クルマの点検修理はどこに出す?ディーラーがいいけどなんであんなに高額??

ディーラーの点検修理はなぜあれだけ高額なのか

車を購入すると必ずかかることになる費用が点検代や故障してしまった時の修理代、そして車検代です。

一般的にこれらの作業はディーラーで行うことができますが、その価格は如何せん高額です。

整備工場などで修理・点検を行えば価格は半額ほどになることもあります。

一体なぜディーラーの価格はそこまで高額なのでしょうか。

今回はその理由と対処法についてお話ししていきます。

ディーラー修理が高額なわけ

新品の部品を使わざるをえない

まずメーカー直営ということで、交換修理する際に新品の部品を使わざるを得ないということ。

一般的な町の修理工場では廃車となった車の中から使えそうな部品を取り出し、中古部品として修理や交換に使用しています。

そのため、修理代は新品の部品を使う時に比べて大幅に安くできるのです。

一方、ディーラーでは中古の部品を使うことは基本的にできません。

それは信頼問題になってくるからということと、メーカーの純正パーツしか使用できないからです。

当然中古の部品は修理する車と同じメーカーが作っているものでない社外品の場合も多くあります。

それでもそこまで性能に大きな差はありません。

しかし、メーカーの直営というところで純正品を使わざるを得ないディーラーの修理代は必然的に高くなってしまうのです。

工賃が高い

次にそもそもの工賃が高いということが挙げられます。

一般的に車を修理する際には部品代と作業するお金ということで工賃がかかります。

この工賃がディーラーの場合は相場に比べるとかなり高いです。ディーラーの整備は非常に時間がかかります。

少しでも傷んでるところや予防交換するべきところはないか徹底的にしらべ、結果的に交換する場所が多くなるからです。

当然時間がかかれば人件費はかかってしまうので工賃は自然と高くなっていきます。

チェックする手間が多い

工賃が高くなる理由のもう一つとして、チェックする手間が多いことが挙げられます。

ディーラーの修理は何人もの整備士によって何重にもチェックされます。

それが安心感につながっているところももちろんあるのですが、お金という意味では当然かさんでしまいます。

この何重ものチェックが必要と考える人以外には余計な出費となってしまうでしょう。

また、交換した後も実際に走らせたりするので、工程が多くなっているのも高くなっている要因です。

中には悪徳なディーラーも?

車の知識がない人に高額な請求も

多くのディーラーは高いとはいえ正規の価格を提示してくれますが、全員が全員信頼できるディーラーだとは限りません。

中には車の知識がない人には相場よりもかなり高い金額を上乗せして請求してくる悪徳なディーラーも存在します。

知識がない人はこんなに維持費がかかるのかと驚きながらも払ってしまうでしょう。

また、変える必要のない部品まで交換するということもあるようです。

ディーラーで買っていない人には手薄い対応

悪徳というほどではないかもしれませんが、ディーラーで買った人と他の業者で買ってディーラーで修理点検している人とを明確に区別するディーラーも存在します。

ディーラーで買ってくれた人には手厚くお世話をするけども、他の業者の人は必要最低限。

さらには重要な連絡も一切してこないということもあるようです。

ディーラー側の気持ちを考えると、多少は差が生まれてしまうのは仕方がないかもしれませんが、

プロとしてどちらの人に対しても丁寧に扱ってくれる方が安心できますし、好感ももてますね。

悪徳なディーラーに対処するには

事前に相場を知っておくことが重要

悪徳なディーラーはまず間違いないと言ってもいいほど車の知識をない人を標的にしてきます。

しかし、車の知識がない人がいきなり車のことを学び始めるというのも興味のない人にとってはなかなか厳しいでしょう。

そこで、せめてもの事前知識として修理点検の相場価格を知っておくことが大切になってきます。

あまりに高いと感じたら口にだして言いましょう。

そうすれば値下げしてくることもあります。

ではどのように相場の価格を知ればいいのか、単にネットで調べるのももちろんありですが、

実際にプロの車屋さんや一般の人にもネットで相談できるサイトがありますのでそちらを使うのもおすすめです。

おすすめの記事