今年の夏は、新型コロナウイルスの影響で、なかなか旅行などにも出かけられず…。

テレワークなどで、インドア派ではなくても、家のなかで過ごす時間が増えるのではないでしょうか。

そこで気になるのは、エアコンの電気代のこと。

家族が家にいる時間が増えれば、光熱費が増すのは当然。

そこで、コロナ禍でもできるエアコン代の節約方法についてご紹介します。

電力会社を切り替える

夏に、最も電気を消費するのはエアコンで、電気代の約半分を占めると言われています。

しかし、電気代の心配から暑さを我慢しすぎると、熱中症の心配もあります。

そこで、節約のためにエアコンを我慢したりする前に、今使っている電力会社を見直してみませんか?

電力の自由化で、新しい電力会社が、いろいろなサービスを開始しています。

大手電力会社を使っている場合には、新しい電力会社に切り替えるだけで、電気代を節約できる可能性があります。

電気代を節約したいと考えているなら、自分に合った電力会社を見つけてみてはいかがでしょうか。

手続きは簡単

電力会社を切り替える手続きは簡単です。

工事は不要ですし、検針票を見ながらWebで変更できます。

停電リスク

同じ送電線を使うので、停電のリスクが増加することはありません。

特典あり

料金が安い電力会社を自由に選べるようになっただけではありません。

切り替えるだけで特典がもらえたり、ポイントが貯まる会社など。

さまざまなサービスや特典を提供している会社もあります。

エコ

多くの新しい電力会社が、二酸化炭素を出さない自然エネルギーを使った電気の提供をしています。

そういった電力会社を選べば、今までよりも電気料金が安くなる可能性があります。

さらに、家庭から出るCO2も減らすことができます。

電気を地球に優しいものに切り替えるだけで、環境に配慮した生活ができます。

こまめに消さないこと

今年の夏は、新型コロナウイルスの感染予防のために、エアコン使用時でも、定期的に窓を開けて換気をする必要がありそうです。

エアコンが電力を使うのは、室内の温度を設定温度まで下げる時。

こまめにスイッチを入れたり切ったりすると、その度に電力がかかり電気代がかさみます。

換気中には、エアコンをつけっぱなしにしておいたほうが、電気代を抑えることができます。

まとめ

コロナ禍でもできるエアコン代の節約方法についてご紹介しました。

電力会社を見直すことや、こまめにエアコンを入れたり消したりしないことなど、簡単なものばかりです。

今回ご紹介した節約法は、電気代の節約だけでなく、環境にも配慮されますのでぜひ実践してみてください。

おすすめの記事