エガちゃんあるある!黒タイツの秘密と手話で笑える!

現在YouTuberとしても大活躍のお笑いタレント・江頭2:50のトレードマークといえば黒タイツ。

その黒のタイツがフィギュア用であることが11日、TBS系情報番組「サタデープラス」で明かされました。

それとエガちゃんを手話で表現する方法がおもしろいんです。

エガちゃん御用達の黒タイツ

この日はフィギュアを特集。

バレエのレオタードや衣装でも有名なチャコット店舗で、フィギュア衣装を扱う新宿店を紹介したのです。

すると黒のタイツを取り出した店員が、

「江頭さんが、よく買われていきます。この黒タイツはかなり強度があって、横や縦に延びても破れないんです」

と実際に力強く引っ張ってみせました。

この耐久性が、江頭のハードな動きにもピッタリだというのです。

江頭自身も、以前自身のチャンネルで、愛用の黒タイツについて

「20本ぐらい。『Chacott』(チャコット)製。バレエ専門店。じゃないと、こんなに伸びないよ!」と感謝。

また忘れたときのために、マネジャーにも予備を持たせていることも明かしていた。

MCを務める関ジャニ∞・丸山隆平は「まさかエガちゃんが!」とバレエやフィギュアの商品を愛用していたことに爆笑。

江頭がタイツに手を突っ込む「ドーン」の手の動きを顔の横で真似た小島瑠璃子も「まさか『ドーン』にも対応してるなんて」と驚きを隠せなかったようです。

チャコットは日本のバレエやダンス、フィギュアの用品の老舗。

1950年にトゥシューズを手がけたことをきっかけに、レオタードなどの衣装などバレエ用品を幅広く扱っています。

渋谷の街頭ビジョンで放映

2月にYouTubeチャンネル「エガちゃんねる EGA-CHANNEL」を開設した江頭2:50。

チャンネル登録者は9日間で100万人を突破し、国内歴代2位のペースで増えているとのこと。

現在の登録者数は約197万人。4月1日には新型コロナウイルスに関する動画「江頭2:50が物申す!」を投稿し、現在200万回以上再生されています。

渋谷交差点などの大型ビジョンを運営する企業は、新型コロナウイルスの収束へ向け、若者らに外出を控えるメッセージを伝えるべく、本来は数百万円かかる広告枠を江頭2:50に無償で提供。

急遽再編集した動画を9:00から24:00までの間、1時間に8回放映しています。

オファーを受けた江頭2:50とスタッフらは、「微力ですが、コロナ収束に少しでも役に立てば、僕らも本望です」とそれに応じたということです。

エガちゃんを手話で表現すると…

笑わせようとしていないだけ逆に面白い。

志村けんのアイーンもよかったけど、これも秀逸です。わからない人はいないでしょう。

誰もすぐにがわかるのは芸人冥利に尽きますね。

ネットの反応

「手話わかんないけど…両手降ろして頭ピョコンってしたのが「江頭さん」ってのはわかったw」

「彼女の給料を倍にしてくれ。」

「スラッとしていて綺麗な方ですね。というか、手話って表情込みでの伝達方法なのですね。勉強になりました。」

一瞬でこの人ってわかるのがすごいんですよ。さすがエガちゃん!

おすすめの記事