「これは衝撃」「え、マジか…」 ダイキンが公表した実験結果に驚きを隠せない…。

コロナ感染対策として、こまめな換気が必要とされています。

猛暑の多い夏はほとんどの家庭でエアコンをつけていますが、これだけでは部屋の換気はできていません。

窓を開けて外の空気を循環させることが必要です。

エアコンはつけっぱなしが安い?

2020年8月24日、ダイキン工業は窓を開けて換気する時に、エアコンはつけっぱなしのほうがいいのかを実験。

その結果を発表しました。

窓を開けて換気をすると電気代は…

まず、窓を開けて換気をする場合と、しない場合を比較。

すると、換気をすると外から暑い空気が入ることもあり、電気代が1日で約40.5円上がったといいます。

電気代は上がってしまいますが、やはり換気をすることは必要でしょう。

では、電気代をできるだけ抑えるにはどうしたらいいのでしょうか。

エアコンをこまめに消して換気をした方がいい?

真夏の日中、30分に1回、窓を5分間開けて換気を実施。

換気時にエアコンの電源をこまめに消した場合と、エアコンをつけっぱなしにした場合を比較しました。

すると、エアコンをつけっぱなしにしたほうが、こまめに消すより電気代が1日で約45.7円も下がったというのです!

1か月で換算すると、約1371円…これは大きな差となってくるでしょう。

ダイキンによるとこの方法は、「省エネ性と快適性の両面から正解といえる」といいます。

ネット上では、実験結果に驚きの声が上がっていました。

ネットの声

「やっぱりつけっぱなしでいいんだ!消したほうがいいのかなって思っちゃうけど、つけておきます。」

「これは衝撃だった!なるほどね。今度からつけたまま換気する。」

「え、マジか…。知らなかった。換気も必要だからね。」

つけっぱなしがいいようですが…ステイホームが続くと何日も連続稼働…これってエアコンが壊れないか心配になってきます。

おすすめの記事