販売台数はほぼ同等。 

それでもバカ売れ両巨頭バトルは「フィット」より「ヤリス」の分が悪いのだとか。

正式発売日が近いこともあり、何かと比較されるのがトヨタ・ヤリスとホンダ・フィット。

自販連(日本自動車販売協会連合会)の統計によると、2020暦年締め上半期(2020年1月?6月)でのそれぞれの累計販売を確認。

ヤリスが4万8129台、フィットは5万29台となり、1900台差でフィットの勝ちといきたいところ。

しかし、ヤリスと現行フィットともに2月に正式発売となっているので、

フィットは5万29台から1月(先代)分の1736台を差し引かなければならず、実際は164台というさらなる僅差でフィットが勝利していることになります。

月販目標に対して

ヤリスは月販目標7800台に対して約9600台、フィットも月販1万台に対して約9600台。

ヤリスは月販目標をオーバーしているのですが、フィットはオーバーすることができませんでした。

このあたりは月販目標台数の設定次第という“マジック”も作用してしまうので、なんともいえないところ。

新型コロナウイルスの感染拡大がなければ、フィットも月販目標を軽くオーバーしていたかもしれません。

ヤリスはオーナーカーが少なくレンタカーに多い印象

7月単月のデータをみると、ヤリスがフィットに約4700台差をつけ勝っているだけでなく、登録車のみの販売ランキングでトップとなっています。

しかし、街中を歩いている時に見かけるヤリスは“わ”ナンバー、つまりレンタカー(あるいはカーシェアリング)ばかりだという印象が強いのです。

またときどき“わ”ナンバーではない、オーナーカーを目にすると、高齢ドライバーであることが多く感じます。

個人の印象なのかと思いきや、あるトヨタディーラーでセールスマンの口から、

「はっきりいって、毎月自販連から出される販売統計を見るたびに、自分たちが現場で売っているだけでは積み上がるとは思えない数字だと感じていますし、レンタカー向けのフリート販売が多い印象が強いです」

と語っていました。

フィットはエンドユーザーへの販売がメイン

一方のフィットは“わ”ナンバーが多いということもなく、乗っている人もさまざま。

“新型コロナウイルス感染拡大がなければ、フィットも月販目標をクリアできただろう”としたのですが、

これは、レンタカーなどへのフリート販売が目立つヤリスに対し、フィットはあくまでエンドユーザーへの販売(小売り)がメインとなっていたためです。

登場したばかりの新型車がレンタカーとして導入されることはよくあること。

「購入を前提としてじっくり乗ってみたい」というニーズはあるし、点検や修理の際の代車としてのニーズなどもあります。

ただ、やはりヤリスのレンタカーの増え方が際立っているように見えます。

地方から東京に出張できた人が、公共交通機関を利用せずに移動して新型コロナウイルス感染リスクを減らすためレンタカーに乗るといったことはありますが、

出張自体減少傾向にあるし、近年のレンタカーのメインユーザーともいえるインバウンドのニーズがほぼ期待できず、全般的にはレンタカー稼働率が低下傾向にあります。

そのような中で、話題の新型車であるヤリスがレンタカーとして目立って増えるのは、消費者として見ても違和感を覚えざるを得ません(話題の新型車を導入して稼働を高めようというのかもしれないが、それでも増え方が極端な印象を受けるのです)。

おすすめの記事