エガちゃんのYouTube「エガちゃんねる」が登録者250万人突破!

エガちゃんYouTubeチャンネル登録者250万人!人気独走のワケは“忖度ナシ”のガチンコ全力投球

コロナ禍も後押しして、芸能人がユーチューブを始めることは定番となったが、20年2月にいち早く自身の公式ちゃんねる「エガちゃんねる」。

開設から1年半、今年7月にはチャンネル登録者は250万人を突破。

地上波では放送不可能な過激な企画はますますヒートアップしているのです。

モスからお礼状が

9月10日には、今年6月と7月にマクドナルドの商品を辛口でレビューし話題となった「初めてのマクドナルド」に続き、「初めてのモスバーガー」を公開。

エガちゃんは、「オニポテ」「スパイシーモスバーガー」「とびきりチーズ」などを試食して大絶賛。

「モスはレベル高いねえ、マックと全然違う!」とマックを引き合いに出し感心した。

あまりの絶賛ぶりに、「これ(広告)案件じゃないですよね?」とスタッフにツッコまれると「モスの案件が来るわけないじゃない!」と返していましたが、後日、同社の広報部から直筆のお礼状が届くというオチもついたのです。

マクドナルドを「犬の餌」と

一方、マックの商品に関しては、またも

「マックの肉はぺちゃーっとしてたじゃない。犬の餌みたいだった」
「マックのダブチは最悪」
「マックの開発部は能なし!」

と、相変わらずディスりまくったのです。

テレビ局にとって、大スポンサーであるマクドナルドに対するガチな批評は地上波では到底無理。

忖度ナシのストロングスタイルに、コメント欄は、

「世界のマックをこれだけディスれるエガちゃんすごい」
「正直なこと言ってくれるからほんと信頼度高い」

などと称賛の声があふれていました。

お笑い評論家のラリー遠田氏はこう話します。

「江頭さんは単身北朝鮮に乗り込んだり、もともと破天荒で地上波では収まりきれないユーチューブ的な活動をしていた芸人。テレビや舞台の代わりとしてのユーチューブではなく、まさに“主戦場”として体を張った全力の活動をしている。それが受け入れられているのだと思います」

名実ともに芸人の中ではトップユーチューバー

8月31日に「日刊SPA!」が発表した「男が選ぶ『YouTubeが面白い芸人』ベスト10」では、エガちゃんは堂々の1位を獲得。

以下、2位=石橋貴明(チャンネル登録者数168万人)、3位=ヒロシ(同112万人)と続きますが、ベスト10の中でも、登録者数200万を超えているのはエガちゃんだけ。

2月26日に「ORICON NEWS」が発表した「第3回好きなYouTuberランキング」でも、2位の本田翼や3位の石橋貴明を抑えて、江頭は1位の栄冠を手にしています。

まさにトップユーチューバー芸人なのです。

かつて「1クールのレギュラーより1回の伝説」を標榜していたエガちゃん。

現在も地上波のレギュラーはゼロですが、ユーチューブで水を得た魚のように活躍するエガちゃんの快進撃はまだまだ続きそうです。

ネットの声

「うまく言えないが、エガちゃんだからOKな感があって他の人が同じようなもの作ってもダメな気がする。マックのやつを他の人が同じようにやったら問題として取り上げられそう..」

「全ての商品を噛み締めてからジャッジしてるからな。テレビのコメントなんて口に入れた瞬間、うま~!ウマー!の叫びってお約束どおりで面白くないが噛み締めた後の一言がドキドキで面白い。
マックもマズイのは不味いがサムライマックとか自分が好きなやつをどう評価されるのか、じっと見入ってしまった(^_^;)
不思議なもので、マックをディスられても、もう食べに行きたくないとは思わない。逆に、その値段とジャンキークオリティー食べたいのよねと納得してから食べに行きたくなる。」

「エガちゃんはやってることは過激だけれど、基本的な人間性の良さが言動に溢れてるんだよね。昔の寝たくない芸能人一位の頃とは隔世の感がある。」



おすすめの記事