美男美女でセレブ…北川景子が子どもを抱いてDAIGOと3ショット

ベビーカーを押す夫と、眠ってしまったまだ小さな子供を抱く妻。

夫は時折、後ろを歩く妻と子供に目を向け、幸せを噛みしめるかのように笑顔を見せていました。

一見、普通の夫婦ですが、彼らは芸能界で一二を争うセレブカップル、DAIGOと北川景子夫妻です。

高級マンションへ

「DAIGOさんの祖父は竹下登元首相。地元島根では、いずれDAIGOさん本人かそのお子さんが地盤を引き継いで出馬するという噂が絶えません。彼の華麗なる一族の話は有名ですが、北川さんの家柄も相当すごいんですよ。彼女の父親は、日本最大の機械メーカーの三菱重工の幹部です。厳格なお父さんに対し、北川さんは敬語を使って育ってきたそうです」(北川の知人)

そんなふたりは今年3月、第1子出産を控え、引っ越しをしていました。

都内の一等地にあるその新居は、今年1月に竣工したばかりの新築マンションの一室にあります。

「立地・環境が素晴らしく、200平方メートルを超える部屋もある高級マンションです。どの部屋も天井が高く開放的で、豪華なマンションです」(不動産関係者)

夫妻が引っ越してきた同時期、この高級マンションにふたりにとって“強力なサポーター”が引っ越してきていたのです。

「同じマンションの別の階に、北川さんのご両親も越してきたらしいです」(前出・北川の知人)

北川景子の実家は神戸だが…

北川は兵庫・神戸出身で、両親は神戸在住のはずだが、実は北川の結婚前から、特に母親は近所で暮らしてきたというのです。

「彼女がドラマに多く出演し始めた2008年頃からと聞いています。お母さんは東京で北川さんの近くにいることが多く、お父さんは神戸と東京の家を行ったり来たりしているそうですよ。
特に、2014年の『HERO』(フジテレビ系)の第2シリーズが放送された頃に始まり2016年からの結婚生活、その年の大ヒット作『家売るオンナ』(日本テレビ系)との両立は、近くに住む母親のサポートがあったからできたようなものだと、よく周囲に話しています。今回は北川さんが出産したこともあり、仕事と育児をサポートするため、ついにマンション内同居を決めたみたいなんです」(前出・北川の知人)

母親がサポート

北川と母親の仲のよさは芸能界でも有名だそう。

「母親が神戸にいた頃から毎日のように電話で話をしていたそうです。あるとき、母親の声がいつもと違って聞こえたため、その日のうちに北川さんが新幹線に飛び乗って実家へ駆けつけたこともあるみたいですよ」(芸能関係者)

北川にとっては、母親が同じ屋根の下にいることは何よりも心強いことでしょう。

一方で、義両親とのマンション内同居生活は、DAIGOにとって窮屈かと思いきや、その逆なのだとか。

「DAIGOさんはとにかくお義母さんに感謝しきりです。帰宅すると、お義母さんが作った食事が用意されていることもあるそうで、北川さんにあまり無理をさせたくないDAIGOさんは、親身になってのサポートをとてもありがたがっていて、本当によい関係を築いているそうですよ」(テレビ局関係者)

ネットの声

「同居じゃなく別の階ならまだ家族だけの時間もあるからいいと思う。
うちは親同居なので自分達の時間がなく時々息が詰まりそうになります。」

「うちも3軒隣に嫁さんの実家があって仲良くやらしてもらって子供もよく小さい頃から見てもらった。嫁さんも自分の親だから何かと頼みやすい。嫁が体調崩した時の幼稚園の送り迎え、食事洗濯など義父母にはほんと感謝しかない。」

「これが旦那の両親なら話は別なのよ。別の階とはいえストレス。でも嫁の両親なら旦那もありがたがるパターン多いよね。嫁も両親が近くにいたら心強いし、お互いに助け合えるもんね。この夫婦は円満でいて欲しいな。」

両親のサポートもあるので恵まれた夫婦です。いつまでも仲睦まじくいてほしいですね。

おすすめの記事