでこんなことになったら焦ってしまいます。

インターネットショッピングでも、使えないと買物ができず困ってしまいます。

急ぎ必要なものであればなおさらです。

クレジットカードが突然使えなくなることは、実はそれほど珍しいことではありません。

使えなくなる理由には、どのようなことがあるのでしょうか。

有効期限切れや利用上限に達した

有効期限が切れている

クレジットカードが使えない時、まず確認したいのが有効期限です。

カードには有効期限の印字がされていますが、「月/年」の順番で、しかも2ケタずつの記載ですから分かりにくいかもしれません。

たとえば、「04/21」であれば、有効期限は2021年の4月末日まで。5月になったら使えないカードです。

通常、有効期限が切れる前にはカード会社から新しいカードが送られてきます。

あとで入れ替えようと思っているうちに、期限が切れる場合もありますから、早めに入れ替えておきましょう。

クレジットカードは普通郵便ではなく、書留などで送られてきますので、留守にしていることが多ければ受け取れていない可能性もあります。

新しいカードが届いていない、という場合はカード会社に問い合わせて送ってもらいましょう。

インターネットショッピングの場合、登録してあるカードが有効期限切れになっている場合もあります。

クレジットカード自体は自動更新になっていても、各ショッピングサイトの情報は自動更新にはなりません。

新しいカードと入れ替えたら、登録情報の修正も必要です。

利用上限額に達した

クレジットカードには、上限額が設定されています。

ショッピング30万円、キャッシング10万円、といったように利用明細に書いてあることが多いのでチェックしておくといいですね。

この場合、ショッピングですでに30万円使っていたら、その月はもう利用できないということです。

利用限度額は、利用者が支払える範囲であるとカード会社が判断した金額でもあります。

そのため、不便だからといって利用限度額を上げたり、新しいカードを作ったりするよりは、支出の見直しをするべき状況かもしれません。

ただし、転居や結婚、海外旅行など、特別な事情のときは、一時的に限度額を増やせる場合があります。

クレジットカード会社に連絡して、相談してみるといいでしょう。

高額決済が連続している

いつも数千円程度の利用なのに、急に数万円、数十万円の利用が続くような場合、クレジットカードの利用が制限されることがあります。

これは、不正利用の恐れがあるとして、セキュリティロックがかかるためです。

特に換金性の高いものや、海外での決済ではセキュリティが厳しくなるケースが多いようです。

セキュリティロックは、安心してカードを使うこととトレードオフの関係にあると言ってもいいでしょう。

カード会社に連絡をして、ロックを解除してもらえばカード決済ができるようになります。

入力間違いや支払い遅延も

カード情報の入力間違い

インターネットショッピングの場合、カード情報の入力間違いということもあります。

カード番号は16ケタもあり、カードのデザインによっては読みにくい場合もあるので、慎重に入力しましょう。

有効期限は、月と年の順番を間違えずに。裏面のセキュリティコードも面倒がらずに確認します。

名義はカードの印字どおりに入力する必要があります。同じカトウさんでも、「KATO」、「KATOU」など違いがあることに注意しましょう。

入力間違いがあれば訂正すればいいのですが、あまり続くようだとこれまたロックがかかって使えなくなることもあります。

特に暗証番号の入力の際は、慎重を心がけましょう。

支払い遅延

クレジットカードの支払いが遅れても使えなくなってしまいます。

クレジットカードの仕組みは、買物の代金をカード会社がお店に立て替え払いして、後日カード会社に利用分を払う、というものです。

「後で必ず払う」、という信頼関係がクレジットカードの基本。

支払いが遅れて信頼を損なってしまうと使えなくなるのは当然のことでしょう。

とは言え、ウッカリすることは誰にでもあること。

そうたびたび遅れるのでなければ、カード会社に振込みなどで支払えば、その数日後には使えるようになることがほとんどです。

サブのクレジットカードを持っておくと安心

クレジットカードが突然使えなくなる理由には、その他にもカードの磁気やICチップの不良などといったこともあり得ます。

この場合、カードの再発行はできますが少なくとも数日かかります。

その他の原因であっても、すぐに解決できることばかりではありません。

つまり、支払いの段になってクレジットカードが使えない、「この支払いどうするの?」という問題が生じたとき、その場でクレジットカード会社に連絡しても、すぐには解決できないケースもあるということです。

この問題を解決するには、別のクレジットカードを持つことが現実的な対応策です。

もちろん、現金支払いでもいいのですが、昨今では現金決済のメリットはあまり感じられなくなっています。

年会費が無料のものを選んで、上手に利用してください。



おすすめの記事