できる人はここが違う…会社で評価される仕事ができる人の共通点3つ

仕事を頑張っているつもりでも、思ったように評価されない……と悩んでいる人は少なくありません。

仕事は、頑張った分だけすぐに結果が出るというわけではありません。

また、どんなに頑張っていたとしても、周囲から認められなければ評価してもらうことすら叶いません。

一般的に、どのような人が仕事ができると思われているのでしょうか。

①毎日コツコツ働いてる

「仕事を選り好みせず、毎日コツコツ働いて、少しずつでもきちんと積み上げができている人は評価したいと思っています。『この人ならやり遂げてくれる』という安心感があり、仕事を任せようと思えるからです。
結果がすぐに出なかったとしても、仕事に対するひたむきな姿勢や諦めない熱意を持っているような人は、やがて大きな成果を出すと信じて応援しています」(30代・女性)

②無駄な迷いがない

「無駄な迷いがなく決断が早いが早い人は、その人自身に責任を負う覚悟が見受けられます。また、だからこそ仕事を頑張るという気概を感じ、ビジネスマンとして信用できると思います。
その場で返答できない人や、『持ち帰って上司に確認する』という人は、責任を追いたくないから自分1人で決断できないという人が多数。『私の一存では……』と、どんなにもっともらしい理由を言われても、ガッカリしているのが本音です」(30代・女性)

③無駄に傷付かない

「仕事で失敗したり、誰かに何かを言われただけで無駄に傷付いてしまう人は、たいてい仕事ができません。悲劇のヒロインになることは簡単ですが、同情を買って何とかしてもらおうと思っている時点で甘えでしょう。
仕事ができる人は無駄に傷付かないし、傷付いている暇があったら何かできることを探しています。時間は巻き戻すことができない以上、未来の成功によってでしか現状を変えることはできないのですから」(30代・女性)

仕事は、がむしゃらに頑張ればいいというわけではありません

これらのポイントを参考に、評価される働き方を身に付けたいものですね。

おすすめの記事