たまにある「ドシンと着陸」にもちゃんと意味があった…ANAパイロットに聞いたよ

旅客機に乗っていると、「本当に接地したのか」と思うような衝撃が非常に少ないときもある一方で、着陸時「ドシン」と衝撃が強くかかるケースがあります。

ごくまれにそれに驚いて声を上げる乗客も。

積雪時や凍結時の着陸は「しっかり」がベスト

一般的には「着陸は衝撃が少ない方がグッド=操縦がうまい」と考えてしまいそうですが、現役のANAのパイロットによると必ずしもそうとは言えないそうです。

「お客様の感覚では衝撃の少ないほうが良い着陸と思われるかもしれませんが、滑走路が凍結していたり、積雪があったりするときには、あえて接地点を延ばさずに少ししっかり目に接地させます。その時はスムーズというよりも、”ドン”と感じるくらいの衝撃で着陸させるほうがベターです。パイロットは状況に応じて、どの程度の強さで機体を地面に接地させるかを考えて操縦しています」(ANAのパイロット)

あえて「しっかり目に着陸」しているとのことですが、これにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

しっかり目に着陸するメリットとは

ANAのパイロットいわく、積雪や凍結している際、滑走路へ強固に機体を接地させるのは「路面の雪氷で停止距離が長くなることで、滑走路でオーバーランすることを防ぐため」という目的からだそう。

できる限り早くスポイラー(主翼上で立ち上がる抵抗装置)を立ち上げて制動させることが重要といいます。

「接地がスムーズ過ぎると、機体センサーが地上に降りたことを認識するのがわずかに遅れ、スポイラーの展開や逆噴射装置(エンジンの噴射方向を変えることで減速を図る装置)の作動がそのぶん遅れることがあります。
通常、着陸後の制動にはスポイラー、逆噴射装置、タイヤのブレーキ、機体そのものの抵抗が大きな効果を発揮しますが、
滑りやすい路面ではスポイラーと逆噴射装置の効きがとくに重要なので、それらのシステムを少しでも早く作動させることが肝心です」(ANAのパイロット)

短い滑走路や追い風のときも

ちなみに同パイロットによると、降雪時だけでなく、短い滑走路や追い風のときなども「しっかり目に着陸」を実施するケースが多いといいます。

ネットの声

「飛行機大好き、何度も経験しましたが私も最初は下手っぴなんだと思ってましたが、ちゃんとした理由があったとテレビでみました。着陸するのに、少しでも多く滑走路の距離を取る為だとか。早く安心して飛行機に乗りたいです」

「映画ハッピーフライトで機長昇格試験のコパイに教官のキャプテンがどういう着陸が良い着陸だと思うか?って質問するが、コパイはお茶を濁した回答をする。クライマックスで台風の後の横風が強く滑走路はグルービングの問題で滑りやすいという状況で、ドスンとつけて強めにブレーキングとつぶやいて見事に回答を出していたのを思い出す。」

「速度を落とす為にあえてドシンと着陸すると聞いたことあったが本当だったか。機体やギアに損傷出ないレベルでやらないといけないし、衝撃控えめよりも難しいかもね。」

最善を尽くすのがパイロットの仕事…乗客も最大限の信頼を置きたいです。

おすすめの記事