『袋いりません』レジ袋有料化でファミマはエコスタンプ付与

ファミリーマートは、7月1日よりレジ袋を一律1枚3円(税込)に有料化。

また同日より、スマホアプリ「ファミペイ」を提示し、200円以上を購入、レジ袋を辞退した人に「エコスタンプ」を付与すします。

スタンプをためると対象商品で使えるクーポンと交換可能。

サイズ関係なくレジ袋は3円

レジ袋はサイズに関わらず1枚3円。

サイズのバリエーションは、現状の7種類から4種類に集約します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

レジ袋の素材については、バイオマス素材を30%配合したものに順次変更。

また、有料化による収益金の一部を、環境保全活動に役立てるとしています。

エコスタンプは1日3個まで

エコスタンプについては、ファミペイを提示した上で200円(税込)以上購入。

レジ袋を辞退することで、レジ袋を購入しなかった会計を判別して自動的にスタンプ1個が付与されます。

スタンプは1日3個まで。

煙草・チケット・サービス・金券類の購入金額は対象外となります。

30個ためると?

スタンプを30個ためると、対象商品のクーポンと交換できます。

7月1日からの対象商品は「花王アタックZEROワンハンド」(547円/税込)で、

スタンプ30個で交換できるクーポンは220円分の割引クーポン。

クーポン交換期限は8月31日まで。クーポンの内容や対象商品は定期的に変更されます。

ファミリーマートでの2019年度のレジ袋辞退率は30%でした。

有料化後は早期に60%となることを目指すということです。

また、バイオマス素材配合のレジ袋への切り替え等によって、年間約7,000トンのプラスチック(石油系)削減効果を見込んでいます。

ネットの声

「レジ袋削減は基本的には賛成ですが、コンビニやスーパーなどの対応されるかたの負荷が間違いなく増加します。国は制度だけ決めて、後のフォローがないのが良くない。まぁ国会議員とか官僚はコンビニでのバイト経験ある人少なくて頭回らないかもだけど。」

「レジでいちいち「袋はいりますか」って聞かれるのが嫌なんです。今まで、スーパーなどではレジ横にレジ不要の意思表示札をレジかごに入れていましたが、今後は必要な人が入れればいいと思う。それにバーコードを印刷しておいて、レジ打つ人がそれを読み込んで購入品として処理するのが合理的だしスマートだと思う。いちいち聞くのもレジの負担だと思うし、時間がかかる。」

「ビニール袋って穴があいたりしない限り高確率で再利用してる。見えがかり上は環境に良いことしてる風になるけど結局ゴミ袋買うことになるから環境負荷はイーブンだと思ってる」

レジ袋有料化の意義がどうもウヤムヤになってしまっているような気がします。

高額なエコバッグを買って元が取れるのか…元が取れる前に痛んで買い替えるようになるでしょう。

そういったことを考えてはいけないのですが…

おすすめの記事