ドコモの料金プラン攻勢…狙い目は「はじめてスマホプラン」

月間データ量は1GB、5分以内の国内無料通話付き!月額1650円で利用できるドコモの新料金プラン「はじめてスマホプラン」のお得度

NTTドコモは、3G契約から4G・5G契約へ移行するユーザーが、月額1,650円(割引適用前)で4G・5G契約できる料金プラン「はじめてスマホプラン」を2021年4月1日から提供開始します。

乗り換え条件

本プランは、FOMAからの契約変更、および他社3G回線から乗りかえ(MNPポートイン)をする際に申し込み可能。

割引適用前の月額料金は1,650円。「dカードお支払割」および「はじめてスマホ割」を適用すると1年目月額980円、2年目以降は月額1,480円で利用できます。

月間のデータ量は1GBまで利用可能。

1GBを超えて利用する場合、1GBあたり1,000円で利用可能データ量を追加できます。

音声通話は5分間までの国内通話が何度でも無料で利用可能。

月額1,000円で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションも用意します。

キャンペーン期間も

本プランの提供開始にともない、「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」で提供している「はじめてスマホ割」、「ずっとはじめてスマホ割、「おしゃべり割」は、2021年3月31日をもって新規受付を終了します。

また、2020年12月19日から本プラン提供開始前日の2021年3月31日までの期間、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンへ移行したユーザーを対象に、

本プラン相当の利用料金でスマートフォンを利用できる、「はじめてスマホ割」「おしゃべり割」の割引適用期間延長などを行う「先行キャンペーン」を実施します。

2年目以降は1480円

はじめてスマホ割では月額1000円×12カ月間を割り引き、ずっとはじめてスマホ割では月額1000円を永年割り引き、1GB以下なら1年間は月額980円、2年目以降は月額1980円で利用できます。

おしゃべり割では、ずっとはじめてスマホ割と同時に申し込むと、通話オプションが12カ月間700円引きとなり、5分通話無料オプションが実質無料になります。

はじめてスマホプランは、これらの割引サービスを改定したものとなり、2年目以降の料金が500円安い1480円となるのも嬉しいところ。

2020年12月19日から2021年3月31日までも、はじめてスマホプラン相当の割引が受けられるよう、

先行キャンペーンとして、はじめてスマホ割とおしゃべり割の割引期間を2021年3月31日まで延長します。

ネットの声

「データ通信はほとんどしない(ニュース記事の閲覧程度)、通話は短時間でいいから定額。このような用途を望むユーザーは、結構います。私の父親がそうです。全ての人にピッタリなプランだとは思いませんが、1年目980円、2年目以降もずっと1480円というのは、結構需要があるプランだと思います。」

「アハモはオンライン手続きに限定することで若者をターゲットにしているけど、このプランはそこから溢れるであろう中高齢者の新規開拓に力を入れたものとなるな。本気を出してきたドコモ、抜け目がない。」

「主婦に良さそうだけど加入条件が厳しすぎるな。要するに未だに3Gに居残り続けてるユーザーに向けて最終セールなので移行してくださいって事ね。」

実店舗での提供なので中高年層に向けての訴求効果は抜群でしょう。容量をそれほど必要ない層にもうってつけです。

おすすめの記事