GACKT、ストイックすぎる食生活で体脂肪率8%キープ「20年間米食べたことない」

ミュージシャンのGACKT(47)が13日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演し、ストイックすぎる食生活を明かす場面がありました。

体脂肪率8%

厳しいトレーニングに耐えて、体脂肪率8%を維持しているGACKT。

番組スタッフから米の差し入れがあると「米ね、20年間食べてないな」と食事面でもストイックな面を見せます。

体内の毒素を抜くために断食に取り組み、20日間酵素水だけで過ごすこともあるといい、

取材時は「普通の食事に戻している最中なので、野菜だけ。おかずが野菜で主食も野菜」と話していました。

栄養を考えて

この日は鍋で、中身はマイタケ、ヒラタケ、エノキといったきのこ類と豆腐。

ニラ、春菊、白ネギ、九条ネギと葉物中心で、GACKTが栄養を考え選んだものだそう。

鍋の味付けは、ココナッツ由来のMCTオイル・塩とシンプルな味付け。

あくまでもストイックに

“なぜここまでして自分を追い込むのか?”という問いかけにGACKTは

「ライブ見てくれたら分かるけど、たぶん47歳で僕ほどパフォーマンスできる人間はいないと思う。理由は簡単で『やってるから』。ファンが来てよかったと思えるために、自分が存在している。やりたい時にやれるだけの体をキープしてるからいつでもやれる。体がダメになったら人生終わるからさ」

と真意を明かしていました。

ネットの声

「パフォーマンスの為に厳しいトレーニングして食事に気を使うのは大したもんだけど、タバコ吸うのは矛盾してるよね。」

「Bzの稲葉さんや、矢沢永吉さんの方が年齢上だけど、確実にライブパフォーマンスは、GACKTさんを超えていると思われます。でも、それをひけらかしたりしない。
努力しているのは素晴らしいと思いますが、どうも色々ズレている印象があります。」

「たしかに素晴らしいですがお米を食べてもきちんと栄養管理は出来ます。コメを悪者にしないで。
要はバランス、量の問題です。みんなそれぞれ違います。その人にあった食事管理を。
ちなみに私はコメよりパンの方が太ります。腹持ちも悪く燃費が悪い。これも人それぞれ。」

白米よりも玄米…と言いますが、それぞれに良いところがあります。

コメ農家を敵に回すような発言はいただけないですね。

 

おすすめの記事