テレビ番組で判明…蛭子さんレビー小体病とアルツハイマーの合併症

漫画家でタレントの蛭子能収(72)が、レビー小体病とアルツハイマーの合併症を患っていることが7月9日に分かりました。

同日放送のテレビ東京系医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所」で明らかにされたのです。

奥さんとマネージャーが相談

記憶力低下を心配した蛭子さんの妻とマネジャーが同番組に相談。

認知症治療の専門病院で検査を実施しました。

簡単な計算ができず、物忘れや幻視などの症状から合併症と診断されたのです。

レビー小体病とは、アルツハイマー型に次いで多い認知症の一つ。

脳血管性認知症と合わせて“三大認知症”と呼ばれています。

脳の神経細胞にできたタンパク質の塊が神経細胞を傷つけ、認知症につながってしまうのです。

すでに認知症が始まっているという現実を突きつけられるも、

医師からはレビー小体病に効く薬で無理のない範囲で仕事をしても問題ないと説明を受けました。

今後について蛭子は「できなくなったらしょうがないけど、できる間はずっと続けていきたい」と現役を誓っていました。

自身のTwitterでも報告しています。

モト冬樹もブログ更新

タレントのモト冬樹が10日、ブログを更新。

「やっばりと思ってしまった」と思い当たることがあったと投稿したのです。

モト冬樹は

「蛭子能収さんがテレビ東京系の番組中 主治医が見つかる診療所で レビー小体病と アルツハイマーの合併症を患っていることがわかった」と経緯を記しました。

「俺もこの番組には大変お世話になっていて、いろんな疾患を発見してもらったりした」と自身も出演したことを記したのです。

治療による改善を

モト冬樹は「この蛭子さんのニュースを聞いて やっばりと思ってしまった俺 去年 蛭子さんとご一緒させていただいた時けっこうおかしかったんだよね」と心配していたというのです。

「確かに蛭子さんはああいうキャラなんで わかりにくいことはわかりにくいんだけど それにしてもボーッとしすぎていて笑えなかったなぁ」と振り返っていました。

「ずっと心配していたんだけど やはり認知症だったんだね でもこうやって診断されたので本人が自覚もできるし治療もできる 大好きな蛭子能収さん まだまだ頑張ってくださいね」

と治療による改善を願っていました。

ネットの声

「父親がパーキンソン病でレビー小体病でした。人が変わったような状況になる時があって、幻覚から本人が110番通報してしまったり色々大変な事がありました。同居の御家族は大変だと思います。病状が悪化しない事を願うばかりです。お大事に。」

「軽重はわからないけど...認知症にいいイメージを抱く人はほとんどいないから、診断にショックを受けたと思う。でも診断を受けたから、原因がわかったし、今後病状進行延滞のための適切な治療が受けられる。」

「バス旅は引退して正解でしたね。太川さんも色々攻め立てたことを後悔しているでしょう。これからはゆっくり休んで静養してください。」

出演番組を見てて、「大丈夫かな?」なんて思うときがありました。

やっぱり以前から徴候的なものは出ていたのでしょうね。

おすすめの記事