「日本最強」いや「世界最強」の呼び声も高い「ランクル」と「ジムニー」の悪路走破性が凄すぎた!

大きな災害が毎年起きています。

特に日本は地震大国でもあり、災害時の移動手段として愛車の活用を考えている人も少なくないでしょう。

実際問題としては、状況がわからないなかでむやみに移動するというのは逆に危険な行為であり推奨できません。

それでも、災害時の移動といった話題になると名前が挙がるクルマがあります。

それが世界に誇る日本のクロスカントリー4WD、トヨタ・ランドクルーザーとスズキ・ジムニーなのです。

流行りのSUVとは一線を画す性能を持つ2モデル

4.6リッターV8エンジンに各種電子デバイスを満載したランドクルーザーと、

660cc 3気筒ターボで駆動系はシンプルなジムニーという両極端なモデルです。

いずれもローレンジを持つ本格的な4WD機構を持つ。流行りのSUVとは一線を画す性能を持っています。

さらに、シチュエーションによりそれぞれに良し悪しがあり、

ランクル VS ジムニーの最強クロカン対決というのは、クルマ趣味人のディスカッションテーマとしては盛り上がるものです。

パワフルなランクルと、ボディがコンパクトで自由度の高いジムニー…。

それぞれに多くのメリットがあるのは直感的に思い浮かぶ人も多いでしょう。

クロスカントリー4WDの基本スペックを比較

両者のスペックを比べてみるとどうなるのでしょうか。

ランドクルーザー走破性スペック

  • 最低地上高:225mm
  • アプローチアングル:32度
  • デパーチャーアングル:25度
  • ランプブレークオーバーアングル:25度

ジムニー走破性スペック

  • 最低地上高:205mm
  • アプローチアングル:41度
  • デパーチャーアングル:51度
  • ランプブレークオーバーアングル:28度

比較してみると、障害物とボディとの干渉に左右するアプローチアングル、デパーチャーアングルではジムニー有利に見えます。

しかし、最低地上高で20mmの違いというのはかなり大きいものがあります。

ランクルは水深70cmの川を渡ることができる!

絶対的な走破性ではランクル有利といえるでしょう。

さらに、ランクルには車高調整機能があり、悪路走行用のハイモードを選ぶとフロント50mm、リヤ60mmも車高アップができるのです。

さらに、ジムニーは公表していませんが、ランクルは登坂能力45度、最大渡河性能700mmといった驚異的なスペックを持っています。

ジムニーにしても、エアクリーナーから水を吸ってしまわないように高い位置に吸気口をレイアウトするなど工夫はしています。

しかし、さすがに700mmの深さの川を渡るのは厳しいでしょう。

カスタムして走破性を向上

あくまでも、これらはノーマル状態での話であって、改造を前提にするともっと踏破性を上げることができます。

車高を上げることもできれば、シュノーケルを装備して渡河性能をアップすることもできるのです。

タイヤを大きくしたり、悪路でグリップするラグタイヤにしたりといったラフロードに合わせたカスタマイズを施すことで、

もっともっと走破性を高めることができます。

そうしたカスタマイズパーツやメニューでいってもランクルとジムニーともに充実しているのです。

その点でもいい勝負ができるでしょう。

ここぞというときに

走行中に災害にあってしまったときに、危険な状況から脱出するのであれば性能を引き出して走行するのは仕方がないといえます。

しかし、クロカン4WDだからといって危険な状態に嬉々として飛び出していくのはNG。

たとえ700mmの渡河性能を持っていたとしても、それは勢いよく流れている荒れた河川を渡れるという意味ではありません。

浸水している市街地では水の中にどんな障害物があるかもわからないのです。

その意味では、どんなに走破性が高くても、リアルワールドで性能を引きだそうとすることは命知らずな行為といえます。

ランクルやジムニーの走破性は、万が一の状況で命を守ってくれるものです。

だからこそ、あえて危険な状況に飛び込んでいく必要はありません。

どんなにカスタマイズして走破性を高めたとしても切羽詰まった状況でもないかぎり、

その性能を発揮するのはオフロードコースなど安全が確保できるところに限っておいたほうがいいのです。

ネットの声

「両方乗ってみてわかるのがこの2車の性能の違いは走破性云々より車の重さと軽さの違いだと思っています。冠水したような路面の場合は車重のあるランクルの方が有利だし、傾斜地のようにずり落ちたくない場合は軽量なジムニーの方が有利に思えます。メカニズム的にもどちらも完成された感じがありますね。」

「ランクルは砂漠なら最強だが、本格的オフロード走る人で、選ぶ人少ないんじゃないかな?
重過ぎるし豪華すぎる。
ほとんど日本だとなんちゃってSUVと同じ使い方してるとしか思えない。」

「クルマでの渡河は憧れでもあり簡単なように見えるが、実は非常に危険でテクニカル。この程度の記事を鵜呑みにして、素人が例えば初めてのファミリーキャンプ先で、勢い中瀬に渡るなんてことはやめた方が良い。
コレはランクルだろうがメガクルーザーだろうが同様。」

素晴らしいクルマなのですが、日本ではその性能を引き出すところがあまりにも少ないです。

類い稀な性能を発揮するのが災害時のみというのも寂しいですが、心強さの面ではこれ以上のものはないでしょう。

おすすめの記事