ETCからETC2.0へ…買い替えが必要な2022年問題とは

既存ETC車載器の継続使用で違法も! 買い替えが必要な「2022年問題」とは

今や高速道路を通行するのに欠かせないのがETCです。

スムースなのはもちろん、お得な割引も用意されていたりして、普及率も高くなっています。

しかし、そのETCが使えなくなってしまう可能性があるのはご存じでしょうか。

ETCなんて、料金所で電波をやり取りするだけのシンプルなものですから、使えなくなるなんて信じられないと思うかもしれません。

しかし近々、もしからしたら使えなくなるかもしれないのです。

新しい規格のETC

ポイントはふたつで、新スプリアス規格対応と新セキュリティ対応です。

このふたつに対応していないと使用することができなくなってしまうのです。

まずは新スプリアス規格対応から見ていくと、スプリアス規格とは「必要な周波数帯の外側に発射される不要な電波の強度に対する許容値の規格」で、

電波障害の原因にもなるので、規制されているものです。

それが強化されるのですが、その期限は2022年11月30日となっています。

この規制は2005年からすでに定められていて、2022年というのは経過措置で猶予されているものとなります。

そしてもうひとつの新セキュリティ対応というのは、ETCシステム自体のセキュリティ規格を変更するというもの。

期限はゲート本体の改修状況にもよるので、はっきりとした年月は発表されていないものの、最長で2030年頃になる予定とされています。

期限を過ぎるとどうなるの?

問題は期限を過ぎるとどうなるかということですが、旧スプリアス規格は使用すると違法になるのと、再届け出などで使用できるとあるので、使えなくなることはない模様です。

もちろん違法となるので、そのままでの使用は厳禁です。

注意しなくてはいけないのは新セキュリティ対応のほうで、こちらの使用はできなくなります。

現在すでに新規格対応の機種が出ているのでそれに交換するしかありません。

今使っているETC車載器は?

気になるのは今使っている機種が対応かということです。

新スプリアス規格対応については、外見などからの判別は不可能。

メーカーのホームページなどで確認するしかありません。

一方の新セキュリティ対応については、確認する方法がいくつかあります。

まずは保証書やセットアップの用紙、本体の裏などにある車載器管理番号の19桁の数字のうち、一番目が1であれば対応で、0であれば非対応となります。

そのほか、本体に●●●と丸が3つあるのは対応。

またETC2.0でも、■が付いていれば非対応で、ないものが対応となります。

最近でも非対応のものが継続して売られていて、安売りしているのでそちらを買ってしまっている可能性もあります。

ぜひ一度チェックしてみましょう。

ネットの声

「新セキュリティ方式については、実際のゲート通過車両の端末の使用状況を見て適宜延長される可能性が高いと推測しています。多くの旧規定使用車両が残っているうちに無効にしようものなら、ゲートで事故多発でしょうから。」

「テレビを強制的に買い換えさせられたり携帯も半強制的にスマホに買い換えさせられたし。今度はETCですか。
そのうち強制的に電気自動車に買い換えさせられたりしそうですね。」

「警察のNシステムという、ナンバープレートを読み取る技術が確立されているのに、なぜわざわざETC車載器を購入しなければならないのか、未だに分からない。まして高速道路は無料化するはずでしたよね。ETC自体要らなくなるのでは?」

高速道路の利用者側に負担を求めるのではなく、IC出入り口の読み取りでなんとかしてほしいです。

おすすめの記事