ドリンクバーの原価率は?ファミレスの店長に聞いてみました。

飲み放題でお得感たっぷりのドリンクバーですが、お店側に利益はあるのでしょうか?

今回は、某ファミレスの店長にこっそり聞いたドリンクバーの原価率についてご紹介します。

ドリンクの種類別原価や、何杯飲めば元を取れるかなど気になる点をまとめてみました。

ファミレスの定番!ドリンクバーの相場は?

ドリンクを飲み放題というお得感満載のドリンクバー。

最近ではほとんどのファミレスに導入されており、すっかり定番メニューとなっています。

種類豊富なドリンクがそろえられ、価格は300円前後と比較的低く設定されているように感じますが、お店側に利益はあるのでしょうか?

ドリンクの種類別!原価はどのくらい?

某ファミレスの店長の話によると、ドリンク一杯の原価は平均で20円前後だそうです。

例えば、炭酸系飲料は炭酸水で濃縮シロップを割るため、原価は15円と安くなっています。

一方蒸留水で原液を割るウーロン茶は、原価17円と意外にも炭酸系飲料よりも高くなっているんだとか…。

また、最も原価が高いドリンクは果汁100%のジュース類だそうで、炭酸系飲料の倍の30円程度になっているそうです。

その他コーヒーの原価は15円、ミルクや砂糖入りの場合25円程度だそうです。

ドリンクバーの原価率!何杯飲めば元を取れる?

先ほど紹介したドリンク別の単価を踏まえ、ドリンクバーの原価率の一例を計算してみましょう。

原価率は、「売上の原価÷売上高×100」で求めることができます。

例えば、300円のドリンクバーを注文した客が炭酸系飲料を5杯飲んだとき、原価率は(15×5)÷300×100=25%になります。

300円のドリンクバーで元を取ろうと考えるなら、炭酸系飲料では20杯程度、果汁100%のジュース類でも最低10杯程度は飲む必要があり、

元を取るのはかなり難しいことが分かりました。

それでもやっぱりドリンクバーが好き!

ドリンクバーで提供されているドリンクは、高くても1杯30円程度でした。

お得なイメージのあるドリンクバーも、よほどおかわりしない限り元を取るのは難しいようです。

とはいえ、種類豊富なドリンクを無制限に楽しめるドリンクバーは、庶民にとってうれしい味方ですよね。

原価を意識しすぎるあまり、「飲み過ぎて気持ち悪い……」なんてことにならないように気をつけてください。

おすすめの記事