電気料金が年間で千円値上げ…再生可能エネルギー普及のためっていうけど

電気料金1000円超値上げ 再生可能エネルギー普及へ

太陽光や風力など、再生可能エネルギーの普及のため、家庭の電気料金に上乗せされる負担額が、2021年度は1,000円以上値上がりして、初めて年間1万円を超えることになります。

再生可能エネルギーは国民が負担

再生可能エネルギーから作られた電力は、大手電力会社が買い取り、その費用の多くが電気料金に上乗せされて国民が負担する仕組みとなっています。

年間の負担額が値上がり

経済産業省によると、2021年度の買い取り費用は、全体でおよそ3兆8,000億円。

標準的な家庭の場合、年間の負担額は1,188円値上がりし、1万476円となり、初めて1万円を超えます。

今後も拡大方針

政府は、再生可能エネルギーの導入を拡大していく方針で、今後、国民負担が増加する可能性もあります。

ネットの声

「太陽光を持っている金持ちの電気代を貧乏人が払うシステムは絶対におかしい。」

「海外の企業がメガソーラー作って、その儲けにお金を払うことが納得できない。国内企業に限定するべき。」

「それより、大事故起こして、救済費用を税金で賄わせている、東京電力の給料を公務員並みに下げるべきだ。」

広く浅くの負担感なのですが、逃げ場がないだけにやるせないですね。

おすすめの記事