最新モデルなら大きな差はない? 燃費・修理費・税金などの差は?

昔から輸入車は維持費が高いため、維持をするのが大変ということを聞くことがありました。

しかし、場合によっては国産車とほぼ変わらない場合もあるようです。

外車の維持費が高いのはウソ?

輸入車の維持費が高いと言われてきた原因には「燃費が悪い」「修理代がかかる」「税金・保険料が高い」などがあります。

実際はどれほどの違いがあるのでしょうか。

まず、「燃費」について、ひと昔前までは最大でリッター10km近い燃費性能の差が見られました.

しかし、最近は縮まっているようです。

例えば、「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」でインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したBMW「3シリーズセダン」の「320i」グレードでは、WLTCモード燃費で13.8km/Lとなっています。

ほぼ同クラスとされる国産セダンのトヨタ「クラウン」がWLTCモード燃費で16.0km/Lとなっています。

このことから、著しい差はないといっていいでしょう。

次に「修理代」はどうでしょうか。

かつては、国内に在庫を持つ海外メーカーは少なく、部品は輸入に頼っていました。

そのため、輸送コストが部品代に上乗せされて費用がかさんでいたのです。

最近ではメルセデス・ベンツやBMWをはじめ、海外メーカーでも国内に販売店を多く持つようになり、修理コストは下がっているとされています。

輸入車の修理について、千葉県の修理業者は以下のように話します。

「輸入車のメンテナンススキルを持った整備士は増えているため、20年前は100万円かかった修理も、最近では10万円から20万円程度で済むというケースも実際にありました。また、メルセデス・ベンツなどは国内でもパーツを多く抱えており、部品の輸入に関するコストも下がっています。とはいえ、輸入車はそもそも高級車が多いため、高い部品を使っています。国産車よりも修理にお金がかかることは変わりません」

国産車には劣るようですが、昔ほど高額ともいえないようです。

税金と保険

そして、輸入車の維持費が高くなる原因のひとつとされるのが「税金と保険」です。

自動車の税金は排気量や大きさで決められているため、そもそも国産車と輸入車の違いによって金額が変わることはありません。

例えば、軽自動車の自動車税は一律1万800円。

コンパクトカーに多い排気量1リッターから1.5リッターでは3万500円。

ミニバンクラスの2リッターから2.5リッターでは4万3500円となります。

さらに排気量が大きくなると、4.5リッターから6リッターで8万7000円。

6リッター超だと11万1000円となります(すべて2019年10月1日以降の新車登録の場合)。

ひと昔前の輸入車は車体や排気量が大きいことが特徴でした。

そのため、おのずと税金が高くなってしまい、高額なイメージが広まったようです。

しかし、任意保険については未だに国産車よりも高額なケースが多いようです。

理由は、修理費用がかさむことや、スピードが出やすく事故のリスクが高いこと。

さらに、盗難に遭う可能性が高いことなどが挙げられています。

都内でベントレーを所有する男性は、維持費について以下のように話します。

「燃費は国産のハイブリッド車には劣るので、ガソリン代はかかります。また、駐車場も広いところを借りなければならず、さらに13年以上前のモデルなので税金が重課され、車検は2年ごとに1回あたり40万程度かかります。また、外装のコーティングや塗装が特殊なことから、外観の手入れはお金がかかりやすいです。輸入車はなんといっても、なにかがあったときの『上限値』が高いので、お金をかけようと思えばキリがないのがポイントでしょう」

以上から、最新モデルの輸入車であればそこまで神経質になる必要はないようです。

しかし10年落ちの輸入車などは、ある程度の維持費を覚悟しなければなりません。

とくに、ヴィンテージものの輸入車であれば、維持費だけで国産車1台を買えるほどにもなり得ます。

昔と比べると輸入車の維持費は下がっているようですが、それは最低限の維持費と考えるべきです。

上限は国産車よりもはるかに高いのは間違いありません。

輸入車の購入を検討する際は、維持費の「天井」まできちんと把握したほうがよいでしょう。

輸入車の維持費を少しでも抑えるための方法とは

輸入車は故障が多いとされるため、メンテナンスは重要です。

例えば、消耗の激しい「タイミングベルト」は要注意。

国産車の場合、タイミングベルトの交換は10万キロが目安とされています。

例えば、アルファロメオの一部の車種の場合、それよりも短い距離がタイミングベルトの交換時期の目安となる場合があります。

タイミングベルトの交換費用は3万円程度が相場です。

車種によっては10万円以上かかってしまうこともあるでしょう。

国産車と比べて2倍から3倍の交換頻度なため、単純に費用もそれだけかかってしまうのです。

型落ちの輸入車を検討する際は、ベルト式なのか、それとも耐久性に優れるチェーン式なのかをチェックするのもポイントです。

また、輸入車で頻繁に交換される消耗品のひとつが「ブレーキ関係」です。

ブレーキの消耗品にはブレーキパッドやディスクローターなどがあり、国産車と比べ交換頻度が短く設定されています。

これは日本メーカーと海外メーカーの考え方の違いによるものです。

国産車はパッドやローターが減りにくい設計で「耐久性」を重視するのに対し、海外メーカーは「制動力」をいかに高めるかに重点を置いています。

ブレーキの効きが良くなる反面、パッドやローターの消耗が激しくなるため、交換時期も早まることとなるのです。

また、パッドの素材自体にも制動力を高めるためのスチール成分が使われているため、削れる量も多くなりブレーキダストも発生しやすくなります。

輸入車のホイールが汚れやすいのは、この「制動力重視」の設計が原因とされています。

輸入車の維持費を少しでも抑えるには、多くのメーカーで用意されているメンテナンスプログラムへの加入がおすすめです。

例えば、アウディのメンテナンスプログラムでは、主なメンテナンスを初めての登録日から3年間無料で提供してくれます。

サービス内容には、法定1年点検やメーカー指定点検、サービスインターバル(エンジンオイル・フィルター交換、ブレーキパッドの厚さ点検)、指定消耗部品、油脂類の交換・補充(エンジンオイル補充、ワイパーブレード交換、ブレーキ液交換など)が、すべて無料となります。

これらのシステムを賢く利用すれば、国産車に近い維持費で輸入車を手に入れることも可能なのではないでしょうか。

ネットの反応

「仙台で最終型E90 320iを5年目車検に出した時は16万円くらいでしたよ。ただ「車検お願いします」だけ言うとそりゃ何から何まで交換されるので、一言「異音や警告灯がでたら修理を考えるので、怪しい箇所を見付けたらまず連絡下さい」と一言言えば30とか50なんて請求されることはまずないですよ。」

「BMW所有ですが、表面上だけなら少し高額なくらいですが、国産と比べると未だに故障頻度が高いのと修理費用はビックリするくらい違います。ディーゼルターボ車ですがオイル交換は25000円です。コンピューターでリセットが必要なのでディーラーかBM扱える車屋でやってもらう必要があります。安易に手を出すと大変ですよ。」

「外車は、オルタネーターや燃料ポンプを五万キロ走行あたりで、替えないと故障しやすいイメージがあります。そして、センサーの誤作動で走行不能になるイメージもありますし、査定がびっくりするほど低いイメージもあります。見た目は国産よりカッコいいので、素敵ですがね。」

故障すると修理代が高いというのは昔も今も変わらないようですよ。

おすすめの記事