どうしてもすぐに現金が欲しい…

八方塞がりの状態で、きっといい方法があります。

すぐにお金が必要なとき

すぐにお金が必要なときはどうしたらいいでしょうか。
まずは、友人知人を頼る人も少なくないでしょう。
友人知人ならすぐにでも、財布の中から必要なお金の3万円位を出してくれることでしょう。

3万円というのが友人からお金を借りるときのボーダーラインのようなものです。
たいていは、3万円くらいならすぐに用立てできるお金であり、なによりも財布の中にそのくらいの現金が入っていることが多いです。
ですから、友人知人からは3万円くらいまでを借りるようにしましょう。

それ以上のお金となると、身内か銀行や消費者金融会社からお金を借りたほうがいいでしょう。
お金を借りるときは、借りる側で借用書を用意しましょう。
通常でしたら、お金を貸す側が借用書を用意するものですが、友人への借用書ですから、気が引けてしまうのです。

ですから、そこは気を利かして借りる側のほうで、借用書を用意するのです。
何を水くさいと貸す側の友人に言われそうですが、何かあったときに借用書があったほうが絶対にいいです。
お金のことでこじれてしまうと、友人との関係も長年の信頼関係があっても簡単に崩壊するものです。


ですから、お金の貸し借りについては細心の注意を払うようにしましょう。
そういったことで、借用書は借りる側で用意します。
借用書には給料日の翌日には、一括で返済する旨の文言を書いておきましょう。

間違っても、分割で借りたお金を返済するといった書き方をしてはいけません。
友人も小遣いの中から、すぐにお金を用立てしてくれたのですから、返済も最優先で行うようにしましょう。
それが最低限のマナーを考えるようにしましょう。

すぐに、3万円程度のお金が必要でも、数日くらいの余裕がある場合はバイトをするのもいいでしょう。
しかし、バイト料の支給日が翌月というのでしたらまったく間に合いません。
ですから、バイトをしてお金を稼ごうと思ったら、日払いのバイトをするようにしましょう。

男性の場合、日払いのバイトをしようと思うと、それはガテン系のバイトしかありません。
日払いのバイトは少なくなりましたが、求人情報誌などに掲載されているので、確認するようにしましょう。
日払いのバイトは、ガテン系のバイトがほとんどです。

現場は、建築現場などの肉体労働が必要なところばかりです。
ですから、体力勝負になるので、体力に自信のない人でしたら、断念したほうがいいかもしれません。
それでも、1回で1万円くらいは稼げますから、3回がんばって働いたら3万円くらいは稼げるでしょう。

また、不慣れな肉体労働となるので、ケガなどには注意しなくてはいけません。
雇い主が労働者に対して、労災保険の加入をするように義務づけられているのですが、日払いのバイトでしたら、それでも労災保険にかけてない場合も考えられます。
ですので、日払いのバイトに入る前に、労災保険に加入しているのかどうかを確認するようにしましょう。

労災保険に加入してなくて、ケガをしてしまうと治療費は自腹となります。
働いてお金を稼ぎたいのに、大赤字にもなりかねません。
また、ヘルメットや安全靴、作業着、軍手などは自前で揃えたほうがいいでしょう。

貸してくれるところもありますが、自前のほうが気が楽です。
一セット揃えていたらなんにでも応用が効きます。

どこにいても、災害はつきものですし、ボランティアに参加するときでも、それを一式来て出かけることもできます。
いずれにしても、日払いのバイトも3万円程度稼ぐにはとても有効と言えるでしょう。

他に3万円程度のお金を調達しようと思ったら、家にある不要品を買い取り業者に買取りしてもらう方法があります。
不要品ですから、誰にとっても不要品です。
中には、買値がつかないものもあるでしょう。

それでも買取り業者が引き取ってくれるので、不要品の処分と考えたら一石二鳥と考えていいでしょう。
お金にもなるのですから、家にある不要品をできるだけ多く買取りに出すと1万円か2万円くらいにはなりそうです。
しかし、それでも必要金額の3万円には届きません。

そのときは、家にある書籍やコミックなどを買取りしてもらうようにしましょう。
特に、人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなりの高価買取りが期待できます。
書籍もベストセラーよりも、レア本のほうが高価買取りの対象となります。

ある程度の書籍やコミックを買取りしてもらったら、必要金額の3万円にはすぐに到達することでしょう。
書籍やコミックでしたら、通常の買取り業者よりも本の価値のわかる古本屋に買取りを依頼したほうがいいです。
また、不要品の買取りや、本の買取りをしてもらうのもある程度の数が必要です。

ですから、頻繁にこれらの方法を使うことはできません。
ある程度不要品や書籍が溜まってからの処分となるので、数年に一度くらいしか利用できないでしょう。
ですから、ここ一番というときに買取りは、とっておいたほうがいいです。

もっとも、簡単に3万円の調達をしようと思えば、クレジットカードのキャッシングが便利です。
この方法でしたら、借りた翌日から金利手数料がかかりますし、クレジットカードのキャッシングは、消費者金融会社で借りるよりも金利手数料がかかります。
そのことから、クレジットカードのキャッシングもどうしても、この方法しかないというときのためにとっておきましょう。

銀行と消費者金融会社で借りる

ある程度まとまったお金が必要でしたら、銀行か消費者金融会社からお金を借りるしかありません。
両者を比べたら、金利の低い銀行からお金を借りるほうがいいでしょう。
消費者金融会社は、いまだにサラ金のイメージを持つ人も少なくなく、消費者金融会社からお金を借りることに抵抗を感じる人も多いのです。

それは、バブル期前後にサラ金全盛期のときは、強引な取り立てが社会問題化されていたのが記憶に新しいからでしょう。
30年も前のことになりますが未だに記憶に残っているということは、それほど大きなインパクトがあったのです。
今では考えられない世界であり、映画やテレビだけの世界に見えることが、日常的に行われていたのです。

強引な取り立てから、一家離散や夜逃げ、さらには無理心中といった事件が頻発した時代だったのです。
今はそんなことはないですが、それでも借金をしすぎて、首が回らなくなったという人は少なくありません。
現在の消費者金融会社も、往時の3万社から、その数を2千社に届かないくらいまでに激減してしまいました。

それも、グレーゾーン金利の撤廃から過払い請求、さらには総量規制などが大きな効果を発揮して、消費者金融会社が淘汰されたからです。
現在の消費者金融会社は、みなまっとうな貸金業者といえるのですが、過去の負の遺産である、サラ金という言葉は払拭できていません。
というよりも、消費者金融会社を指し示す言葉として、定着しているのは間違いないでしょう。

銀行カードローンですが、これは誰でも気軽にお金を借りることができるわけではありません。
お金を借りるにも審査が必要で、銀行カードローンはこの審査基準が厳しいのです。
そのためある程度の属性の高さがないと、審査に通ることはできないでしょう。

属性は様々な項目から成り立っているのですが、中でも大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。
これは、正規雇用と非正規雇用に分かれているのですが、正規雇用はいわゆる正社員のことです。
そして非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。

こうしてみると、正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるでしょう。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金を使っているということが大きいのです。
そのため貸し倒れに遭うわけにはいかず、審査基準が厳しくなっているのです。


さらにリスク回避として銀行は、保証会社と提携しています。
保証会社はカードローン利用者が返済不能になったときに、残債務をカードローン利用者に代わって銀行に支払う役目があります。

そして、後は債権回収会社として、債務者であるカードローン利用者と任意整理の交渉に入るのです。
この点を見ると、銀行はまったくのノーリスクに見えます。
しかし、返済不能になった以降の返済利息という収益がなくなったのですから、まったくのノーリスクというわけではなく、ある程度のダメージは受けていることになるのです。

消費者金融会社で借りる

消費者金融会社でいますぐ借りるとなると、大手消費者金融会社のカードローンで全国に設置している無人契約機がいいでしょう。
24時間365日稼働している優れもので、いつでもカードローンの申し込みができます。
即日融資にももちろん対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ることができれば、すぐにローンカードが発行されるので、それを持って最寄りのコンビニATMでキャッシングできます。

昼間の平日の営業時間でしたら、店頭などでも申し込みをしたら即日融資が可能なのですが、時間外や土日になると、無人契約機しか選択肢がありません。
それでいて審査に通る通らないはありますが、即日融資できる唯一の存在なのです。

中小消費者金融会社や街金で借りる

中小消費者金融会社でも、即日融資ができるところがあります。
街金もそうなのですが、営業時間内のみの対応となることが多いので、時間内に店頭あるいはWEBなどで申し込みを行い、審査に通らなくてはいけません。
銀行振り込みの時間などもあるので、いますぐお金が欲しいというのでしたら、平日の午前中に店頭に行くしかありません。

現金渡しというのはやっていないので、銀行振り込みしかないので、その点にも注意したほうがいいでしょう。
一部の街金では元気渡しがあるようですが、それも確認が必要です。

個人間融資掲示板を利用する

すぐにお金が欲しいけど消費者金融会社では借りたくない、あるいは利用できないというときは、ネットの個人間融資掲示板が唯一の選択肢となる場合が多いです。
個人間でのお金の貸し借りになるので、審査などもなく、交渉が済めばすぐに振り込んでくれます。

しかし、これも早い時間帯にしなければ、銀行の翌営業日の受け取りとなってしまいます。
ですから、交渉もすぐにまとまるのですが、平日の14時までに交渉までもっていくようにしましょう。

ネットの声

「完済後も何かあったときのために一応プロミスと契約はしたまま残しています。カードを残して手元に置いています。プロミスはいざという時の心強い味方だと思います。」

「アコムで10万円借入しています。嫌なことがあってブランド物の服を無計画に購入してしまったのでアコムで借りたお金で支払いしました。借りたお金の使用目的を尋ねられ、ショッピングと伝えるのは恥ずかしかったし使用目的が審査に悪影響にならないか不安でいっぱいでしたが無事に借入することができました。申込前は不安でいっぱいでしたが、終わってしまえばあっという間でした。」

「審査は、あっさり通りました。学生証と健康保険証、運転免許証があれば、十分だったみたいです。審査結果を待っている間、とても緊張しました。融資枠は30万円と言われましたが、あまり借りすぎても後が怖いですし、2万円だけ借り、教材代に使いました。」

学生でも十分に借りることができるんです。返済は慎重に。

おすすめの記事