カップヌードル…フタ止めシールを廃止して「Wタブ」にリニューアル

カップヌードル 開け口2つ「Wタブ」にリニューアル フタ止めシールは廃止

日清食品は6月4日、「カップヌードル DO IT NOW! 」プロジェクトの一環として、プラスチック原料の使用量削減のためフタ止めシールを廃止。

そして、シールがなくてもしっかり止められるよう開け口を2つにした新形状のフタ「Wタブ」を採用することを発表しました。

6月から順次切り替えるということです。

発売50年を機に廃止

カップヌードルの公式ツイッターでは

「発売50年を機に、カップヌードルの底に付けていた『フタ止めシール』を廃止することにしました。これで年間33トンのプラスチックが削減できます。じゃあどうやってフタを止めたらいいの?っていう方、動画をご覧ください」

とつづり、

36秒の動画を投稿。新しいスタイルとして開け口が2つになり、フタ止めシールなしでもフタを抑えられるようにリニューアルするということを動画内で紹介したのです。

ネットでは残念な声も

公式ツイッターが3日に「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」と投稿。

フォロワーからは

「ありがとう、お世話になりました」
「無くなるの?困る」
「もしや素晴らしい代替え案が?」
「なくならないで」
「まじで困ります」

という声が寄せられ、7・7万件(4日午前8時現在)を超える「いいね!」が集まり、話題となっていたのです。

様々な憶測が

ネット上では、

「ふたの折り曲げ部分が少し長くなるとか?」
「ついにカップヌードルからフタがなくなるからお役御免ってわけなのか」
「これはアレだ!次に来るのはフタ止め紙バンドになる展開だ!」

と様々な憶測が飛び交っていました。

フタ止めシールとは「タックシール」とも呼ばれ、登場したのは1984年。

外側のフィルムをはがしやすいように透明なシールを底部に付け、熱湯を注いだ後は上ぶたが開かないように固定するもの。

当初は利便性に気付かず、外側のフィルムと一緒に捨てている人も多くいたようです。

ネットの声

「商品のシールとフタだけでここまで話題を集めるのはさすがだ。シール廃止でのプラスチック削減は微々たるものでしかないがインパクトが大きい。また、世界環境デー(6/5)に合わせての発表なので、企業価値を高めることになる。」

「前から、2、3箇所つめを作ればシールなんて要らないのにと思っていた。なんでもっと早くやらなかったのか。」

「ダブルタブとは良いアイデアだな。今までのシングルタブでは蓋がすぐ開いた」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日清 カップヌードル(78g*20食入)【カップヌードル】
価格:3338円(税込、送料無料) (2021/6/4時点)

楽天で購入

 

 

おすすめの記事