4月18日より、株式会社イザワオフィスのYouTubeチャンネルで『志村けんのだいじょうぶだぁ』の動画が公開されています。

株式会社イザワオフィスは先日亡くなった志村けんの所属事務所です。

『志村けんのだいじょうぶだぁ』は1987~1996年にフジテレビで放送されていた番組。

彼の代表作として知られていますが、その過去動画がテレビで公開される機会はほとんどありませんでした。

イザワオフィスが動画公開を決断したのは、志村けんが新型コロナウイルス感染症で亡くなり、今もそのウイルスが世界中で猛威を振るっている状況を踏まえてのこと。

動画には広告が掲載され、そこで得られた収益から必要経費を差し引いた全額が日本赤十字社に寄付され、医療従事者への支援に役立てられるということです。

動画を見ている側は、志村けんのコントで笑いながら間接的に医療従事者を支援することができる仕組みです。

だいじょうぶだぁ』の衝撃

物心ついた頃からザ・ドリフターズの『8時だョ! 全員集合』(TBS系)を見て育ってきた人にとって、その終了後に始まった『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS系)と『志村けんのだいじょうぶだぁ』は、個人的に最も思い入れのある番組でしょう。

ドリフの中でも最も面白いと思っていた加藤茶と志村けんが独立する形で始まった『加トケン』は格別に面白かったのです。

その後、さらに志村けんが単独で番組を始めるというのです。

もちろん面白いだろうと思って、最初から期待が高まっていきました。

実際に見てみると、すぐにその虜になったという人が続出したのは言うまでもありません。

当時の映像を改めて見てみても、血気盛んな若き日の志村けんが独立して冠番組を持ち、好きなことをやって乗りに乗っている感じが伝わってきます。

『全員集合』や『加トケン』と比べても、コントの設定や内容に古さを感じさせるところが少なく、今の時代に楽しむにも最適なのです。

志村けんはこの番組を始めるにあたって、今までとはコントの雰囲気を大きく変えようと考えていました。

そこで彼がやった大きな変革は2つ。

1つは、芸人以外のレギュラーメンバーを迎えること。

もう1つは、1時間番組の中で短いコントをたくさん見せることだったのです。

多くのタレントを抜擢

志村けんがこの番組のレギュラーに起用したのは、田代まさし、桑野信義、いしのようこ、松本典子といった顔ぶれでした。

田代と桑野はミュージシャンで、いしのと松本はアイドルでした。

志村けんは彼らの笑いに対する適性を見抜き、レギュラーに抜擢したのです。

中でも、田代の存在感は突出していました。

志村けんの右腕として多くのコントに出演。

主にツッコミ役として安定した演技を見せたのです。

そして、『全員集合』や『加トケン』ではワンシチュエーションの長めのコントが中心だったのに対して、『だいじょうぶだぁ』では短いコントを次々に繰り出していくことにしました。

この方法だと撮影には手間がかかります。

しかし、テンポよく短いコントを連発することで、視聴者を飽きさせずに勢いを持続させることができたのです。

世間でこの番組について語られるときには、「変なおじさん」や「ひとみばあさん」など、志村けんがコントの中で演じた個性的なキャラクターが取り上げられることが多い。

しかし、この番組の面白さはそこだけではありません。

その手のキャラクター中心のコントだけではなく、「ウンジャラゲ」「パイのパイのパイ体操」などの歌ネタもあれば、同じシチュエーションでオチを変えて何度も短いネタを重ねていくこともあったのです。

個人的には、志村けんといしのが仲のいい夫婦役を演じるコントが好きだった…という人も多いでしょう。

寝室で眠りにつく前の夫役の志村けんがとぼけた雰囲気の妻役のいしのにひたすら振り回されます。

夫に明日は5時起きだと聞かされた妻が「ご、ご、5時!?」と大げさに驚いたり、2人が仲直りのために「醤油、ラー油、アイラブユー」といった小気味よいやり取りをするところなどは何度見ても面白かったのです。

志村けんのコントが風化しない理由

『だいじょうぶだぁ』のコントが古くならないのは、そこに「生活感」があるからでしょう。

志村けん自身も突拍子もない発想を考えたりするのは苦手だと語っています。

彼はコントの中で酔っ払いなどの人物を演じるときには、その人がどういう性格なのか、なぜ酔っ払ってしまったのか、などの背景を考えてから演技に臨むといいます。

身近な題材からアイデアを膨らませて笑いを作っていくからこそ、志村けんのコントの魅力は風化せず、いつまでも面白く見られるものになっているのでしょう。

『だいじょうぶだぁ』と同時期には同じフジテレビで『とんねるずのみなさんのおかげです』『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』などのコント番組が乱立していきました。

志村けんは後輩芸人の台頭を横目で見ながら、真っ向勝負でこだわりのコントを作っていきます。

志村けんはデビューしてから亡くなる間際まで、約半世紀にわたってほぼ休むことなくコント番組を続けてきました。

『だいじょうぶだぁ』はそんな彼の最高傑作の1つです。

新型コロナウイルスの影響で自宅待機を余儀なくされている人々にとって、これほどの娯楽はないはず。

「だいじょうぶだぁ」と優しく笑って国民を勇気づけてくれる志村けんの勇姿を、この機会にじっくり味わってもらいたいものです。

ネットの反応

「こんなにあっさりと志村けんの今までを振り返る日が来るとは思ってもなかった。バリバリのコメディアンとしてパッと旅立たれてしまうの志村けんらしいのでしょうか。YouTubeでだいじょうぶだぁ観てると面白いんですよね。子供の時のように声出して笑ってしまう。田代さんとのコントはとても面白くて、田代さんの代役をやってきた人は何人もいるけど、改めて思うのはこの人の替わりになる人はいない…どうか立ち直って欲しいですね。」

「志村けんさんの指導も勿論あっただろうが、田代にせよいしのようこにせよ、脇を固めるメンバーが志村けんのボケに対して、物怖じしないでガツンと突っ込んでいるから面白さが倍増してる。同じコントを違うメンバーで見ると、この突っ込みが無い為に今ひとつに感じて物足りない。このメンバーが、いかに番組を盛り上げようとしているかが分かるし、ある意味で志村組としての一体感がある。後の優香がやっと後を担った感じ。」

「大人になって改めてだいじょうぶだぁの映像を見てみると、志村けんの演義が抜群に上手い事に気が付きます。演じているのはただのお婆ちゃん、酔っぱらいや悪代官でなく、頭に【面白い】が付くんだよね。で、オチに入る前から笑ってしまう。
ウンジャラケの映像でもその時の格好によって踊り方や表情を変えてた。しかもこれにも頭に【面白い】がつく。もちろん子どもの頃はそこまで深く考えて見てなかったけれど、それでも志村けんの演じる【面白い】人を魅力的に感じながら見ていた気がします。極端な話、別の方が同じ格好をして、同じセリフを話していたとしても、志村けんの時ほどは笑えなかったと思う。」

だいじょうぶだあは勢いがありますね。晩年の「となりのシムラ」もいいですね。

懐かしく見返す日がこんなに早く来るとは思いませんでした。

おすすめの記事