出川哲朗「僕はいじられキャラ…いじられて愛があるかどうかは絶対分かる」

出川哲朗が渡辺直美の“容姿侮辱”気持ちを代弁「僕はいじられ芸人筆頭。愛あるかどうか絶対分かる」

アッコにおまかせに出演

お笑いタレント出川哲朗が3月21日、TBSテレビのバラエティー番組「アッコにおまかせ!」に出演。

お笑い芸人・渡辺直美の容姿を侮辱するような、クリエーティブディレクター佐々木宏氏の五輪演出案が明らかになった問題に関して

「直美ちゃんはこの人(佐々木さん)と何の接点もなく、急に名前を出されて愛を感じなかったから怒ったと思う」

と推測しました。

いじりに愛があるかどうかが問題

出川は

「僕なんていじられ芸人の筆頭。『内容を知っていたら断っている』と(渡辺が)動画を出すということは腹立ったんだな(と思う)。いじられる側は、言っている人が愛があるかどうか、絶対、分かる」

と述べ、いじりには関係構築が必要と訴えました。

問題発言で辞任

東京五輪・パラリンピック開閉会式総合統括の佐々木氏は、渡辺が豚の耳をつける「オリンピッグ」というキャラクターを昨年3月のグループLINEで提案。

3月17日の文春オンラインが報じ、佐々木さんは謝罪、18日に辞任しました。

ネットの声

「渡辺直美はとんだとばっちりだよね。11人だけのグループメールでの冗談を一年間も温めておいて森会長辞任の最高のタイミングでここぞとばかりにリークする。悪意が有り過ぎるよ。」

「この佐々木さんはソフトバンクや缶コーヒーのBOSSで有名なんですよね。みんなご存知の通り、「北大路欣也を犬にして、やたらキレさせる」とか「大物ハリウッド俳優を間抜けな感じの宇宙人にする」とか、似たようなアイデアだと思いますよ。で、実際に作られたCMはどうかというと、特に炎上していないわけです。アイデアを出す段階での1年前の内輪話なのに、それを部分的に切り取って報道するのは、やりすぎな気がします。」

「企画でのラフ案で世に出すときにNGにすれば良いだけ!そもそも起用タレントをどう演出するかは、企画段階では自由なはずで、タレントは嫌ならオファーを受けなければいいだけ!リークした人はコンプライアンス、情報漏洩委違反で解雇にもなる事案もあるのでは?」

言い方は悪いですが水着やセミヌードで売っているグラビアアイドルが「私をいやらしい目で見ないで」と言っているような違和感を感じます。



おすすめの記事