ダイハツ、“Tough & Almighty Fun Tool"新型「タフト」発売。

「タフト」は“Tough & Almighty Fun Tool"、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発されたものです。

軽クロスオーバー市場に投入

車名はコンセプトの“Tough & Almighty Fun Tool"の頭文字に由来しています。

2019年に発売した「タント」「ロッキー」に続く、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」第3弾商品。

同社の主力車種として、拡大傾向にある軽クロスオーバー市場に投入します。

後発ならではの注目装備

エクステリアデザインでは、スクエアボディと高い最低地上高、大径タイヤ等により、SUVらしいタフさや力強さを表現。

前席上には大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備しています。

さらに新しいパッケージングコンセプト「Backpack スタイル」を採用。

ワクワク感あるデザインと多彩な収容スペースのある前席「クルースペース」と、自由自在にアレンジ可能な後部「フレキシブルスペース」によって、日常からレジャーまでアクティブに活躍できるモデルとしたのです。

安全にも配慮

安全・安心面では、「先進技術をみんなのものに」という考え方のもと、予防安全機能「スマートアシスト」を進化。

全車標準装備としています。

新開発のステレオカメラを採用し、衝突回避支援ブレーキ機能の対応速度を引き上げるとともに、夜間の歩行者検知を実現。

また同社初の「電動パーキングブレーキ」を採用するなど、安全・安心性能を向上させました。

さらにDNGA新プラットフォームにより、乗り心地・操縦安定性の良さと力強い走りを実現しています。

これらを求めやすい価格で提供。

メーカー希望小売価格は、135万3,000円~173万2,500円(税込)。

ネットの声

「あのクルマのパクりだとコメもあるが、一番気になるのはあのクルマのメーカーのような先見性や勇気がない事。後から出してくる事が過去にも少なくない。先陣を切らずに後からモロ被りをぶつけるのが社の方針なのかなw」

「ハスラーの方が室内長が20cm位広く燃費もハスラーがいい上マイルドハイブリッド付き!後追いでのメリットは電動サイドブレーキとアダプティブLEDヘッドライト比でしょうか?まあデザインは好みあるので割愛しますが、早速現車シート座ってきましたが座り心地イマイチでした。ハスラーが軽自動車なのに良すぎです(笑)」

「お~い「遊べる軽」は、まんまハスラーのキャッチコピーですよ~www出る前から相当持ち上げてもらってたのに、煽いだ分ほどスタートダッシュにブーストがかからなかったのか、注文から納車まで1ヶ月半くらいだとか。この分だと先行予約もそんなに入らなかったようですね。やはりグラスルーフだけがウリでは商品の訴求力になりえなかったか…残念!」

酷評が多いのは「真似をしている」という部分に集約されています。

個々の性能は確かな進化を感じさせるものです。

おすすめの記事