手っ取り早くお金を調達するには、友人知人を頼るのがもっとも近道です。
もっとも必要な金額にもよるのですが、大金を友人に頼るわけにはいきませんから、必要なお金が3万円程度でしたら、友人知人にも頼みやすいでしょう。

この3万円というのは自分にあてはめてみてもわかるのですが、月の小遣いで十分にまかなえる金額ですし、財布の中にも常にいれておきたい金額としても平均的なお金となっているのです。

お金を調達するには

友人ですから昔からの勝手知ったる関係です。
そのため自ずと信頼関係ができているので、お金を安心して貸借りできるというわけです。
困った時は友人知人に頼るのが一番なのですが、高額ではなく、今回のような少額にとどめるべきでしょう。

というのも大金となると友人知人の域を超えてしまいますし、仮に借りることができたとしても、少しでも返済に不安があればやめたほうがいいですし、やはりお金のことでこじれると友人関係が壊れることもあります。
ですから、友人知人との場合は少額の貸借りに徹したほうがいいのです。
そういった点では、財布の中からすっと取り出せる3万円という金額はとてもリーズナブルなのです。

また、注意点としては借りる側が借用書を作るといいでしょう。
これは友人知人に借りるケースに限られます。
通常では、貸す側が借用書を用意するのですが、友人知人との貸借りでしたら、友人も借用書を作るのを躊躇することでしょう。

それをおもんばかって、借りる側が借用書を用意しましょう。
友人は水くさいと言うかもしれませんが、借用書があったほうがお金の貸借りですから借用者はあったほうが友人も安心でしょう。
借用書には次の給料日で一括返済することを一筆したためておきましょう。

間違っても分割で返済するというようなことを書いてはいけません。
3万円程度でしたら、給料で十分払える額ですし、お金の困っていても友人への返済を優先しなくてはいけません。
お金のことでこじれてしまうと友人関係も簡単に崩れてしまいます。

長年の付き合いでもそうなってしまうので、お金のことはすぐに解決するに越したことはないのです。
ですから、友人での貸借りは一括での返済が基本であり、分割で返済する金額を借りるくらいでしたら、消費者金融会社などに頼ったほうがいいでしょう。

そのくらい友人知人へのお金の貸借りは十分に気をつけたいところです。
それ以上のお金が必要案ときは、身内に相談するか、銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにしたら良いでしょう。

友人知人に頼ることができないときは、自分で稼ぐ方法を考えましょう。
すぐにお金が必要な場合は、日払いのバイトをするのも一つの方法です。
いまでも探せば日払いのバイトはあります。

しかし、ガテン系の仕事が多く、体力勝負になってしまうのはしかたありません。
ですから体力に自信のない人はガテン系の仕事は避けたほうがいいでしょう。
それでも3万円程度の額でしたら、1日1万円として3日頑張ればなんとかなるお金でもあります。

無理をしないほうがいいのですが、慣れないガテン系の仕事をするときは、労災に入っているかどうかを確認しておいたほうがいいでしょう。
労災に入っていないとケガをしたときに自腹で治療費を払わなければいけなくなるので、事前の労災保険の加入は必須と考えたほうがいいですし、労災に入っていない現場には行かないほうがいいのです。
日払いのバイトはそれほど数が少なくなっていますが、求人情報誌にもわずかながらコーナーを設けているものもあります。

それを頼りにすること、それと最寄りのハローワークに朝早くから並んでいると日雇いの人を募る送迎バスがやってくることもあります。
ハローワークで事前にそういった情報を獲得しておくのもいいでしょう。
また、3万円でしたら、家の不要品を買取りしてもらって調達するという方法もあります。

不要品は誰にとっても不要品ですから、買取値もそれほどではないかもしれませんが、そこは数でこなすようにすれば、1万円や2万円くらいにはなるでしょう。
それでも必要額の3万円には足りませんから、そこは書籍やコミックなどを買取ってもらうようにしましょう。
特に人気のコミックが全巻あればかなりの高価買取りとなります。

また、書籍もベストセラーはたくさん出ていて思ったよりも買取値は低くなります。
どちらかというとレアものが高値になるので、そういったものがあればかなりの買取値となるでしょう。
買取り業者も本の価値に詳しい古本屋などを指名して買取りしてもらうようにしましょう。

いずれにしても不要品の買取りは何度も使えるわけではありません。
不要品の処分のかたわらお金がもらえるくらいに考えたほうがいいかもしれません。
それでも3万円程度のお金でしたら、無理なく調達することができるでしょう。

銀行と消費者金融会社で借りる

まとまったお金が必要となると、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようになるでしょう。
両者を比べると金利の低い銀行カードローンのほうが返済利息も少なくて済むので返済には便利でしょう。
ですから、まず借りるとなると銀行カードローンからお金をかりるようにしたほうがいいです。

しかし、銀行カードローンは誰でも気軽に借りることができるわけではありません。
銀行カードローンを利用するにも申し込みをした審査を受けなくてはいけないからです。
この審査の基準が厳しく、誰でも気軽に借りるということができません。

審査を受けるさいに申込者の属性の高さというのが問題になるのです。
この属性というのは、信用度や返済能力などを示す指標です。
属性が高いと審査に通りやすく、属性が低いと審査に通りにくくなります。

この属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、雇用形態というのは属性の高さを決めるうえで大きなウエイトを占めているのです。
雇用形態は正規雇用と非正規雇用に分けることができます。
正規雇用はいわゆる正社員のことで、いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。

正規雇用の人のほうが属性が高いのはわかるのですが、それは収入が多い少ないといった問題ではなく、雇用は会社から保証されているかどうかということが、属性の高低を決めるのです。
正規雇用の人は入社時に結ぶ雇用契約によって定年まで雇用が保証されています。
いっぽうの非正規雇用の人も雇用契約を結ぶのですが、これは有期契約となります。

期間は、3ヵ月6ヵ月、さらには1年といった期間となっていて、その都度更新をしなくてはいけません。
更新を決定するのは会社であり、会社が更新に応じなければ退職ということになります。
これはいわゆる雇い止めということです。

このことから正規雇用の人は雇用が会社から保証されているので、収入も安定しています。
いっぽうの非正規雇用の人は有期契約の向こうは不透明で、そこは銀行から見ても収入が安定しているとは言えず、属性が低くなってしまっているのです。
そのため、銀行カードローンは正規雇用の人は審査に通りやすく、非正規雇用の人は審査に通りにくいといえます。

他にも属性を決定づける項目はさまざまなものがあるので一概にはいえませんが、雇用形態は属性を決める上で最有力の項目であることは間違いありません。
銀行カードローンで審査に通らないときは、消費者金融会社のカードローンに頼るようにしましょう。

消費者金融会社のカードローンで借りる

銀行カードローンの審査に通らなかった人、属性が低くてもお金を借りるのに躊躇している人も、消費者金融会社のカードローンでしたら、審査に通る可能性があります。
属性に不安のある人はまずは店頭の相談窓口に行くのもいいでしょう。
銀行と違って、お金を貸すことで収益をあげている貸金業者ですから、できるだけお金を貸すように努力してくれるはずです。

たとえば50万円を貸すのは無理でも30万円なら貸し出し可能というぐあいに、貸出額を調整することで、融資を可能としてくれるのです。
また、消費者金融会社のカードローンは多彩な申し込み方法が特色です。
店頭での申し込みやWEBでの申し込みはもちろんですが、電話での申し込みも可能となっているのです。

パソコンの操作ができない、店頭に行くのは難しいという人でも電話一本でカードローンの申し込みができるのはとても心強いものです。
また、メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内の自動契約機で申し込みをすることができます。
また、大手消費者金融会社のカードローンの最大の特徴といっていいのが、全国各地にある無人契約機です。

24時間365日稼働しているので、いつでも融資の申し込みをすることができます。
そして、すぐにお金が必要というときもその日の22時までに手続きが済み、審査に通ることができたら、すぐにローンカードが発酵されるので、近くのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。
また、最近ではローンカードなしのカードレスカードローンの取扱いも始まったようです。

スマホが必須となりますが、さらなる可能性を予感できるのが大手消費者金融会社のカードローンということになりますね。

延滞中出も借りれる?

延滞にもいろいろありますが、多いのはうっかりミスでの延滞です。
口座にお金を入れ忘れていて、支払日に口座引き落としができずに延滞となってしまった場合です。
多くの場合は消費者金融会社から連絡があり、すぐに支払いをして事なきを得るのですが、確信犯的に返済できずに延滞を繰り返す人がいます。

一度延滞すると翌月は2ヵ月分の返済をしなくてはいけません。
一月分の返済ができないのに二月分の返済ができるわけがなく、そのまま返済不能となって債務整理に陥ってしまうのです。
この状態から俗にブラックになったといいます。

債務整理の一歩手前となる延滞中ですが、そのときに新規で借りることができるかどうかですが、信用情報機関に記録が載るかどうかということになります。
新規のローンの申し込みの際は信用情報機関にローン申込者の信用情報を照会するのですが、延滞中などの情報が載って入ればその場で審査中止となります。

しかし、タイミング的に信用情報機関に、延滞情報が載っていないときは、審査に通って借り入れができる場合があるのです。
これはタイミングの問題としか言いようがなく、カードローン会社あるいは信用情報機関の作業手順に寄るところが大きいのです。

利用者側のタイミングとしては、支払いができない、お金がないというときは、すぐにでも行動を起こして他の消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。
できれば、消費者金融会社から最初の電話があるときはいいのですが、督促状が届く前くらいまでに新規で借り入れできるよういしたいものです。

個人間融資掲示板を利用する

延滞中ということは、属性も低くなっていて、どこからもお金を借りることができないでしょう。
そういったときに頼れるのがネットの個人間融資掲示板です。
個人出の貸借りになるのでリスクを感じる人が少なくないと思いますが、それは貸す側もそうですし、掲示板などで実績のある人を選んで借りるようにすると少しでもリスク回避となります。

特に審査もないので、すぐに交渉に入り、異存なければ交渉成立ですぐにでも振り込んでくれるでしょう。
融資額は最大でも10万円程度となるので、借りるには心許ないと思う人もいるかもしれません。
しかし、個人間での貸借りとなるとこのくらいがちょうどいいということになるのです。

ネットの声

「急な転勤で思わぬ出費があり、プロミスに申込みました。希望融資額は10万でしたが、限度額は50万でした。」

「過去にプロミスや他社を利用してましたが返済に行き詰まり 任意整理しました。それでも返済に困り自己破産依頼をし返済ストップ。しかし自己破産せずに済みまた元金だけの返済をして全て返しました。」

「10時にwebから申し込み。30分かからずに書類アップロードのメールあり。すぐにwebから送り、1時間後融資ok。口座への振り込み依頼をwebから依頼すると、数分後入金あり。申し込みから、3時間で融資されました。ちなみに、電話無しです。」

おすすめの記事