もうそのドラテクは時代遅れらしいよ…効果ゼロどころかマイナスに…

「効果ゼロ」どころかむしろ「マイナス」! 時代遅れのドラテク4選

昔は誰もが使っていた定番のドライビングテクニック。

そのなかにはクルマや部品の性能が進化したせいで、使う意味がなくなってしまったモノも少なくありません。

昔を懐かしみつつ代表的な『消えたドラテク』をご紹介します。

ブレーキのポンピング

クルマの進化にもっとも影響したといえるのは、ブレーキのペダルを何度も踏み直す『ポンピングブレーキ』でしょう。

ブレーキがロックしてコントロール不能になるのを避けるため、踏力をいったん緩めてロックを解除させるためのテクニックです。

消えた原因は誰もが想像できるとおりABSの登場。

しかし初期は制御のタイミングなどが今ひとつで、特にスポーツ走行ではほとんど使えないとされていました。

特に上級者のポンピングブレーキは『人間ABS』とも呼ばれ、サーキットを走るときはABSのヒューズを抜き、

あえて作動させないようにしていた人が大半だったのです。

そんな特殊なケースもABSが進化するにつれて減り、今はレーシングカーですらABSを使うのが当たり前となりました。

ABSが装備されていない旧車などごく一部を除き、ポンピングブレーキを使う意味はなくなったといっていいでしょう。

ステアリング操作の「ソーイング」と「内掛け」

続いてはステアリング操作にまつわるドラテクを2つ。

まずは『ソーイング』と呼ばれる、ステアリングを小刻みに切る動作。

ウェットや未舗装といったグリップの低い路面で、タイヤの限界を探るために有効とされていましたが、

コンパウンドの性能やサイドウォールの剛性が上がったタイヤでは、あまり意味がないどころか逆にクルマの姿勢が不安定になってしまうことも。

テールが流れてカウンターを当てるようなケースは別として、コーナリング中にステアリングの舵角は修正しないほうがいいでしょう。

ステアリングを逆手で握る『内掛けハンドル』も、パワステがない時代に力を入れやすく、イッキに大きく切れるとの理由で定番だった操作です。

もっとも昔からスポーツ走行ではNGと言われていて、内掛けハンドルを使うのは街乗りメインのドライバーが大半だったのです。

ダメだとされる理由は回している途中で止めたり、微調整が通常の持ち方に比べてしにくい点。

さらに逆手にすると肩や背中がシートの背もたれから離れがちになり、正しいドライビングポジションが維持できないのです。

『内掛けハンドル』が消えたきっかけは最初に書いたとおりパワステの普及ですが、現在も高齢者や大型車のドライバーで内掛けしている人をたまに見かけます。

街乗りなら弊害はさほど大きくないのかもしれmなせんが、サーキットでは百害あって一利なしの操作です。

クルマの挙動操作のタックイン

次はFF使いが必ずマスターするべきテクニックとも言われた、急激なアクセルオフでリヤを動かして姿勢を変える『タックイン』。

昔のFF車はアンダーステアが強くサーキット走行で強い武器となったのですが、急に姿勢を変化させればスピンの確率が上がるのは自明の理でした。

最近のクルマはスタビリティが高くタックインしようとしても、急にノーズがイン側を向くことは少なく4輪をシッカリ接地させて曲がったほうが安全で速いのです。

エンジン回転数操作のダブルクラッチ

最後は『ダブルクラッチ』と呼ばれる、シフトチェンジの際に用いたテクニック。

手順としてはクラッチを切ってシフトレバーをニュートラルの位置に動かしたら、

いったんクラッチを繋いでアクセルを吹かしてエンジンの回転を合わせ、再びクラッチを切ってギヤを入れて繋ぎます。

マニュアルのミッションにシンクロ機構がなかった時代には有効で、ギヤの入りがよくなりシフトミスを減らすこともできたのですが、

シンクロ機構が採用されてからのミッションでは不要となりました。

硬いミッションオイルを使ったクルマでエンジンを始動した直後など、ごく稀にダブルクラッチを使うシチュエーションはあるものの、

一般的には『消えたドライビングテクニック』と呼んで差し支えないでしょう。

ネットの声

「右左折する時に、曲がりたい方向とは逆にハンドルを切り大回りで曲がろうとする運転の仕方はとても危険ですし、周りに迷惑となるのでやめて頂きたい!」

「内掛けなんて昔からNGって言われてたけどな?
パワステじゃなくても、車が動いてればそんなに重くは感じなかった。
やってる人は多かったけどな。」

「タックインはリアを動かす為じゃなくてフロントをインに向かせる為じゃない?
フロントが切れ込んだ結果としてリアが流れる事は有るけども」

内掛けはパワステではない昔の重いハンドリングのときは有効でしたね。

おすすめの記事