エガちゃんねるが面白い!ダルビッシュとのコラボもあるかも!?

YouTubeのチャンネル開設から100万人突破まで国内2位のペースで増加した登録者数(1位は嵐)は、4月15日に200万人を突破。

ダブルミリオンも達成した『エガちゃんねる EGA-CHANNEL』の快進撃が止まりません。

江頭と言えば、日経エンタテインメント!の「嫌いな芸人ランキング」で9年連続1位(2002~10年)になるなど、嫌われ芸人の代表格でした。

それが今や国内屈指の人気YouTuberへとその肩書きを大きく変えたのです。

そもそも芸歴32年の大ベテランが、なぜYouTubeに挑戦しようと思ったのか。

表現の場を失って

「俺が出てた『「ぷっ」すま』『めちゃイケ』が全部終わっちゃったんだよ。だけど人間、すべてを失ってからが面白い。だから、俺はYouTubeに懸けることにしたんだ。好きなことがやれるって聞いたし、世界中の人にも見てもらえるって聞いたからさ。最初はYouTubeって何なのか、何にも分かってなかったけどな。
しかし頭おかしい奴らが200万人もいるんだな。俺、嫌いな芸人ナンバー1だぜ? YouTubeってすごいなって思ったよ」

『「ぷっ」すま』『めちゃ×2イケてるッ!』という、平成の笑いを作ってきた番組が20年を超える歴史に幕を下ろしたのは2018年3月。

その両番組にことあるごとに出演し、「1クールのレギュラーより、1回の伝説を」という自身のスローガンを実践してきた江頭が表現の場を失ったのです。

そして、たどり着いた先がYouTubeだったというわけですね。

初回は、お尻に突き刺した筆で番組名『エガちゃんねる』を書き切る「お尻書道」を配信。

鮮烈デビューには違いなかったものの、広告審査には落選したのです。

その後、審査を通る企画もそろえるのですが、初回から“不適切”と判断されるあたりはさすがエガちゃんの面目躍如といったところでしょう。

視聴者は大半が男性

「そもそもYouTubeが乳首NGだとは思ってもみなかった。初回収録前日にそれを知って、急遽ガムテープで隠すことにしたんだが、あれ、毎回はがすの、すげー痛いんだよぉ…。
お尻から粉を吹く「バンクシー」ならぬ「バンク尻ー」というのもやってみたんだが、また広告審査に落ちた。俺がやりたいことをやると審査に落ちるんだよ!
2回目に配信した「ペットボトルロケットを股間でキャッチする」って企画も、手応えはあったのに審査は通らなかった。そしてこういうネタは女子には全然人気がない! このチャンネルの視聴者、ほとんど男らしいぜ。
テレビより自由じゃない部分はたまにあるんだけど、「お尻3部作」みたいなネタはテレビじゃそもそもやらせてもらえないじゃん。それがやれるってことはすごいぜ。 1円も入ってこないけどな!」

お笑い界ではこのところ、人気YouTuberとなったカジサック(キングコング・梶原)に続けとばかりに、若手からベテランまで多くの芸人がYouTubeに参戦。

東京03は今や中高生の間でアイドル的存在になっており、

闇営業問題で活動を自粛していたロンドンブーツ1号2号の田村亮は相方・田村淳と『ロンブーチャンネル』を開設、

芸能活動を復帰させたのは記憶に新しいところです。

そのようななかにあっても『エガちゃんねる』の話題度、人気度は群を抜いているのです。

「この前、ユースケ(・サンタマリア)から電話がきて、全部見てるって言ってた。うれしいねー。あと、いろんな人から『おめでとう』って言われるね。おじさんばっかりだけどな。お店の女の子からは相変わらずモテない…どうなってんだよ!?
ダルビッシュがツイッターでコメントしてくれたり、この前は『T.エガ.Revolution』ってネタやったんだけど、そしたら本家(西川貴教)が反応してくれたり、そういうのもうれしいぜ。ダルビッシュ、コラボしようぜ! 俺のキンタマを握って、変化球の投げ方、教えてくれよ!
反響と言えば、コメント欄で意外と多くて困るのは、ちょっと過激なことをすると、みんな俺の体を心配すること。『エガちゃん、心配だから危険なことはしないで~』って、それは営業妨害だぜ(笑)。こっちは笑ってほしくてやってんのに、心配しないでくれよな。ケガしてたら配信してないから、配信してるってことは大丈夫なんだよ。実際、過激すぎてお蔵入りしたやつもあるんだから」

エガちゃんのラブコールにダルビッシュが応えたよ!

ダルビッシュ有

「金◯握って変化球教えるのは全然いいんですが、自分のスライダーの握りは強いですし、かなりひねりますが大丈夫ですかね?」

とツイートを行っていました。

これにはネット民からも

  • 「江頭250km/h」
  • 「2個あるから平気やろ()」
  • 「スライダーがオリジナル変化球『ゴールデンボール』に変わるイベントかな」
  • 「これが本当の”身をもって体感する”ってやつですね」
  • 「球種じゃなくて急所だった」

などなど、さまざまな返信が寄せられていたようです。

もちろん、エガちゃんもリツイートしていましたよ。

ネットの声

「だるびっしゅ…あんなこと言ったらエガちゃんほんとにやるで…」

「エガちゃん大喜びしてるはず」

「だるは絶対に握りつぶしにかかるはず…」

エガちゃんとダルビッシュのコラボ楽しみです。

おすすめの記事