エガちゃんがお母さんにプレゼントしたんだけど…まさかの動画NG…

エガちゃん、高級ブランドから動画使用NG 母へのプレゼントに「悲しい」「他の人は良いのに」疑問の声

お笑いタレント・エガちゃん2:50のユーチューブチャンネル「エガちゃんねる」にアップされたある動画が、ファンの間で物議を醸しています。

「ふるさとの母にプレゼントを買う」企画

問題となっているのは、14日に公開された「エガちゃん、ふるさとの母にプレゼントを買う。」という動画。

エガちゃんが母のために高級ブランド店でプレゼントを買うというコンセプトの動画となっているのですが、冒頭では動画のスタッフが登場。

「謝らなければならないことがあります」として、買い物をしたブランド側から「お店の名前は出さないで欲しいとのお達しがありました」と説明。

分かりにくい編集になってしまったと謝罪したのです。

音声を伏せて商品にモザイクが

謝罪の通り、動画の中ではエガちゃんが買い物を決意し、母のためにスカーフを買ったことを報告する様子や、動画のスタッフが母の元へプレゼントを届け、嬉しそうに首に巻いている様子などが映されています。

しかし、ブランド名を発する際には音声が被さっていたり、商品にもモザイクが掛かっており、徹底的にブランド名が隠されていたのです。

しかし、モザイクはかかっていたものの、紙袋の色からブランド名を特定することも可能。

そのブランドはかつて人気ユーチューバーのヒカキンやはじめしゃちょーが財布などを購入し、商品を動画でアップ。

その際、モザイクなどが掛かっていなかったことから、

「お母さんにプレゼントっていい動画なのにこの対応は悲しい」
「ほかのユーチューバーはよくてなんでエガちゃんだけだめなの?」
「プレゼントを喜ぶお母さんの首にまでモザイク掛かってるの見て悲しくなった」

といった声が寄せられています。

許可を取ろうとしたから?

「とは言え、これまで他のユーチューバーがアップしていたのは、あくまで商品のみ。そのため、『わざわざ許可を取ったからNG出されたのでは?』『ほかのユーチューバーは特に許可取ってない可能性もある』といった指摘も寄せられています。グレーゾーンだった動画でのブランド紹介を今回、エガちゃん側が許可を取ろうとしたから、NGが出されたのではとの見方もあるようです」(芸能ライター)

物議を醸してしまった今回の動画。

離れて暮らす母に高級ブランドをプレゼントするという企画が心温まるものだっただけに、お店の対応を残念に思う人が大半だったようです。

ネットの声

「エルメスはアメリカ人のオプラ・ウインフリーさんがパリの店で買い物をしようとしたとき「お前は黒人だからお前にはこの店のものは買えないよ(笑)」といって追い出したことがあります。オプラさんは本社に抗議しましたが、担当者はにやにや笑って相手にしませんでした。その後、オプラさんがアメリカのタレントであり億万長者でセレブの友人が大勢いると知った後、あわてて土下座して謝罪し「我々は黒人さんと一緒に人種差別と戦っていく....!!!!」とほざきました。そんな企業です。」

「息子からプレゼント貰って喜んでる母親の首にモザイクかかってるの見ると流石に可哀想になってくる。犯罪者でもなんでも無いからね買ってる側はさ。」

「エルメスなんて、どうでもいいんだよ!エガちゃんのハート観てんだよ!」

「エルメス、やらかしたな。他の方のロケはOKなのに、エガちゃんのロケに対しては名前も買った商品も出すなとは。こりゃ人を見て差別してると見られても仕方ないし、212万人のチャンネル登録者を敵に回したし、エルメスの印象ダダ下がりだろ」

これは不買運動が出てもおかしくないような感じですね。

他のユーチューバーは許可をとっていないのではないでしょうか。

エガちゃんは律儀に許可をお願いして却下されたのでしょう。

おすすめの記事