エガちゃん…被災地救援の秘話とは…コストコに相談したらしいよ

江頭2:50、「被災地救援」秘話明かす 物不足の中、コストコに相談すると...視聴者は感動

お笑いタレントの江頭2:50さんが2020年11月6日、自身のYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」を更新。

人生で2回目の大型スーパー「コストコ」に挑戦しました。

前回となる「1回目」はなんと、2011年の東日本大震災で救援物資を調達した日。

動画で語ったその詳細が反響を呼んでいます。

「持てるだけ持って行ってください」

今回投稿されたのは「震災でお世話になったコストコで爆買い」という動画。

2011年に震災と原発事故で孤立状態にあった福島県いわき市に救援物資を自ら届けた際、

大量の物資を快く調達させてくれたのが、このコストコであったことを告白したエガちゃん。

あれが人生初の訪問であったと振り返ったのです。

当時、NHKのニュースで福島の老人ホームに物資が届かず困っている人たちがいると知ります。

そのとき「ふざけんじゃねえ!」と怒りを感じたそう。

「今被災地に行けるのは俺しかいない」と思い、2トントラックを知り合いから借りたと振り返りました。

震災からまだ10日ほど。

被災地以外でも物流も不安定だった中、快く物資調達をさせてくれたのがコストコだったというのです。

江頭さんが「商品を大量に購入させてほしい」と電話を入れたところ、店の責任者は

「持てるだけ持って行ってください。お金は必要ですけど、(必要なものは)全部渡しますから」

と回答。

そのおかげで水や食糧、そして大量の日用品を持参できたとのことです。

「お世話になった」と恩義を感じるエガちゃん。

「コストコはいいとこ!だから今日はそこに行く」と、意気揚々に出発しました。

コストコの買い物を堪能

買い物終了後、大量の商品をカメラの前に並べた江頭さんは「買いたくないもんまで買っちゃったね!」と笑顔を見せながら

「昔はやっぱ震災で助けなきゃって思いがあったからそのための商品を探していた。今回は余裕があったから色んなもん見れて、全部入れちゃって!」と興奮気味に解説。

是非買いたいと思っていた冷凍ピザをはじめ、冷凍生餃子、寿司、パン、などの食品から紙ナプキン、

偶然見つけたニンニクのスナック、必需品であるハーゲンダッツなど、ついつい買いすぎる「コストコ商法」を紹介しています。

コメント欄には感謝の声が

この投稿を受け、コメント欄には、福島在住の方から改めて感謝が多数寄せられたほか、

  • 「エガちゃんの決意と行動力・人柄があったからこそできたこと」
  • 「これからもこの伝説は頭のおかしいファンの一人として忘れない」
  • 「これが本当に人の為になる買い占め」
  • 「何回聞いても泣く」

など、好評の声が文字通り殺到している。

ネットの声

「物資を届けて江頭さんですか?ってバレたら「あ!バイトの時間だ!」って颯爽と去っていったの本当男前だなと思った。
動画で言ってるけどトラックも知人から借りてツテを頼って頼って手に入れて…って、個人でこんな事なかなかできないし本当すごい方だなと。」

「こういうこと言うと『営業妨害』と本人は怒るかもしれないけど、被災地でボランティアしてた自分から見たら
人間の鑑だと思う。この人こそ本物のスーパーボランティア。」

「エガちゃんの人柄や行動力、コストコの店長さん、トラックを貸してくれた人、ツテを繋いでくれた人…素敵だと思います。何かしたいけど、何をすればいいか、何ができるかって考えるだけで行動にうつすのはなかなかできない。即実践したエガちゃんってスゴいなぁと思った。こういう時の、俺が!俺が!はカッコいい。」

優しさあふれるエピソードです。エガちゃんねるは毎回面白いですね。

おすすめの記事