新型コロナウイルスの院内感染が全国各地で問題になる中、プレハブ工法のドームハウスが医療機関から注目されています。

車2台分のスペースに1時間半ほどで設営できるといい、すでに東京の病院や山梨県の診療所が隔離スペースとして導入したということです。

イージードームハウスとは

「イージードームハウス」は直径3.3メートル、高さ2.6メートルの球形をしています。

外壁は高密度ポリエチレン製のパネルで雨に強く、防音性や保温性も優れています。

内部は4畳半ほどの広さで、患者のベッドや医療機器を入れても余裕があるのが特徴。

入り口2ヵ所と窓3ヵ所が標準ですが、扉を追加して通気性を高めることもできます。

駐車場などに設置し、すぐに撤去できるのも大きなメリットです。

値段もそこそこ?

1基79万円(消費税・配送料別)で、輸入車・自動車用品販売会社「ホワイトハウス」(本社・名古屋市、木村文夫社長)の子会社「TCL」が昨年11月から販売しています。

当初は主に災害時の仮設住宅を想定していたということですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今年2月末ごろから医療機関から問い合わせが相次ぐようになったということです。

すでに導入した病院や診療所は、「発熱外来」を訪れた患者を他の患者と接触させずに検査・診療するスペースとして使っています。

メンテナンスも容易

「ホワイトハウス」広報・マーケティング部の谷川伸一部長は「ドームは丸洗いでき、建築確認申請も不要。医療崩壊を防ぐためにも活用してほしい」と話します。

水害や震災などが重なり、避難所などで集団感染が発生しないよう、自治体などにも導入を働きかけたいという。

問い合わせは「ホワイトハウス」(0561-37-5440)。

ネットの反応

「キャンピングカーとか、トレーラーハウスとか工事現場とかで使われている仮設事務所みたいなのを活用してもいいと思います」

「震災の仮設住宅で使ってたプレハブ使えるかも!と思ったけれど、さすがに昨年あたり、もう全部撤去した後だもんな、、、。震災時避難場で使える丈夫なダンボールのベッドや、ついたてを作った会社のニュースを見て、これはプライバシーを守るのに役に立つなあと思ったけれど、今後は、設置が容易な小さな検査室が必要ですね。例えば、遊園地にあるフワフワバルーンみたいなものや、折り紙みたいにパタパタ折って作れるようなものなど。いろんなアイデアや技術のある企業さんが開発してくれるようになるといいな。」

「これも閃きは実現できるという証明かな。何でもやればできるんだな。ムーンショット計画というものがあって内閣府のHPで公表されてるんだけどまだあんまり周知されてないみたいだけど、これから急速に実現していくのかな。新しい色んなものができていくのを最近感じます。」

感染した人をいかに隔離して感染を抑えていくかが大切ですね。

おすすめの記事