泥はね運転も立派な道路交通法違反!立件が難しいけどね

「泥はね運転」は道路交通法違反 雨の日は細心の注意を。

梅雨の時期は、なにかと雨がつきもの。

運転も注意を払って走行していますか?

雨の日は、車や自転車の「泥はね運転」に注意が必要です。

歩行者の衣服を台無しにしてしまうだけではなく、運転者には罰金が課せられてしまいます。

「泥はね運転」という反則行為で罰金も

「泥はね運転」は、実は道路交通法の違反行為です。

道路交通法71条1号

「ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。」

違反点数はつきませんが、反則金が課せられます。

  • 大型車:7,000円
  • 普通車・二輪車:6,000円
  • 原付:5,000円

また、社名の入った営業車などを運転していた場合、会社に対するイメージをも低下させることにもなりかねません。

雨の日には普段より速度を落として運転することはもちろん、

特に水たまりやぬかるみのある場所の走行時は徐行するなど、泥はねに十分な注意が必要です。

民事上の損害賠償責任も

歩行者の衣類を汚した場合には、民事上の損害賠償責任を問われることもあります。

ただ、運転手が泥水をかけたことに気づかない、また気づいていてもそのまま走り去ってしまう場合が多いのが難点。

歩行者も突然のことで車両のナンバーといった車や運転者を特定できる情報を把握しづらいことなどもあります。

泥はねによって衣服などが汚れたことを証明するのは実際には困難です。

歩行者も防水対策を

歩行者は、可能な範囲で車道から離れたところを歩いたり、

外出前に服や靴などに防水スプレーをしておいたりするなど自衛策を講じるのがオススメです。

もちろん運転者も歩行者のことを気遣ったスマートな運転を心がけたいものです。

ネットの声

「雨の日、外で歩く際は撮影装置(スマホ含)を片手に泥をかけられたら、即相手車両を写真に納めましょう。そして自分のかかった部分も撮影し、その後少しだけ離れた安全な場所で、泥をかけられた所を動画で撮影し、別の車両が通過した際の泥の飛び具合を確認しましょう。そこまで出来たら警察に通報するだけです。面倒そうに対応する警官が来ますので、最初から動画を撮り対応も記録しておきましょう。」

「現実的に田舎道の夜間は正直厳しいときがる。まず歩行者が反射板つけてないと発見が遅れるし水たまりも見えないし知っている道でないとどれくらい溜まっているかもわからない。人に気づいたときはかなり減速(10キロ以下)しても不安。この法律を本当に100%厳守となると降雨時は運転控えるしかない。」

「私は人の少ない国道を日常的に歩いていて、水溜まりがあっても減速しない車に辟易している。歩行者側で避けるしかない。車道に水溜まりがあったら、その横は、自動車がいない時に通るのだ。最近、アスファルトが進歩して水溜まりは少なくなったが、2km歩けば何か所もある。道交法違反だろうと、罰金があろうと、泥をはねた車を訴えることは難しい。ナンバーを見ることすら難しい。ビデオでも録りながら歩けというのか。それに、「違反点数はつきません」って酷くない?そんなに軽い罪なの?」

歩行者優先が原則なので、違反点数付けるなりの対策が必要ですね。

実際に泥はね運転を立件するのは不可能と思います。

おすすめの記事