俳優・東出昌大(31)との不倫を認めて謝罪した女優・唐田えりか(22)が24日、所属事務所の公式ホームページでTBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜・後10時)の出演自粛を発表しました。

ホームページ上で謝罪

ホームページでは

「反省をし、検討した結果、TBS金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の出演を自粛させて頂くという結論に至りました。関係各所の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」

と発表。

唐田えりかは病棟クラークの小山内みゆき役でレギュラー出演していました。

TBSは

「唐田さんの四足事務所からドラマについて自粛させたいという申し出がありましたので、TBSとしては受け入れさせていただきました」

としています。

この日放送された同作で唐田えりかの出演シーンはなかったのですがが、TBSは「再編集はしていません」としています。

インスタグラムも閉鎖

唐田えりかはこの日、自身の公式インスタグラムを閉鎖しています。

また、専属モデルを務めていた集英社の女性ファッション誌「MORE」の公式サイトでは、MOREモデル紹介の欄から消えているのです。

今後、活動自粛に追い込まれる可能性もありそうです…とういよりも悪質性が高いということで芸能界から干される…というのがもっぱらの噂ですが…。

東出昌大が負う不倫の代償

もちろん東出昌大も大ダメージです。

これから共演NG激増となるでしょうし、局側も起用回避が避けられません。

東出の所属事務所は前日22日、報道各社に対し

「書かれている事柄はほぼ事実。どのように非難されても弁解の余地はありません」

とコメント。

別居も不倫疑惑も否定しませんでした。

東出も出演していた4社のCMすべてがインターネット上から削除されています。

新たに「フジ住宅」が東出のCMページを削除。

同社はスポーツ報知の取材に「今後の起用はしないと聞いています」と契約更新をしないと説明しています。

これまでイクメンのイメージが強かった東出昌大。

その影響は大きすぎるといえるでしょう。

ホンダが東出の出演するミニバン「フリード」CM動画を削除。

またサンスターのデンタルブラシ「G・U・M」のCM動画も削除されましたた。

「いずれもファミリー向けの商品。これまでイクメンのイメージで売ってきた東出さんだからこそ、起用されていました。しかし不倫疑惑が原因で別居中とあっては、続けられないでしょう。東出さんのスキャンダルが原因での降板となれば、違約金が発生する可能性もありそうです」(広告代理店関係者)

今後は仕事を続けながら夫婦関係の修復にあたることになりそうということです。

しかし、関係修復を果たしたとしても大きなダメージを負うことになるのは避けられそうもありません。

「まず杏さんの所属事務所、そして唐田さんの所属事務所のタレントとは“共演NG”になるでしょう。他の事務所もイメージ悪化をさけるため、二の足を踏むのではと言われています。さらにテレビ局側としてもクライアントの手前、キャスティングしづらくなるはず。夫婦関係のみならず、仕事の面でも“いばらの道”が待っていることになるでしょう」(芸能プロダクション関係者)

ネットの反応

「韓国でも芸能活動されているそうなので、今後は韓国で頑張ってください。そっちが本拠地だろうしね。というか、自粛すれば、まだ日本でやっていけると思っている事務所の感覚凄いな。引退一択なのに。」

「上手くやれば未成年の時に手を出されてるし、同情される余地もあったかもしれないが。関係を匂わすような写真をインスタに上げる挑発的な態度。奥さんが双子の乳児を抱え、年子を妊娠してる期間を含めた一番大変な時期に関係を関係を続ける身勝手さ。これじゃ同情の余地は全くないし、大炎上するのも当然。」

「唐田は日の出の勢いが、ドラマタイトルの如く念仏になった思います。 発端たる東出への対応も各社そろそろ出てきていますが、ズルズルと三年続けてしまったことで唐田は、もう日本での活動は難しいでしょうね。」

自粛…それだけですまされるのでしょうか。

唐田えりか野言い分としては、好きになった人にたまたま奥さんと子供がいただけ、そして距離が近くなったころたまたま奥さんが妊娠していただけ…全てたまたまと思って行動したのでしょう。

おすすめの記事