海洋のプラスチックゴミなどの問題を解決する一環として、7月1日より小売店のレジ袋の有料化が義務づけられました。

そこで改めて脚光を浴びているのが、コンパクトに折りたたんで持ち運べて、買い物をする際にはサッと広げられ、荷物がすっきりと収まる最新のエコバッグ。

小さくても保冷できる!

サーモス『保冷ショッピングバッグREV-012』

オープン価格(実勢価格約980円)

文庫本サイズに折りたためる本製品を広げると、2Lのペットボトルを3本まで収納可能。

「アイソテック4層断熱構造」により、例えば冷たいビールをクールなまま持ち帰れます。

ファスナーでしっかりと口を閉じられるので、中身が飛び出す心配はありません。

持ち手が長いため、荷物が重くても肩に掛けてラクに運べるのです。

3つ折りで細長い形状にしたら上下を折る。最後にボタンで留めると文庫本サイズに。

外気温40℃で500mlのペットボトル(中身4℃/満量)を12本入れると、1時間以上の間、10℃以下を保てるのが最大の特徴です。

胸ポケットにしまえる!

MOTTERU『ポケットスクエアバッグ』1200円。

胸ポケットに収まるほど、薄くたためるのが特徴。

広げれば、弁当やサラダ、350mlのペットボトルがラクに入れられます。

生地に施された15面のプリーツ加工により、折りたたむのにも手間取らないのです。

素材は、引り裂き強度の高いリップストップ生地。

カーキをはじめ、ネイビー、ブラック、レッドの4色から選べます。

使い終わったら、15面のプリーツの縫い目に沿ってたたむだけ。

側面マチ設計によって、弁当の容器やペットボトルがすっきり収まります。

再生ポリエステル製!

マーナ×セブン&アイ『セブンプレミアム ライフスタイルシュパット コンパクトバッグ』

6L:980円/20L:1980円/40L:2480円

人気モデル「シュパット」をベースにした、セブン&アイ限定商品。

使用済みのペットボトルなどをリサイクルした再生ポリエステル製で、素材選びからエコを意識して開発されました。

6L、20L、40Lの3サイズは、いずれも口が大きく開くので出し入れしやすいのが特徴。

特に20Lは肩に掛けて持ち運ぶのにちょうどいいサイズです。

バッグの両端を引っ張ると一瞬で細長い状態に。

ゴムバンドでたたんだ状態を保てます。

6Lは弁当と飲料を分けて収納可能。

40Lは買い物カゴに掛けて荷入れできるのが便利です。

用途に合わせて使い分けましょう

以前は主婦層をターゲットにしたものが大半でしたが、今はそうではありません。

ファッションブランドも参入するなど種類が激増し、男性でも好みや用途に合わせて選びやすくなっています。

「サーモスは以前から保冷バッグを扱っていて、私も愛用してきました。特に保冷機能が抜群! 今回の新製品は保冷機能をそのままに、小さくたためるのが◎。買い物にも持って行きやすいです。次にMOTTERUの『ポケットスクエアバッグ』は、折りたたむと胸ポケットに入るほど薄く、これなら男性が常備するのも億劫にならないはず。ジョギングに出かける時にポケットに忍ばせておけば、帰り道で買い物に立ち寄れそうだし、あるとかなり便利ですね。最後はマーナの『シュパット』。きれいにたたむのに苦労するエコバッグが多い中、文字どおり〝シュパッ〟と瞬時にたためるんです」

いずれも通勤カバンの中に忍ばせておきやすいものばかりです。

おすすめの記事