ダイエットには有酸素運動よりも筋トレがオススメ

ダイエットにはエアロバイクよりもウェイトトレーニングがおすすめ

ウェイトリフティングは体を筋肉隆々にしてしまうという説があるが、脂肪を燃焼させるには最適な方法です。

デッドリフトやスクワットなどの多関節運動は、全身を鍛えることができ、新陳代謝も活発になるのです。

パーソナルトレーナーは、何時間もの有酸素運動の代わりにウェイトリフティングをルーティンに加えることを推奨しています。

脂肪を燃焼させたいなら…

脂肪を燃焼させたいなら、エアロバイクの代わりにウェイトトレーニングを取り入れましょう。

トレーナーによると、筋力トレーニングは有酸素運動を単独で行うよりも効率的に運動能力を高めることができるそう(筋力トレーニングは自動的に筋肉を肥大させるわけではない)。

ウェイトトレーンングは、全身を鍛え、カロリー消費と筋肉を鍛えることを同時に行うことができます。

体型を変えたい、痩せたい、強くなりたいと思っている人はウェイトトレーンングから始めるといいでしょう。

最良の結果を得るためには、多関節運動(コンパウンド種目)を中心に、ゆっくりと着実な進歩を目指し、新しい習慣をサポートするように食生活にも留意します。

ウェイトトレーニングは、複数の筋肉を一度に鍛え、カロリー消費を最大化できる

ウェイトリフティング、特にダンベル、バーベル、ケトルベルなどのフリーウェイトを使ったトレーニングの利点は、全身を鍛えられることです。

重いウエイトを持ち上げて保持することで、腕だけでなく脚、背中、体幹などが鍛えられます。

TSフィットネス(TS Fitness)の創業者兼CEOであるノアム・タミア(Noam Tamir)は、これらの筋肉群を同時に使用することで大きなカロリー消費につながると、以前Insiderに語っています。

大きな筋肉に注目

デッドリフト(主に背中や下半身を鍛える種目)、スクワット、プレス、オリンピックの重量挙げ(クリーン&ジャーク、スナッチ)などの種目は、大臀筋やハムストリング(太ももの裏側にある筋肉群)などの大きな筋肉を使うため、特に効率的です。



おすすめの記事