アンチエイジングという言葉も久しいのですが、女性なら誰でも自分のベストな肌年齢は10代だと思うことでしょう。10代の肌はみずみずしさが違いますし、水をはじくような艶やかさとぷるんぷるんした弾力が20代の肌とはまったく違うのです。

若さのたまもの

これはもう若さのたまものというしかなく、10代のころは新陳代謝が活発で皮膚がどんどん入れ替わる時代ですから、常に肌が艶やかだったのです。

逆に言えば新陳代謝が衰えてしまった20代からは、まだまだ若さの片鱗はありますけど、肌年齢はかなり後退しています。

10代の頃の常に新品の皮膚をまとっていた時代と違って、20代以降の肌は常に中古の皮膚をまとっているようなものだからです。体の老化は皮膚から始まるとされていますが、20歳を境にすぐに訪れるのですから、女性にとっては残酷と言わざるをえません。

10代の肌を保つために

人は誰でも加齢に逆らうことはできません。と言い切ってしまうと身もふたもないのですが、アンチエイジングという言葉があるくらいですから、老化と戦っている人はたくさんいます。


というよりも女性は、全員なにかしら老化と戦っているといってもいいでしょう。それが化粧に現れているのです。

何も気にしなければ化粧をする必要もありませんし、スッピンでもいいということになります。

言い方は悪いのですが、スッピンをさらすのが恥ずかしいので化粧をするということは、これもすなわちアンチエイジングということになるのです。

乳液を使う

肌にとって乾燥は一番危険です。乾燥を防ぐには保湿が一番効果がありますので、一般的なスキンケアは化粧水の後に乳液をつけることでしょう。

乳液が苦手という人はこれをクリームに置き換えてもいいです。保湿力が高いクリームなどを使用して、肌をガードしましょう。

皮脂の取り扱い

一般的に皮脂は脂ですから、皮膚を守るために欠かせないものです。ですが、この皮脂が古いままで皮膚に滞留することで思わぬシミの原因になります。

皮脂は洗い落とすことで、新しい皮脂が分泌されます。これにはいろいろな考え方があるのですが、常に肌を綺麗にすること、乾燥には気をつけることで皮脂の取り扱いは間違っていません。

皮脂を落とすことを恐れずに肌のケアを進めていきましょう。

寝る前に効果のある顔マッサージ

アンチエイジングに効果のあるのが顔マッサージです。

ネットではフェイスマッサージで検索しても多くヒットします。顔マッサージと聞くと真っ先に思い浮かぶのが小顔ではないでしょうか。

加齢を重ねてくるとどうしても顔がはれぼったくなったり、第一顔が大きくなったと感じる人は多いことでしょう。

これは顔が大きくなったというよりも顔全体のたるみです。脂肪がつくこともあるでしょう。それよりも加齢によって皮膚が伸びてしまって全体的に垂れてしまっているのです。

顔のたるみを取る

顔は大きいよりも小さい方が可愛くみえます。顔が大きい方が良いと思っている女性がいるとしたら、それは舞台女優でしょう。この世界だけは顔が大きい女性のほうが栄える世界なのです。

余談になりましたが、往々にして小顔のほうが可愛く見えるのは間違いありません。顔が小さいだけで6頭身のスタイルが8頭身にも見えるくらいですから、ここは是非とも小顔をめざしたいものです。

顔は額、鼻、口の周り、頬、アゴ、目の周りなどそれぞれの部位で基本は肌を伸ばすということを念頭に入れてマッサージをします

アゴのたるみを取る

どの部位も大事なのですが、顔のたるみが集中するのが一番下にあるアゴのラインです。

これは重力があるので仕方がないのですが、アゴを常に突っ張らせるように伸ばすようにして、アゴの脂肪あるいは皮膚のたるみを伸ばしていきます。


直立あるいは座ったまま顔を上に上げるだけでもアゴの筋力を鍛える効果があります。いずれにしてもアゴのラインをすっきりさせるだけでかなりの小顔効果が期待できます。二重アゴになっていたらなおさらですから重点的に顔マッサージをします。

アゴ以外の部分

目の周りなどは皮膚が垂れやすくなります。

加齢とともに柔らかな感じになるのはそのためなのですが、目元は涼しげなほうがいいので、目の周りのたるみもしっかりと伸ばすようにします。

他には鼻はてっぺんから周りに伸ばすようにマッサージしますし、そのまま頬を続けて行っても大丈夫です。

20代の肌のための顔マッサージ

顔マッサージはじっくりと行いたいと思うと、基本的に寝る前の時間ということになります。

これは肌にも好都合で顔マッサージをした後はクールダウンも必要ですが、それが睡眠中ということは実に効率がいいのです。乳液をすり込みながらの寝る前のマッサージが効果的でしょう。

たるみを取ることで確実に若返ります。これはしわをなくす効果もありますので小顔としわ対策にもなりますし、加齢とともに気になるほうれい線を予防する効果も期待できるのです。

ポイントは指先だけではなく、手の平を使って肉を持ち上げるような感覚も大事です。

鼻先などは指先でもいいのですが、アゴなどは手の平全体を使って突っ張るくらいに引っ張ってもいいのですが、引っ張りすぎも肌に負担がかかるのでやはり適度がいいということになります。

ネットの声

「顔のむくみを取るスッキリ小顔マッサージ…①指の平で鼻の付け根から耳の付け根に向かって円を描きながらマッサージ
②両手をピースの形にして指の間に耳を挟む③手を上下に動かしてリンパを流して気持ちのいいところでやめる。※3セット」

「最近ね小顔マッサージもまつ毛美容液も足のマッサージもさぼってた。でも今回やり直してモチベ上がったかも。またよろしくお願いします??可愛くなりたいもん、頑張るね」

「小顔マッサージなるもの行ってきたけど、むっちゃゴリゴリされて気持ちよすぎた……」

小顔マッサージを今日からチャレンジ!

おすすめの記事