今すぐお金が必要。大至急なんとなからないか…。

困ったときに頼りになるのが消費者金融。

大手から街金まで力になってくれますよ。

お金が必要なときはどうする

お金が必要なときは、どうしたらいいのでしょうか。
選択肢はいくつかあります。
その中の一つは友人知人を頼ることでしょう。

すぐにお金が必要なときは、とても有効な方法です。
借りるお金は、財布に入っている現金が基本です。
そうなると、できるだけ多くと思っても3万円程度が相場となるでしょう。

3万円程度でしたら、財布の中に入っていてすぐに出せる金額です。
お金を貸して欲しいと言って、銀行ATMなどで引き出してもらうことは避けましょう。

あくまでも、財布の中にある現金だけ借りるようにするのです。
友人知人も長年のつきあいですから、お金を貸してもすぐに返してくれると考えることでしょう。
というよりも、あたりまえのことで、体のほうがすぐに反応するものかもしれません。

いずれにしても、お金を借りることができたら、借りる側で借用書を用意します。
通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人知人のほうが借用書を作ることに対して気が引けてしまうのです。
ですから、借用書は借りる側で用意するようにします。

友人知人も、水くさいと言うかもしれませんが、借用書があるのとないのとでは大きな違いがあります。
お金のトラブルでは、長年の友人も失うこともあります。
ですから、借用書はきちんと用意しなくてはいけません。

借用書には、次の給料日に一括で返済することを書いておきましょう。
間違っても分割で返済するといった書き方をしてはいけません。
というよりも、友人がすぐに貸してくれたお金ですから、できるだけ早く、というよりも最優先で一括で返済するのです。

給料日まで待ってもらったのですから、そこから借りた3万円はすぐに出すようにしましょう。
それが、友人知人とのお金の貸し借りのマナーと考えるようにします。

3万円程度の金額が必要な場合は、家にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらうという方法もあります。
不要品ですから、それほど大きな買取金額にはならないことでしょう。
中には買取不可、あるいは買取値がゼロ円ということもあるかと思います。
それでも、買取業者のほうで処分してもらえることがほとんどだと思います。

そうなると、家にある不要品を処分できるのですから、まさに一石二鳥といってもいいでしょう。
それと、買取値が低くても数多く買取してもらうことで、1万円や2万円になることでしょう。
それでも、目標金額には足りないのですが、そこからさらに書籍やコミックの買い取りをしてもらうのです。

人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなりの高価買い取りとなるでしょう。
書籍のほうも、ベストセラーよりもレア本のほうが高価買い取りの対象となります。
いずれにしても、書籍やコミックも数多くあると、それだけで目標金額に到達することでしょう。

買い取りも、通常の買い取り業者ではなく、書籍やコミックの価値の分かる古本屋に買い取りをしてもらうようにすると、より高価買い取りとなることでしょう。
これによって、目標金額は楽々突破することだと思います。

買い取りしてもらう不要品や書籍などが無い場合は、自分の力で3万円を稼ぐ方法があります。
それは、日払いのバイトです。
男性の場合、日払いのバイトとなるとガテン系のバイトがメインとなります。

体力勝負となるので、体力に不安のある人はガテン系のバイトは向いていません。
しかし、一回の日払いのバイトで1万円くらいは稼げるので、それを3回がんばって働くことで必要金額の3万円に到達することができます。

体力勝負となりますが、3日がんばって働くことで、友人知人にお金を借りることなく、家の不要品を買い取りしてもらうこともなく、自分の力で誰にも迷惑をかけずにお金を獲得できるのですから、もっとも良い方法と言えるでしょう。
いっぽうで、気をつけなくてはいけないことがあります。
それは、ケガです。

慣れないガテン系の仕事ですから、現場は建築現場や道路工事といったところになるでしょう。
慣れない足場などから、ケガをすることが多いのです。
その場合、雇い主が労災保険をかけることで、治療費の負担はなくなるのですが、雇い主が労災保険をかけずにケガをした場合は、治療費は当然自腹となります。

そのため、ガテン系の仕事をする前に、労災保険をかけてくれているのかを問いただしておく必要があります。
体力に不安のある人には勧めることはできませんが、3日がんばったら必要な金額を獲得できるので、がんばってみるといいでしょう。

最も手軽にお金を獲得できるのは、クレジットカードのキャッシングかもしれません。
キャッシングということで、審査はどうなってる?と思う人もいるかもしれませんが、クレジットカードを持っている時点ですでに、クレジットカードの申し込みをしたときに審査を受けています。
また、クレジットカードが手元にあるということは、クレジットカードの審査も通っているということです。

キャッシングも3万円程度でしたら問題はないのですが、借りる額がもっと多くなった場合、クレジットカードの利用可能額というのはショッピング枠と同じところを見ています。
キャッシングが多くなって毎月の光熱費やスマホ代の引き落としをクレジットカードで行っていた場合に、キャッシングの金額が邪魔をして引き落としができなければ、それは立派な延滞となり、それを放置しておくと、他の新規での借り入れができなくなるので注意しなくてはいけません。

銀行と消費者金融会社で借りる

ある程度まとまったお金が必要だったら、銀行か消費者金融会社でお金を借りるしかありません。
そうなると、金利の低い銀行でお金を借りるほうが現実的です。
それに、消費者金融会社にはどうしても昔のサラ金のイメージがあり、消費者金融会社からお金を借りることにアレルギーを感じる人も少なくないでしょう。

特に、バブル期前後のサラ金の猛烈な借金の取り立てを、新聞やテレビの報道で目の当たりにしている人にとっては、そういった気持ちがかなり強いと思います。
消費者金融会社も、往時は3万社を超える数の消費者金融会社があったのですが、淘汰が繰り返され、現在は2,000社に満たない数にまで激減しています。
ある意味、この数が適正な数と考えていいでしょう。


現在の消費者金融会社には、サラ金と言われた当時の面影はまったくありません。
それでも、サラ金のイメージが払拭できないのは、貸金業の宿命と考えてもいいのかもしれません。
銀行カードローンに話を戻しますが、銀行カードローンは、誰でも気軽にお金を借りるというわけにはいかないのです。

というのも、銀行カードローンを借りるにも、審査に通らなければなりません
その審査基準が、消費者金融会社のカードローンと比べても、厳しいものになっているのです。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった預金ということがあげられます。

大切な預かり金ですし、いつでも引き出せるようにしておかなければいけません。
そのため、銀行カードローンといった融資による貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。
貸し倒れのリスクを回避するために銀行は、保証会社と提携しています。

そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをした際には、銀行の他に保証会社の審査にも通らなければ、銀行カードローンから融資を受けることはできないのです。
保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となった場合、保証会社はカードローン利用者に代わって、残りの債務の全額を銀行に支払います。
その後で、改めて立て替えた債務全額をカードローン利用者に、保証会社が請求するのです。

その時点で、すでに債務整理に入っていますから、そこから保証会社と債務者との間で任意整理交渉が始まるのです。
銀行カードローンにもデメリットがあり、即日融資には対応していないのです。
これは、警察庁のデータベースにアクセスしなくてはならず、その照会情報を得るのが、最短でも翌日以降になるということです。

不正融資を防止する施策によるものですが、これによって銀行カードローンの即日融資はなくなり、すぐにでもお金が必要となると、消費者金融会社のカードローンに頼らざるを得ない状況となっているのです。

消費者金融会社のカードローンで大至急借りる

銀行カードローンから借りることができなければ、消費者金融会社のカードローンが頼りになります。
消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんですが、電話での申し込みができるのが大手消費者金融会社のカードローンの大きな特徴といっていいでしょう。

また、WEB完結という申し込み方法が始まっています。
これは、郵送物が一切届かないといった申し込み方法になります。
これによって、家人に知られずに消費者金融会社のカードローンを利用することができるようになります。

また、メガバンクと提携している大手消費者金融会社では、メガバンク行内に設置されている自動契約機を利用して、カードローンの申し込みをすることができます。
そして、大手消費者金融会社のカードローンの最大の特徴が、全国各地に設置されている無人契約機です。
24時間365日稼働しているもので、いつでも融資の申し込みをすることができます。


即日融資に対応しているので、大至急お金が必要というときにも、大きな力となってくれるでしょう。
当日の22時までに申し込み手続きを終えて、審査に通ればローンカードが発行されて、コンビニATMでキャッシングすることができます。
最近では、カードレスのカードローンサービスも始まっています。
スマホが必須となりますが、これまで以上に入出金がしやすくなることは間違いありません。

中小消費者金融会社や街金で借りる

大至急お金が必要なときは、中小消費者金融会社や街金も頼りになるでしょう。
一部の中小消費者金融会社では、カードローンも取り扱っています。
中小消費者金融会社は、決して横並びではなく、業容の違いによって扱う金融商品が違うこともあります。

おまとめローンに特化している中小消費者金融会社もありますし、法人に特化した中小消費者金融会社もあります。
それぞれに、特色を持った貸金業を営んでいるのです。
即日融資に対応しているのかどうかも、多くはできるだけ早い融資を心掛けているので、気になる場合は事前に聞いてみるといいでしょう。

街金は、さらに小規模な貸金業者ですが、少額融資が基本なので、フットワークの軽いスピード融資をしてくれます。
一部の中小消費者金融会社や街金では、ブラックでも借りることができたという口コミサイトなどの投稿がありますが、信用情報機関を通さない独自審査を行っている、貸金業者でしたら、現在の属性のみが審査対象となるので、しっかりと働いていて収入を得ていることがわかれば、融資を受けることができるでしょう。
街金の場合は、少額融資が基本なので、10万円程度の貸し付けが相場となるようです。

個人間融資掲示板を利用する

消費者金融会社などで借りることができなくても、悲観することはありません。
ネットの個人間融資掲示板があります。
個人間での貸し借りとなるので、リスクは伴いますが、連絡がしっかり取れるなど、交渉が成立すればすぐにでもお金を借りることができます。
フットワークの軽さとお互いの信頼関係だけなので、大至急お金が必要というときに、大きな頼りになることでしょう。

ネットの声

「フクホーは激甘だが必要書類が多いことで有名、振り込みまで時間かかる、任整理中に借り入れしたところまとめてくれた。」

「フクホーって激甘になってるじゃないか、任整理中に借り入れしたところまとめてくれたぞ。会社名書いたら規制かかるみたいだな。」

「ライオンズは根掘り葉掘り聞いてくるからなぁ。そこさえ気にしなければ良いんだよな。」

対面での相談が可です。審査も通りやすいですよ。根掘り葉掘り聞いてくるのは、人となりを見ているからです。

おすすめの記事