お金が必要になったらまずは銀行でお金を借りることを一番に考えたほうがいいでしょう。
銀行などの金融機関の他に消費者金融会社といった貸金業者があるのですが、お金を借りようとしたときに銀行よりも消費者金融会社のほうからお金を借りようと考える人はいません。
それではどうして消費者金融会社から人はお金を借りているのでしょうか。

お金が必要になったらどこで借りる?

その答えは明快で、銀行からお金を借りることができないからです。
お金を借りるにも信用が必要です。
その信用の度合いを属性という言葉で表しているのですが、属性が高いと銀行から融資を受けることができるでしょう。

しかし、属性が低いと銀行から融資を受けることはできません。
属性が高いのは、正社員であるとか他社借入れが一つもないことなどが優先事項として上げられます。
属性が低いのは雇用形態がパートアルバイトの人であり、正社員でも他社借入れが複数あるといった場合は、これも属性が低くなります。

銀行カードローンなどからお金をみんなが借りたがるのは、銀行からの借入れのほうが金利が低いからに他なりません。
さらに世間体の問題も否定できないでしょう。
銀行から借りる、消費者金融会社から借りるというのでは、内容に雲泥の差があると感じられてしまうからです。

属性の問題もあって銀行から誰もが融資を受けることができるわけではありません。
銀行カードローンの審査は厳しいので正社員でも勤続年数が短ければカードローンなどの融資を受けることができないかもしれません。
ましてやブラック状態にある人、多重債務者となっている人は、銀行カードローンの審査にパスすることは不可能と言えます。

そうなると借り入れの申し込みをすることになるのが消費者金融会社ということになります。
銀行で融資を受けることができない人が消費者金融会社にキャッシング融資の申し込みをするということです。
どうしても銀行でお金を借りたいというときは申し込みをする前に融資相談窓口などで掛け合ってみるといいでしょう。

また、消費者金融会社であればどこでも融資を受けることができるというわけではありません。
消費者金融会社にもその業容から3つの消費者金融会社に分けられます。
一つはアコムやプロミスといった全国的な知名度を誇る大手消費者金融会社です。

大手には及ばない業容の消費者金融会社が中小消費者金融会社となります。
そして3つめは街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社です。

銀行でお金を借りることができずに消費者金融会社のカードローンを頼るのであれば、まずは大手消費者金融会社のカードローンに申し込みの手続きをするようにしましょう。
大手消費者金融会社の審査にも落ちてしまうときは、中小消費者金融会社のローンへ申し込み、そこでも審査に通らないときは街金にローンの申し込みをするということになります。

どこも貸してくれないときの属性は?

属性というのはその人の信用度ということになります。
あるいは返済能力といってもいいでしょう。

お金を貸す側としてはもっとも重視したいところです。
そして、融資申込者がどのような借金をしていてきちんと返済しているのかどうかと言うのは金融機関や消費者金融会社ではわからないことが多いです。
そのため個人信用情報機関に加盟して、申込者の与信情報や借り入れ実績などを照会するようにしているのです。

信用情報機関が持っている情報は、借り入れ状況全般です。
細かく言えば、どのクレジットカードでどのような商品を購入してそれについていつ支払ったかなどが詳細に記録されているのです。

貸す側としては、クレジットカードなどで買い物をしてそれについて返済しているといった返済履歴を重視しています。
借りたら返すといったことができている申込者でしたら安心できるのです。
また、信用情報がまっさらという人も中にはいます。

現金主義の人で、クレジットカードを持ってなく全ての支払いを現金で済ますといった人は、信用情報機関に借り入れや返済の情報がまったくありません。
そういった人にお金を貸してもきちんと返済してくれるのか、貸した実績や返済した実績がないのですから判断のしようがありません。
こういった人も審査に通ることができないことが多く、ブラックに対してホワイトと呼ばれているのです。

このことから、まったく借金のない人は、借りやすいというのではなく、ある程度借り入れがあってそれに対してきちんと返済しているというほうが、貸す側としても安心できるのです。
銀行や消費者金融会社は貸し倒れが起きるのと特に警戒します。
銀行などは、預金者からお金を預かっているので特にその傾向が強いのです。

このことから銀行カードローンの融資の審査基準が高いというのも頷けることでしょう。
一方の消費者金融会社は、貸金業者ですから、お金を貸すことでしか収益をあげることはできません。
ですから、属性が低くて多少の返済リスクがあったとしても、ある程度は許容して融資を行っているのです。

これが消費者金融会社の審査基準が銀行よりも低い大きな要因です。
いずれにしても、属性の問題はカードローンや通常のローンの申し込みの際にもっとも大事な要素となります。
パートアルバイトといった属性では銀行カードローンの融資を受けることは難しいと言えるでしょう。

それでも少額融資でしたら勝ち取ることができるかもしれません。
いきなり申し込みを行うのではなく、融資相談窓口で相談するのが得策です。
また、ブラック状態の人は銀行からの融資は望み薄です。

それは大手消費者金融会社でも同じです。
延滞や滞納を繰り返して、あげくには返済不能となった人がブラック状態となるのですが、その人の状況としては債務整理あるいは自己破産ということになります。
さらに、ブラックとはいかないまでも、ブラック予備軍とされているのが多重債務者です。

借金の返済に借金を充てているような状況では、先々で行き詰まってしまうので、行き着く先はブラックということになります。
傷口が広がらないうちに多重債務をおまとめローンなどで早めに解決するようにしたいものです。

どこも貸してくれないときはどうする?

銀行カードローンに申し込みをしても審査落ちとなり、審査スピードの速い大手消費者金融会社に申し込んでも、即審査落ちとなるような状態でしたら、次に頼るのは中小消費者金融会社となります。
中小消費者金融会社といっても、カードローンといった金融商品を持っていて、発行されるローンカードは全国の銀行ATMやコンビニATMで利用できるのです。
そのような大手消費者金融会社にひけをとらない中小消費者金融会社もあります。

もっともそういったところは審査基準が高いので、融資の申し込みをしても審査に通るかどうかは半々くらいでしょうか。
すでに債務整理や自己破産といった状況になっていて、属性がブラックリスト状態になっている人は、融資の審査を通るのは望み薄と言えるでしょう。
それではどうしたらいいのかというと、口コミサイトでブラック状態の人でも借りることができるのかを調べてみるのです。

中にはブラック状態でも借りることができたという書き込みがあります。
正しい情報かどうかは自分で調べるしかないのですが、その人によって属性が違うので、一概に横並びで判断することはできません。
それでも中小消費者金融会社の中でもフタバは審査に通りやすいとして評判の中小消費者金融会社なのです。

このような消費者金融会社は、信用情報機関に加盟していないところが多く、独自審査で申込者の現在の属性のみで審査します。
ですから、会社勤めといった収入があることが条件となっているのです。
ですから、電話による在籍確認をとることができれば融資を受けることができるでしょう。

ただし、独自審査のところは借入金利が高くなる場合が多いので注意が必要です。
もっとも、中小消費者金融会社から街金となると上限金利いっぱいの20%での貸し出しが一般的となっています。

消費者金融会社のローンには総量規制がある

消費者金融会社でお金を借りるにも総量規制の問題があって融資の申し込みを断られることがあります。
これは年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。
年収が300万円の人でしたら100万円まで借りることができて、それ以上は借りることができないのです。

これは消費者金融会社のローンのみが対象で、銀行カードローンは規制対象外となっています。
ですから、消費者金融会社では融資の申し込みを断られて、銀行カードローンの審査には通ったと言う逆転現象も起こっているのです。
もっとも、これはフリーローンと呼ばれる使途自由のローンに適用されるもので、おまとめローンや事業者ローンなどは対象外となっています。

多重債務で毎月の返済に苦しんでいる人は、目指すのはおまとめローンです。
多重債務によって返済日がまちまちだったのが、1回の返済で済むようになります。
そうなると返済口座も一つに集約できます。

おまとめローンにしても返済総額は変わらないという人もいるかもしれません。
しかし、返済口座の一元化、や返済回数が一度で済むというのは、これまでの返済時の労力が緩和されます。
それだけでもおまとめローンをした価値があると実感できることでしょう。

個人間融資で借りるのは?

消費者金融会社では借りることができないとなると、万事休すでしょうか。
実は、他にも手があってネットで評判となっているのが個人間融資掲示板です。
文字通り個人間でのお金の貸し借りとなるのですが、これに業者が介在していて、個人間融資掲示板といいながら、個人対貸金業者といった風情となっているのです。

貸金業者も貸すつもりで参入しているのですから、個人で街金を探すよりも個人間融資掲示板を利用したほうが探す手間が省けて楽に感じることでしょう。
個人間融資ですから、一般の人が相手では恐い面もあるので、個人間融資に業者が介入してくるのは、歓迎の向きがあるのも事実です。
いずれにしても、どこからもお金を借りることができないのですから、個人間融資を利用するのも一つの方法です。

だまされないように細心の注意を払って利用するようにしましょう。

おすすめの記事