まとまったお金が必要なときは銀行か消費者金融会社から借りるのが一番手っ取り早いです。
もちろん後先考えないと、後悔してしまうことになるので、返済するあてがあることが最低条件となるのは間違いありません。

お金をなんとかして調達したい

銀行か消費者金融会社かということになると、金利の低い銀行から借りるのが一番いいでしょう。
返済利息が少なくてすむので、返済が楽なのは間違いないのですが、銀行から借りたほうが世間体がいいというのもあります。
銀行と消費者金融会社を比べると銀行で借りるというのは特に不思議なことではなく、周囲からでもすんなりと受け入れられるでしょう。

銀行から借りることは難しい面もあるので、銀行からお金を借りているというのはある程度の信用が保証されているということにもなるのです。
いっぽうで消費者金融会社の場合は昔のサラ金のイメージがあります。
サラ金というと、厳しい取り立てがあったり、一家離散、夜逃げ、一家心中といった負のイメージがどうしてもつきまとってしまうのです。

今現在の消費者金融会社はそんなことはありませんが、昔からのイメージというのは払拭できるものではありません。
サラ金という言葉は使われなくなって久しいと思っていても、若い世代でもすんなりと使っていることからも、サラ金という言葉は世代を超えて多くの人の心の中に残っているといえます。
ですから、まとまったお金を借りるのでしたら、消費者金融会社よりも銀行のほうがいいのです。

そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをするのですが、これが誰でも借りることができるほど簡単なものではないのです。
というよりも、審査基準が厳しくて誰でも気軽に銀行カードローンを借りるということができません。
銀行カードローンに融資の申し込みをすると審査を受けることになります。

この審査は、銀行がカードローン申込者を審査するのですが、申込者にお金を貸してもきちんと返済してくれるのかといった、返済能力を見るのです。
返済能力や信用度などを計る指標となるのが属性です。
属性が高いとお金が借りやすく、逆に属性が低いとお金が借りにくくなります

銀行カードローンは属性が高いと借りやすいのですが、属性が低いとカードローンが借りにくくなります。
消費者金融会社のカードローンと比べてもわかりやすいくらい審査基準が厳しいのです。

属性の高さを決めるのはさまざまな項目があるのですが、その中でも有力な項目が雇用形態なのです。
雇用形態は正規雇用と非正規雇用に分かれるのですが、正規雇用はいわゆる正社員のことです。
いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員契約社員のことになります。

正規雇用の人のほうが属性が高いのはわかるのですが、理由はもっと違うところにあるのです。
もちろん収入が高いということもあるでしょう。
大きな理由は雇用が会社から保証されているかどうかということです。

正規雇用の人は定年まで雇用が保証されているのです。
終身雇用の崩壊とかリストラといった話も聞きますが、定年までの雇用の保証は会社が認めているところなのです。
いっぽうの非正規雇用の人ですが、こちらにも雇用契約を結ぶのですが、それは有期契約となっています。

3ヵ月とか6ヵ月あるいは1年という期間になるのですが、更新時に会社が更新しなければ雇用契約は結ばれず、退職ということになってしまいます。
これを銀行から見ると収入が安定していないと見られるので、属性が低いということになってしまうのです。
銀行カードローンの審査基準が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった預金ということもあります。

大切な預かり金ですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないということですね。
ですから、リスクを回避するために、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の他に、銀行と提携している保証会社の審査も受けなくてはいけません。
これはあまり公にはなっていないのですが、現在の銀行のローンは銀行の審査だけではなく、保証会社の審査も受けるようになっているのです。

審査は平行で行われるので審査スピード自体は変わりはありません。
保証会社の役割は、カードローン利用者が返済不能になったときです。
そのときに、カードローン利用者に代わって残りの債務全額を保証会社が銀行に支払います。

そして、立て替えた債務残高を改めて、カードローン利用者(債務者)に請求するのです。
このときは、すでに返済不能ということで、債務整理に入っている段階です。
保証会社から請求が来るということで、ここから任意整理に入ることになるのです。

銀行にとってはノーリスクに見えます。
確かに元金は戻ってきたのですが、返済不能以降の返済利息はなくなってしまったので、収益という点を考えるとまったくのノーリスクとはいえないのです。
そして、銀行カードローンについては、デメリットもあります。

というのも即日融資には対応していないのです。
これはどういうことかというと、警察庁のデータベースにアクセスしなくてはいけないのです。
不正融資を防止するためのものなのですが、その照会情報を得るのが当日ではだめで、翌日以降になるのです。

消費者金融会社のカードローンで借りる

銀行カードローンでお金を借りることができなければ、次に頼るのは消費者金融会社のカードローンです。

それでも、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても審査に通ることはできないかもしれません。
それは、属性が低すぎて消費者金融会社のカードローンの審査にも通らなかった…ということではなく、信用情報機関に銀行カードローンの審査に落ちたという情報が記録されていることが原因なのです。

信用情報機関というのは、個人情報を管理するところです。
特にお金の貸し借りについて詳細に記録されています。
ですから、銀行カードローンの審査に落ちたというのも、記録されているのですが、それは金融事故情報として記録されています。

他から見ると、金融事故情報有りということで、審査に通ることはありません。
銀行カードローンの審査に落ちて、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをした場合、審査に落ちたという金融事故情報に触れると、その時点で審査落ちとなってしまいます。
これを俗に申し込みブラックと呼んでいるのです。

ですから、闇雲に融資の申し込みをしないようにしましょう。
大手消費者金融会社のカードローンの魅力はまずは多彩な申し込み方法にあります。
店頭やWEBでの申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができるのが、地味ながらも大手消費者金融会社のS-ビスの良いところといえます。

これはサポート体制に人員の割ける大手消費者金融会社ならではといっていいでしょう。
他にはメガバンクと提携している消費者金融会社でしたら、メガバンク行内の自動契約機からカードローンの申し込みをすることができます。
何気に便利な申し込み方法です。

そして大手消費者金融会社の最大の特徴であり売りとなっているのが、無人契約機です。
全国各地に設置してあり、24時間365日稼働しているものです。
そのため、いつでもカードローンの申し込みができるので便利です。

即日融資にも対応していて、その日の22時までに手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されるので、それを持ってコンビニATMに行ってキャッシングすることができます。
その日のうちに確実にお金を調達したいときは、大手消費者金融会社の即日融資がもっとも確実な手段と考えていいでしょう。

中小消費者金融会社と街金

2,000社近く全国には消費者金融会社があります。
アコムやプロミスなど大手消費者金融会社の知名度が高く、代名詞的な存在になっているのですが、数でいうと大手消費者金融会社は10社もありません。
2,000社近くある、消費者金融会社のほとんどが中小消費者金融会社ともっと小規模な消費者金融会社である街金で占められているのです。

もっとも一般的には知られていない場合が多く、何かしら怖いイメージを持つ人もいるでしょう。
中小消費者金融会社は業容が幅広く、大手並みの業容を誇っている消費者金融会社もあります。
また、法人専門に融資を行っている消費者金融会社もありますし、おまとめローンなどを専門に扱っていて、多重債務者の心の支えになっている消費者金融会社もあります。

また、街金に毛の生えたような中小消費者金融会社もありますし、当の街金は、地域の貸金業者として貸金業を行っているので、世間にPRする必要がなく、ホームページを解説していない街金がほとんどなのです。
それぞれの消費者金融会社が独自色を出しているのが特徴ですが、その中でも独自審査を行っている消費者金融会社について説明します。

独自審査で融資する消費者金融会社

銀行や大手消費者金融会社でしたら、信用情報機関にカードローン申込者の信用情報を照会して、その照会情報から審査の合否を決めるのが一般的です。
しかし、一部の中小消費者金融会社や街金では、信用情報機関に照会しない審査を行っているところもあるのです。
これを独自審査と呼んでいます。

信用情報機関に照会しないのですから、過去のお金の貸借りについては調べようがないので、不問となるのは当然です。
独自審査で重視するのは、現在の属性で、審査方法もシンプルとなっています。
内容は、電話による在籍確認と収入証明書の提出です。

この2点で問題がなければ審査OKとなって融資が行われるのです。
もっとも街金の場合でしたら、融資の相場は10万円程度となっています。
中小消費者金融会社でしたら、もっと多くのお金を借りることができるのですが、独自審査で借りることのできるお金はそれほど多くないので、注意したほうがいいでしょう。

ブラックでも借りれる?

独自審査は、現在働いていればほぼ審査OKというものです。
ですから、ネットの口コミサイトには、ブラックでも借りることができたという投稿をたまに見ることができます。
しかし、ブラックでも借りることができたというだけで、ブラックでも必ず借りることができるというわけではありません。

きちんと働いていないとお金の返済のしようがありませんから、独自審査では特に在籍確認など、働いていることを確実に確認しているのです。

ネットの声

「他社0(銀行系100あり)希望20、年収300の持ち家住宅ローンあり。Webで木曜の19時過ぎに申し込んで、30分で書類アップロードの依頼メールが来て、21時前に審査完了メールが来て50可決、その後Webで申し込みして21時には契約完了。在籍確認も当然ない。簡単すぎる。とにかく簡単。」

「過去にプロミスを任意整理して完済。3年たって事故ありで落ちると思いながらも申し込み。10万可決で、半年で50万まで増枠。任意整理したとこ全て返したし、今はプロミスだけだから増枠も向こうから進んでしてくれました。プロミスだけというよりは、事故ありだからプロミスしか貸してくれなかった状態なんだけどね(笑)」

「希望満額ではなかったですが、申し込みブラックでも通りました!これでなんとかギリギリ助かりそうです!」

おすすめの記事