延滞ということは、貸借契約について契約不履行ですから、お金の貸し借りの中であってはいけないことです。当然属性も下がってしまいます。そのような延滞中に新たにカードを作ることができるのでしょうか

お金が必要なときはどうしたらいい?

必要なお金が3万円程度でしたら、消費者金融会社でしたら1万円単位で借り入れが可能ですが、銀行は10万円からなので少額融資には向いていません
まず3万円程度でしたら、銀行や消費者金融会社に頼るのではなく、自分で何とかする方法を考えるのがいいでしょう。

それではまずどうしたらいいのかというと、自分で働くことです。
メインの仕事は持っていても、給料日までまだ日にちがあるのにこの2,3日で3万円が必要だというときは、日払いのバイトでなんとか稼ぐようにしましょう。

求人情報誌でしたら、日払いのバイトコーナーなどがあるので、それに応募するのが一つの方法です。
ただし、日払いのバイトというのはガテン系のバイトが多いです。
つまりは、肉体労働ということです。

体力勝負なので体調に不安のある人や体力に自信のない人でしたら、日払いのガテン系のバイトはしないほうがいいでしょう。
それと、ガテン系のバイトをするのでしたら、労災保険をかけてくれているのかを確認しましょう。
労災保険の加入は雇い主の義務なのですが、日払いの場合は労災保険をかけていないこともあるのです。

ケガをした場合などは雇い主も罰せられますが、治療費は自己負担となるので、場合によってはせっかくのバイト料がパーになりますし、さらに赤字になる可能性もあるのです。
ですから、働く前に労災への加入をしっかりと確認するようにしましょう。


日払いのバイトでしたら、1回で1万円くらいにはなるでしょうから、それを3回繰り返すと3万円稼ぐことになります。
誰の力も借りずに自分の力で稼ぐのですから、誰にも迷惑をかけずに稼ぐことができるので最も良い方法と言えるでしょう。

また、3万円程度のお金でしたら、自宅にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらうことで、なんとか資金調達する方法があります。
もっとも、家にある不要品ですから誰にとっても不要品です。
ですから、買い取り価格も低くなってしまいますし、買取不可あるいは買取値がつかないものもあるでしょう。

それでも多くの場合は引きとってくれますから、不要品の処分と考えると、場合によっては値が付くということで一石二鳥となるので、そういった面ではメリットがあるのです。

一つ一つの買取値が安くても、数多く出すことで必要な金額に近づいていくことでしょう。
それでも、1万円あるいは2万円程度がせいぜいかもしれません。
そういった場合は、家にある書籍やコミックなどを買取してもらうようにしましょう。

人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなりの高価買い取りが期待できます。
書籍もベストセラーは、数が出ているので高価買い取りは望めません。
あまり売れなかったレア本のほうが、高価買い取りされる傾向にあるのです。

そういったところに注意すると、書籍やコミックの買取だけでも目標金額に到達する可能性が高いです。
また、書籍やコミックの買取では、普通の買取業者よりも価値のわかる古本屋などに買い取り依頼するほうがいいでしょう。
不要品の買い取りにしても、ガテン系のバイトにしても時間がかかることは否めません。

すぐにお金が必要というときは、緊急性が高いですから、友人知人に頼るといった方法もあります。
3万円程度でしたら、財布の中に入っているお金がそのくらいですから、銀行ATMなどに走ることなく、文字通りポケットマネーでお金を融通してくれることでしょう。

どうして友人だったらお金をすぐに融通してくれるのかというと、それは長年のつきあいで信頼関係が構築されているからです。
お金を貸しても返してくれるという信頼関係ができているので、友人がお金に困ったときはすぐにでもお金を用立ててくれるわけです。

もっとも、高額となると友人知人に頼ることは控えたほうがいいです。
あくまでも、ポケットマネーで財布の中にあるお金のみを用立てしてもらうようにしましょう。
それ以上のお金となると身内に頼るか、銀行や消費者金融会社に頼るなどして、自分からリスクを取るようにしなくてはいけません。

友人知人からお金を借りるときは、借りる側で借用書を用意するようにしましょう。
通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人ですから気が引けてしまうでしょう。
そこは、気を利かして借りる側で借用書を用意するのです。

友人も水くさいといいそうですが、借用書はどういった場合でもお金の貸し借りのときはあったほうがいいです。
お金のトラブルで大切な友人をなくさないためにも、さらには自分を律するためにも必要です。
借用書には、次の給料日に一括で返済する旨を、しっかりと書いておくようにしましょう。

間違っても、分割で返済するようなことを書いてはいけません。
友人も一括でしかも財布の中から出してくれたお金ですから、最短の期日でできるだけ早く一括で返済するようにします。
何よりも、最優先で返済するようにしましょう。

銀行や消費者金融会社で借りる

まとまったお金が必要でしたら、銀行や消費者金融会社でお金を借りるようにしましょう。
どちらかといえば、金利の低い銀行のほうが返済利息も少なくて済むので返済しやすいです。
とはいっても、銀行カードローンなどは誰でも気軽に借りることはできません。

というのも、銀行カードローンを借りるにしても、その前に審査に通らないと借りることができないのです。
銀行カードローンの審査に通るには、ある程度の属性の高さが必要になります。
属性というのは、お金の借りやすさや信用度、返済能力を測る指標のようなものです。

その中でも、大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。
雇用形態は、正規雇用と非正規雇用の二つに分けられます。
正規雇用は、いわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。

こう見ると、正規雇用のほうが属性が高いことがわかるのですが、大きな点は雇用が保証されているかどうかなのです。
働くということは、雇い主と雇用契約を結びます。
この雇用契約が有効な間は会社から、雇用が保証されていることになります。

雇用契約の期間が問題となるのですが、正規雇用の人は定年までが有効期間です。
よく、定年になったら雇用延長をすることがあるのですが、嘱託扱いとなるので1年ごとの契約になることが多いです。
それでも、正規雇用の人は大卒で23歳で入社した場合、65歳の定年まで40年以上会社から雇用が保証されることになるのです。

いっぽうの非正規雇用の人ですが、雇用契約は有期契約になります。
期間は3ヵ月6ヵ月、あるいは1年というものですから、かなり短いです。
更新期間がくると、会社が更新しなければ退職ということになります。
期間はともかく、雇用契約の間は、正規雇用も非正規雇用も雇用が保障されているのですが、その期間が長いか短いかということです。

この点を銀行では、非正規委雇用は収入が安定していないと見るわけなのです。
銀行の審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった預金ということも大きいです。
大切な預かり金ですから、貸し倒れに遭うわけにはいきません。

そういったリスクを回避するために、銀行は保証会社と提携しているのです。
銀行カードローンの申し込みをした場合は、銀行だけではなく、保証会社の審査も受けるのですが、当然両者の審査に通らなければ融資を受けることはできません。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、カードローン利用者に代わって保証会社が残りの債務全額を銀行に支払うのです。
その後で立て替えたお金は、カードローン利用者に保証会社が請求することになります。
この時点ですでに債務整理に入っていますから、保証会社とカードローン利用者(債務者)の間で任意整理の交渉が始まることになります。

銀行はノーリスクに見えますが、返済不能後の返済利息の収益がなくなるのですからまったくのノーリスクということにはなりません。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンの審査に通らなければ、消費者金融会社に頼ることになります。
まずは、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社に頼むのがいいでしょう。
大手消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。

WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みやメガバンクと提携してる消費者金融会社でしたら、メガバンク行内に設置されている自動契約機での申し込みができるのが大きなメリットといえます。

また、大手消費者金融会社のカードローンの大きな特徴なのが、全国各地に設置されている無人契約機です。
24時間365日稼働している優れものですから、いつでも申し込みができるのが大きなメリットとなるのです。
即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通れば、ローンカードが発行されるのですぐに最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができます。

最近では、カードレスで入出金ができるサービスも始まりました
スマホが必須となりますが、カードがないというだけでも人にばれることが少なくなります。
これも大きなメリットと言えるでしょう。

クレジットカードを作る

銀行などの金融機関や消費者金融会社といった貸金業者に頼るのではなく、クレジットカードを作るという方法もあります。
買い物が目的であれば、お金を借りるよりもクレジットカードのほうが、使い勝手が良い場合が多いからです。
しかし、これにも審査が必要ですし、ある程度の属性の高さも必要です。

金融事故を起こしているような人でしたら、審査に通ることは難しいでしょう。
特にブラック状態になっている人は、クレジットカードを作るのは難しいといっていいです。

それでは延滞中の人はどうかというと、延滞中からなんとか支払いを行っても、金融事故として信用情報機関に記録されてしまいます。
カードローンでもクレジットカードでも、審査において延滞歴のある人や延滞中の人でしたら、審査に通ることは難しいでしょう。
カードを作って利用してもらっても返済してもらえない、すなわち返済能力に難があると思われるからです。

延滞中でも作れるカードがある?

延滞中であれば、クレジットカードに申し込みをしても十中八九作れません
というよりも完全に作れないと考えていいでしょう。
その中で、延滞中でもクレジットカードを作れたという情報もあるのです。


それは外資系のクレジットカードなのですが、日本の信用情報機関を通していないのか、さらには現在の属性で収入が高ければOKなのか定かではないのですが、American Expressカードでしたら、審査に通ることがあるようです

また、楽天カードなど、キャッシング枠をゼロにすることで、審査に通ることもあるようですから、ダメ元で試してみるのもいいでしょう。

ネットの声

「セゾンのプラチナカードがキャンペーンで一年無料とのことなので、申し込んできたっ!!審査通ると良いな、、、」

「学生の内にカード作ろうと「楽天カード」に申し込んだら、30分くらいで審査完了して、発送準備になってました。学生という身分は最強だから、今のうちにカード何枚か作っとくのはアリだね!」

「オペレーター『通常のアコムカードと、クレジット機能付きマスターカードどちらになさいますか?』ぼく『年会費は?ない...審査は?ない...待ち時間は?ない.........うーん.........マスターカードで!!!!(満 面 ク ズ ス マ イ ル)』」

カードの申し込みは、クレジットにしてもカードローンにしてもタイミング勝負だったりしますよね。

おすすめの記事